※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
  ~第三十一章~


一瞬。ほんの一瞬だけ、雷光が夜空と大地を照らし出す。
それを追いかけるように、轟音が空気を震わせた。
木々の枝葉に溜まっていた滴が、一斉に流れ落ちて、泥濘の上で砕け散る。
その中を、泥水を跳ね上げ、疾走する四騎の影。

もうすぐ狼漸藩との國境。この先には、兵が常駐する詰所が必ず在る。
だが、耳を澄ませ、敵の気配を探るものの、激しく笠を叩く大粒の雨に邪魔されて探知できない。
邪気を辿ろうにも、忘れた頃に轟く雷鳴に阻害され、気の集中が巧くいかなかった。
頼れるのは、自分たちの視力と、培ってきた経験のみ。

突然、目も眩むほどの稲妻が空を切って、周囲を真昼のように明るくした。
目と鼻の先に浮かび上がる、國境の高い柵。
詰所の前では、何本もの槍の穂先が、冷たい輝きを放っていた。
やはり――全員の顔に、緊張が走る。

接近する蹄の音を聞きつけた穢れの者どもが、長槍を構えて向かってくる影が見えた。
その背後では、数体の弓足軽が、弦に矢を番えようとしていた。

 「ここは、私の出番ねぇ」

水銀燈は背負った太刀の縛めを解いて、片手で軽々と構えた。
幅広で肉厚な太刀の身が、ぱちぱちと黒い火花を散らしている。

 「冥鳴っ!」

夜闇よりもなお暗い球体が、切っ先から放たれる。
冥鳴は、向かってくる長槍の足軽たちを呑み込み、全ての弓足軽を押し潰した。


ざわざわざわ――

その一撃が穢れの者どもを目覚めさせたらしく、詰所は勿論、森の中からも、
刀を手にした骸骨の足軽が沸き出してくる。

 「あ、あらぁ? まさか、余計なコトしちゃったぁ?」
 「ここは穢れの者が支配する土地よ。遅かれ早かれ、こんな状況になるのだわ」
 「そう言うこと。気にすることないよ、水銀燈」

蒼星石が愛剣『月華豹神』を引き抜き、煉飛火を起動した。
炎を纏った刀身に落ちた雨粒が、小気味良い音を立てて、一瞬で蒸発する。
真紅は馬の背から飛び降りて、神剣を構えた。
泥が跳ねて緋袴が汚れたが、瑣末なことを気にする余裕など無い。

怒濤の如く押し寄せる敵を、蹴って殴って、斬り伏せる。
真紅と翠星石は、一匹ずつ確実に。
薔薇水晶は二本の小太刀を変幻自在に操り、二匹ずつ屠っていく。
水銀燈と雪華綺晶は長い得物の一振りで、数匹を薙ぎ祓う。
蒼星石に斬られた穢れは、消滅するまで篝火と化した。
金糸雀は氷鹿蹟を起動できないものの、短筒の精密射撃で、みんなを支援する。
そして、最後の仕上げとばかりに、雛苺が縁辺流を起動した。

周囲一帯が白日の輝きに呑み込まれて、全ての穢れは討ち果たされた。
しかし、いつまた増援が来るか解ったものではない。

 「さあ、今の内に急ぎましょう。敵が防備を固める前に」

言って、真紅は蒼星石の手を借りると、馬の背に飛び乗った。




雨が止んで、風が収まった頃――
雪華綺晶に案内された一行は、鈴鹿御前の居城を望む丘に立っていた。
ここに至るまで、可能な限り戦闘を回避してきたお陰で、負傷や疲労は少ない。
水を吸って重くなった蓑と、笠を脱ぎ捨て、身軽になる。
しかし、この場の空気が足取りを重くさせた。

鈴鹿御前の居城までは、広い盆地を通過しなければならない。
けれど、その盆地には、風が止んだことで発生した霧が深く立ちこめていた。
足元も満足に見えない中で、馬を走らせる事は出来ない。
しかも、雪華綺晶によると、盆地には水田が広がっていると言う。
真紅たちは、やむなく馬を降りた。ここからは徒歩になる。

 「あの霧を抜けるのは、容易じゃないわね」

神剣の束を巫女装束の袖で拭いながら、真紅は眉を曇らせた。
その隣で望遠鏡を覗いていた金糸雀が、彼女の言葉を継ぐ。

 「敵を見つけにくいし、下手をすれば同士討ちしかねないかしら」
 「濃霧の中で、雛苺の精霊が効果を発揮できるかどうかも疑問だね」

蒼星石の危惧は、誰もが抱いているものだった。
浄化の光も、届かなければ意味がない。
細かい水の粒子の中では、清らかな光芒も忽ち、散乱してしまうだろう。
それに、下手に霧の中へ踏み込めば、道に迷って離ればなれになる危険がある。
真紅は、この土地に最も詳しい娘に、縋るような瞳を向けた。

 「雪華綺晶。どこかに、城への抜け道は無いの?」
 「あるのでしたら、最初から、そちらへ案内していますわ」
 「そうよねぇ。ホぉント、真紅ってば、おばかさぁん」
 「う、うるさいわねっ! そう言う貴女には妙案があるの、水銀燈っ?」
 「さ、さぁて……どうしたものかしらぁ」

