※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
  ~第二十章~


――めぐを助けたい。その想いは、今も変わらない。
これからも、変わることは無い。

けれど、蒼星石を護りたいという気持ちもまた強く、大きく……。
水銀燈は懊悩し、自縄自縛の状態に陥っていた。


片や、本当の姉妹のように付き合ってきた幼馴染み。
片や、御魂によって結び付いた、かけがえのない姉妹。
どちらが大切かなんて、比べようもない。
天涯孤独の水銀燈にとっては、二人とも、命の次に大切な姉妹だった。

今、その二人が、目の前で死闘を繰り広げている。
一人の刀匠が鍛えた、二振りの剣を手に、刃に生命を乗せて鬩ぎ合っている。
それは到底、見るに堪えない光景だった。

止めなければならない。こんな事は、やめさせなければ!
薔薇水晶を振り払おうとして、水銀燈は右肩の激痛に端整な顔を顰め、呻き声を上げた。
悔しくて噛み締めた奥歯が、ギシリ……と軋んだ。

 「放してぇっ! 私は、あの二人をっ」
 「ダメ! いま銀ちゃんが割って入れば、蒼ちゃんが負けちゃう!」
 「だ、だけど――このままじゃあ」

薔薇水晶の言うように、利き腕が使えない水銀燈が仲裁に入ったところで、
蒼星石の邪魔になるだけだ。
攻撃を躊躇った蒼星石を、めぐは微塵も罪悪感を抱かずに斬り伏せるだろう。

しかし、めぐと、蒼星石……両者の技量は伯仲している。
このまま続けさせたら、刺し違えて共倒れという、最悪の結果も考えられた。

やるせない胸の想いに哀哭する水銀燈を気にも留めず、二人は刃を交え続けた。
無視していた訳ではない。
そもそも、彼女たちの耳に、水銀燈の声は届いていなかったのだ。

 「はぁっ!」
 「消えろぉっ!」

短い気迫を吐いて、妖刀『國久』と『月華豹神』が、ぶつかり合う。
めぐは蒼星石の方に刃を押し込んで、口の端をつり上げた。

 「もう諦めたら? 苦しまずに死ねるように、頸を斬り落としてあげるわ」
 「まだ……ボクは負けないっ!」

蒼星石は剣の峰に左手を副えて、頸動脈の側まで接近していた刃を押し返した。
ここで敗れるわけには、いかない。柴崎老人と交わした約束を果たす為にも。
蒼星石の執念に眉を顰めて、めぐは一旦、飛び退いた。

 「思ったより、しぶといのね。正直、意外だったわよ」
 「相手を侮っていると、手痛いしっぺ返しを食らうってコトさ」
 「……らしいわね。ご忠告、感謝するわ」

言って、めぐは精霊を起動した。妖刀『國久』が、煉獄の炎に包まれる。
そして更に睡鳥夢も重ねて起動して、蒼星石や水銀燈たちの視界を遮り、
身動きをも妨げた。
次は、全力の一撃が来る。
睡鳥夢によって繁茂した植物を斬り払いながら、蒼星石は身構えていた。
受け止められなければ、両断され、地獄の炎に焼き尽くされるだけだ。
自分の精霊で火葬にされるなんて、洒落にならない。

夜風がざわめき、蒼星石の背後から、紅蓮の刃が迫る。
煉飛火の気配に意識を集中していた蒼星石は、全く動じることなく、
めぐの剣撃を受け止めた。

刃が噛み合った瞬間、月華豹神の刀身に文様が浮かび上がり、眩い光を放つ。
めぐは左腕を目元に翳し、夜闇を切り裂いて溢れ出した光芒を忌々しげに避けた。

 「なっ! なんなの、これはっ?!」
 「これが……お爺さんが構築した呪符の力……」

瞼を細め、茫然と呟く蒼星石の目の前で、月華豹神は煉飛火の炎を纏う。
対して、めぐは驚愕に双眸を見開いていた。

 「そんな馬鹿なっ! どうして……煉飛火が?」
 「キミは、精霊と契約した訳じゃない。
  妖刀『國久』の能力で、縛り付けていたに過ぎないんだよ」
 「くっ! まさか……こんな小癪な真似を、用意してたとはね」
 「先に小賢しい真似をしてきたのは、キミたちの方さ」