間髪入れずに切り返されて、水銀燈は霧に煙る盆地に、眼を彷徨わせた。
この中に冥鳴を撃ち込んでも、全てを吹き飛ばすことは不可能だろう。
と言って、霧が晴れるまで待ち続ける訳にもいかない。
やはり、危険を承知で、濃霧を突っ切っていくしか――

その決断を真紅が下そうとした寸前、霧の中から無数の矢が飛んできた。

真紅と薔薇水晶が精霊を起動して、直撃軌道の矢を得物で叩き落とす。
水銀燈は禄に狙いも付けず、濃霧に向けて冥鳴を撃ち込んだ。
バキバキと骨や鎧が砕ける音が、霧の中で湧き上がる。
しかし、この一撃で弓足軽を全滅したなんて楽観はしなかった。

水銀燈が冥鳴を格納した直後、立て続けに雪華綺晶が獄狗を解き放った。
獄狗の咆哮と、骨を噛み砕く耳障りな音が響きわたる。
霧を突き抜けて、弓足軽が一匹、上空高くに放り投げられた。
金糸雀は懐から短筒を素早く抜いて、一発で頭蓋骨を撃ち砕いてみせた。

 「ちぇっ。今のは、私が仕留めようと思ってたですぅ」

クナイの切っ先を指で弄びながら、翠星石が不満を漏らす。
が、直後に鳴り響いた法螺貝の音と、地を震わす鬨の声に、やおら表情を強張らせた。
金糸雀が望遠鏡を覗き込んで、城の様子を窺う。

 「うっわぁ……これは拙いかしら」
 「なにが、です?」
 「城門が開いて、騎馬軍団が出てきたかしら」
 「騎馬ですか……そりゃ厄介ですね」

戦力差は歴然。いつまでも持久戦を続けられる筈がない。
霧の中には、無数の敵が犇めいていることだろう。

待っていては、包囲されて潰される。
濃霧の中に攻め込んでも、数で圧されてしまうだろう。
どっちにしろ、死が待っているだけだ。


――では、どうすれば良い? 何が最善?
翠星石は考えた。
おそらく、今までの人生で最も、知恵を振り絞っただろう。

ふと、閃く。これが天啓というものか。
しかし、その発想は突拍子もなく、実現できるか解らなかった。
試したことがないし、そもそも今まで、思いつきさえしなかった事だ。

 「それでも……やってみるしかねぇです」

この非常時に、ぶっつけ本番など以ての外だが、殺されては元も子もない。
だったら、ダメで元々、やってみるだけだ。
翠星石は睡鳥夢を収納した玉鋼の板を両手で握って、瞑想に入った。
穢れの者どもが発する鬨の声は、刻一刻と近づいてくるが、気にしない。
みんなが護ってくれることを信じて、ただひたすらに精神を集中していく。
流れ矢に当たったら、所詮、それまでの寿命だったと言うことだ。


頭の中に、ひとつの光景を思い浮かべる。
どこまでも、どこまでも、果てしなく伸びていく睡鳥夢の姿を。
先端が霞んで見えなくなるくらい、遙か高く……遙か遠くへ――
すこやかに……。
のびやかに……。
いつしか、睡鳥夢は天高く聳え、ありとあらゆる方角に枝を伸ばし、
世界を覆い尽くすまでに成長していた。

――世界樹。

その一言が脳裏をよぎった瞬間、翠星石は目を見開き、精霊を起動した。

 「睡鳥夢ぅっ!!」

突如、彼女たちの周囲で大地が躍動を始めた。
地中から何本もの太い樹木が飛び出し、城の方角へ、ぐんぐん伸びてゆく。
突進してきた骸骨騎馬の一団は、巻き添えを食って弾き飛ばされ、砕け散った。

 「な、なんなの、これは?!」
 「知るワケないでしょぉっ! 私に訊かないでよ、おまぬけ真紅っ!」
 「姉さんっ! 一体、何を――」

敵も味方も、訳が分からず右往左往する中、睡鳥夢は成長を続ける。
ついには城門に達して、成長の勢いそのままに、分厚い門扉をブチ破った。

 「…………巧く……いったです」
 「これは……想定外だったかしら」
 「凄ぉいっ! 翠ちゃん、凄いのっ!」
 「ま、まぁ、私にかかれば、この程度は余裕ってヤツですぅ」

余裕という割には、憔悴の色を露わにする翠星石。
しかし、彼女は気丈に笑って、他の娘たちを促した。
睡鳥夢の上を、率先して歩いていく。

 「折角、橋を架けたですから、早く渡っちまえです」
 「そうね。蒼星石と薔薇水晶が先導して、進路を切り開いてちょうだい」
 「解ってる。行くよ、薔薇しぃ」 
 「……良いよ。いつでも」

翠星石の脇を擦り抜け、蒼星石と薔薇水晶が、睡鳥夢の架け橋を渡っていく。
その後を、金糸雀と雛苺、雪華綺晶が続いた。
何本もの幹が絡み付いたものなので、足場は良くない。むしろ、悪すぎる。
悪戦苦闘しながら渡っていく二人の背中を心配そうに見送りつつ、
雪華綺晶は、翠星石に獄狗を託した。