蒼星石は、燃え盛る月華豹神の切っ先を、めぐの眼前に突きつけた。
悔しそうに歯噛みするめぐの顔が、炎の揺らめきに照らし出される。

 「睡鳥夢も、返してもらうよ。そして――」

そう告げた蒼星石の声は、普段の彼女から想像が付かないほど冷淡だった。
めぐを見据える緋翠の瞳に、慈悲の心は一切ない。

 「姉さんを傷つけ、多くの人々を悲しませた罪を償ってもらおうか」

蒼星石の言葉は、水銀燈と薔薇水晶の耳にも届いていた。
水銀燈は、薔薇水晶の腕から逃れるべく必死で暴れながら、蒼星石に懇願した。

 「そんなっ! ダメよ! めぐを殺さないでぇっ!」
 「水銀燈……キミはまだ、そんなコトを言っているの?」
 「いい加減にしないと……本気で怒るよ、銀ちゃん」
 「ダメ! 絶対にダメぇっ!」

――だって、まだ全ての可能性を試した訳じゃないんだから。
激しく頭を横に振りながら、水銀燈は我が侭な子供の様に、反対し続けた。
めぐは翠星石と同様に、穢れに取り憑かれ、操られているだけかも知れない。
金糸雀だったら、めぐの病気を治せるかも知れない。
それなのに、問答無用で斬り捨てるなんて蛮行は、絶対に看過できなかった。

けれど、水銀燈の想いを踏みにじる台詞が、めぐの唇から紡ぎ出される。

 「……ふん。甘いわね、水銀燈。闘わなければ死ぬだけよ。それが世の常」
 「だ、そうだよ。水銀燈には悪いけど、この戦闘は避けられないんだ」

すげない返事を残して、闘志を滾らせた二人は、激しく衝突を繰り返す。
だが、先程と違って、精霊を擁する蒼星石の方が僅かに優勢だった。

 「ちっ! 睡鳥――」
 「させないっ!」

精霊の力で再び形勢を拮抗させようと目論むめぐに、蒼星石の一閃が襲いかかる。
めぐは両手で妖刀『國久』の柄を握って、蒼星石の薙ぎを受け止めようとした。


凄まじい衝突音と同時に、ぴぃん! と高周波の音が響き渡った。
それは、妖刀『國久』が上げた、断末魔の叫びだった。
ほぼ中央から両断された刀身から、封じ込められていた睡鳥夢が躍り出る。
睡鳥夢は少しの間、宙を彷徨い、翠星石の元へと飛び去った。

 「こ……こんな……ことが?!」

めぐは動揺しつつも飛び退き、蒼星石に向けて、召還した巨大ムカデを嗾けた。
けれど、所詮は大きいだけのムカデ。
心理的な嫌悪感を煽りはしても、然したる脅威にはならない。
大ムカデは忽ちの内に切り裂かれて、飛び散り、篝火と化した。

めぐの元に突進する蒼星石を見て、水銀燈は矢も楯もたまらず、身悶えした。

 「放しなさい、薔薇しぃ! これ以上はっ!」
 「ヤダ! 絶対に放さないっ!」
 「――っ! 放してぇっ!」

もう、右肩の痛みなど、気にもならなかった。
水銀燈は薔薇水晶の腕を振り解いて、蒼星石の側に疾駆した。

 ――やめてっ! やめてっ! やめてっ!

心の中で連呼するのは、その一言だけ。
蒼星石の月華豹神が、いま正に、めぐの身体を刺し貫こうとしている。
それだけは、させたくない!
感情に衝き動かされるままに、水銀燈は、蒼星石に体当たりした。

連なって倒れる、蒼星石と水銀燈。
めぐの心臓を貫く筈だった月華豹神の切っ先は、甲冑を僅かに焼いただけだった。

 「す、水銀燈っ!?」
 「めぐを殺さないでっ!」
 「くっ! なんて馬鹿な真似をっ」

蒼星石は慌てた。
殺意を抱いた敵を前にして、無防備な姿を晒すなんて、正気の沙汰ではない。
けれども、水銀燈は蒼星石にしがみついて、離れようとしなかった。
いま襲われたら、二人とも纏めて殺されてしまう。

だが、蒼星石の懸念に反して、めぐは攻撃を仕掛けてこなかった。
妖刀『國久』を折られていたのも、理由のひとつかも知れない。
めぐは紅い旋風を操って、姿を消そうとしていた。

 「助かったわよ、水銀燈。次に会った時は、お礼をしてあげなきゃね」
 「逃がすものか!」
 「やめてぇ! もう、やめてよぉ!」

尚も追撃を試みる蒼星石の脚に、水銀燈が縋り付く。
蒼星石が前のめりに倒れた先で、めぐは旋風と共に消え去っていた。

蒼星石は口惜しそうに歯軋りをして、縋り付いている水銀燈を引き剥がした。
そして、有無を言わせずに、彼女の頬を思いっきり引っぱたいた。
水銀燈は小さな悲鳴を上げて、地面に倒れ込んだ。

 「水銀燈っ! キミは、自分が何をしたか解ってるの?!」

撲たれた頬に手を当てながら、水銀燈は緩慢な動作で、半身を起こした。
溢れる涙を拭うこともせず、先に立ち上がった蒼星石を真っ直ぐに見上げる。
彼女の唇から、掠れた声が紡ぎ出された。

 「ごめ…………ん……なさい」
 「謝って済む問題じゃないよっ! キミのした事は、利敵行為だよ。
  ホントに解ってるの? 立派な裏切り行為なんだよ!」
 「だ、だけど……私は……」
 「キミを見損なったよ。公私の区別が出来る人だと、思っていたのに」
 「でも、私は……貴女たちの、どちらにも死んで欲しくなかったのよぉ」
 「……行こう、薔薇しぃ」

涙ながらに想いを解き放った水銀燈に、蒼星石は冷たく背を向けた。

 「姉さん達が苦戦してる。急いで助けに行かなきゃ」
 「う、うん。解った……すぐ行く」

薔薇水晶は、へたり込んだままの水銀燈に近づくと、徐に声を掛けた。

 「銀ちゃん……さっきの事だけど……」
 「……」
 「私も……蒼ちゃんと同じ考えだから」
 「っ!」

素っ気なく言って、薔薇水晶は踵を返し、蒼星石の後を追い掛けていった。
独り残された水銀燈は、両手で顔を覆って、泣き崩れた。
たった一人きりで、いつまでも嗚咽し続けていた。




敵の執拗な攻撃の前に、翠星石と金糸雀は完全に圧されていた。
矢弾も尽きかけて、今はもう物陰に身を潜め、病床の真紅を庇い続けるのみだ。

 「弾が切れたかしら! 翠ちゃんのクナイは?」
 「そんな物、とっくに使い切ったですよ。金糸雀の精霊を使うです!」
 「えっと、影は……」

足元には、うっすらとだが、月影が落ちている。
このくらいの濃さが有れば、氷鹿蹟の起動に支障は無い。
しかし、起動の寸前に真紅が苦しげな呻きを上げたので、
金糸雀の意識は、そちらに向けられてしまった。

 「だ、大丈夫、真紅!? しっかりするかしら!」
 「あぁもう! しゃ~ねえです。金糸雀は、真紅の看病に専念してやがれですっ」

こうなれば、蒼星石との約束を違えることになるが、自分が斬り込むしかない。
翠星石は短刀を握り締めて、物陰から飛び出す機会を窺っていた。

そこへ、光るモノが、ふらふらと宙を飛んで来る。
それを見た途端、翠星石の表情が、緊張から安堵に移り変わり、歓喜の笑みへと変貌した。

 「睡鳥夢! 戻ってきてくれたですかっ!」

翠星石は嬉々として、懐から玉鋼の呪符を抜き出して、精霊の前に翳した。
それまで頼りなく飛んでいた精霊は、まるで自分の住処を見つけて喜んだかのように、
勢いよく、真っ直ぐに呪符へ飛び込んだ。
やっと会えた。また、帰ってきてくれた。
懐に呪符を収めると、翠星石は身体の奥底から、力が漲ってくるのを感じた。

 「あ~っはははっ! いよいよ反撃開始ですぅ!」

やおら物陰から飛び出した翠星石を目掛けて、一斉に矢が放たれる。
しかし、当の本人は、慌てず騒がず――

 「睡鳥夢ぅっ!」

忽然と現れた植物が、無数の矢を悉く弾き返し、穢れの者どもに迫った。
枝に捕らえられた弓足軽は、締め上げられて、骨を砕かれ消滅していく。
まともな反撃を試みる間もなく、敵は四分五列となって退却した。

周囲に穢れの気配は無い。注意深く観察したが、狙撃兵も見当たらない。
翠星石は精霊を格納すると、真紅と金糸雀の元に引き返した。

そこに、蒼星石と、神剣を携えた薔薇水晶が駆け戻ってきた。

 「姉さん! 無事だったんだね。良かった……」
 「睡鳥夢が、帰ってきてくれたですよ。それで、助かったです」
 「妖刀『國久』を折ったからだよ」

その報告を受けて、翠星石は表情を綻ばせた。
柴崎老人との約束を、こんなにも早く果たせるとは、思ってもいなかったのだ。
けれど、嬉しいことばかりではない。真紅の事も、早急に手を打たなければ。
その段になって漸く、翠星石は、ひとり足りない事に気づいた。

 「あれ? そう言えば、銀ちゃんは、どこ行ったです?」

まさか、敵の手に掛かって? 
表情を曇らせた翠星石に、蒼星石は訥々と先程の一件を伝えた。

 「喧嘩?! バカですか、蒼星石はっ」
 「だけど、姉さん……」
 「どんな理由が有ったにしても、銀ちゃんは私たちの同志ですよ。
  それなのに、仲間割れなんかして、どうするつもりですかっ!
  薔薇しぃも薔薇しぃです。側に居ながら、なぜ仲裁に入らねぇです!」

翠星石に叱責されて、蒼星石と薔薇水晶は心苦しそうに俯いた。
頭に血が上っていたとは言え、確かに、少し言い過ぎたかも知れない。

 「様子を見てくるです。蒼星石たちは、真紅の世話をしてやがれです!」

言って、翠星石は燃え落ちたみっちゃんの家へと向かった。
ところが、何処を見回しても、水銀燈の姿が見当たらない。
何度か呼びかけても、返事はなかった。
一体、何処へ行ってしまったのだろう。得物も持たずに、遠くへ行く筈が無い。
なにか、痕跡は無いだろうか?
丹念に地面を調べていた翠星石は、指で地面に書き記された文字を発見した。


  もう、みんなと一緒に居られそうもありません。ごめんなさい。

  さよなら。


 「な……なんですか、これは?! どうして、こうなるですっ!」

彼女からの伝言を読んで、翠星石は泣き出しそうな声で呟いた。
真紅が大変な時に……。
これから、もっと厳しい闘いが待っていると言うのに……。
翠星石は重い溜息を吐いて、水銀燈の伝言を、爪先で乱暴に掻き消した。

 「どいつもこいつも…………ホントに、大馬鹿ヤローですぅ!」

焦げ臭い空気が漂う夜闇の中に、翠星石の絶叫が木霊していた。


  =第二十一章につづく