 「翠星石さんは、獄狗と共に、ヒナさんとカナさんを守って下さい」
 「それは構わねぇですけど、きらきーは、どうするです?」
 「私は、真紅や水銀燈と、殿(しんがり)を務めますわ」

翠星石を見詰める雪華綺晶の瞳には、全てを見抜いている風な光が宿っていた。
貴女が疲労困憊していることは、お見通しですよ……と、言わんばかりに。
バレているなら、強情を張って断るのも馬鹿馬鹿しい。

 「しゃ~ねぇです。そこまで言うなら、頼まれてやってもいいです」

翠星石は獄狗の背中に飛び乗り、金糸雀と雛苺の後を追い掛けた。
こういう悪路なら、四つ足の方が走破性に優れている。
現に、翠星石を乗せた獄狗は、すぐに追い付いてしまった。

まだ幾らも進んでいないのに、二人はもう息を切らしている。
そもそも、金糸雀と雛苺は実戦向きの体躯や、筋力を持ち合わせていない。
高所と言うことで、足が竦んでいるのも理由のひとつだろう。

 「金糸雀! 雛苺! お前たちは獄狗に乗って行けです」
 「はぁはぁはぁ……で、でも……翠ちゃん、は……どうするかしら?」
 「私は忍びの修行も積んできたですよ。
  お前たちみてぇなひ弱な連中とは、根本的に違うですぅ」

台詞がいちいち癇に障るが、自分達を気遣っての事だと金糸雀は理解していた。
変に意地を張れば、余計、みんなに迷惑をかけてしまう。
金糸雀は「お言葉に甘えるかしら」と応じて、雛苺と共に獄狗の背に跨った。
後ろを振り返れば、真紅たちも、すぐそこまで辿り着いていた。

 「貴女たち、まだ、こんな所に居たの?」
 「蒼ちゃんと薔薇しぃが孤立するでしょぉ! 早く行きなさぁい」
 「殿は、私と水銀燈で何とかするから、雪華綺晶も行ってちょうだい」
 「承知しましたわ。皆さん、急ぎましょう」

雪華綺晶は獄狗に指示を出すと、翠星石と並んで走り出した。
まだ、半分も渡っていない。
後方を見遣ると、穢れの足軽どもが、睡鳥夢の根元から続々と登り始めていた。

 「もう来たのね。私たちも行くわよ、水銀燈」
 「その前に……っと」

至近まで迫っていた数匹の足軽を、水銀燈の太刀が薙ぎ祓う。
両断された残骸が、眼下に広がる濃霧の海に沈んでいった。
直後、濃霧の中から、矢と銃弾が飛んできた。
偶然を伴った一発の銃弾が頬を掠めた事に驚いて、真紅はつい後ずさり、足を滑らせてしまった。

 「あっ……」

呟いた時には、身体がふわりと浮いていた。
どれだけ高いかは分からないが、下に落ちれば、全身打撲で死ねるだろう。
仮に生きていても、穢れの者どもが嬲り殺してくれる筈だ。

 (どっちみち、ロクな死に方じゃないわね)

しかし、真紅は地面まで落下しなかった。
彼女が……水銀燈が腹這いになって、しっかりと腕を掴んでくれていたから。

 「なぁに勝手に諦めてるのよ。バっカじゃないのぉ?」
 「あ、ありが……と」
 「惚けてないで、さっさと上がって来なさい。さもないと本当に手ぇ放すわよぉ」

ごめんなさい、と謝って、真紅は睡鳥夢の上によじ登った。
際どいところだったが、まずは助かって、ホッと一息。
だが、悠長に構えてもいられない。敵は畏れを知らずに、群がってくる。

 「早く立って、真紅。腰が抜けたとか、言わないわよねぇ?」
 「バカ言わないで。これしきのこと、慣れたものよ」
 「それなら心配いらないわね。お先にぃ」

水銀燈は、ひらひらと手を振って、城に向かって走り出した。
何度も助ける気は無いらしい。
勢いよく飛び起きた真紅は、仲間たちの元へと急いだ。


時々、思い出したように振り返る。
穢れの足軽どもは、執念深く追い掛けてきた。
草臥れた陣笠や、どす黒い旗指物を背負った足軽が、遙か後方から陸続と並んでいる様子は、
真紅を質の悪い仮装行列を眺めている気分にさせた。

 「大人気じゃないの真紅ぅ。有名人は辛いわねぇ」
 「貴女も、その一人よ。他人事みたいに言わないで」

真顔で語る真紅に「まぁねぇ」と笑い掛けて、水銀燈は穢れの列に精霊を撃ち込んだ。



最前列では、蒼星石、薔薇水晶、雪華綺晶の三人が、進路を切り開いている。
対岸から上ってきた穢れの者どもを斬り伏せ、残骸は脇へと蹴り落とす。
蒼星石は破壊された城門を潜り、城内の土を踏んだ。
城の中にも、濃い霧が流れ込んでいて、とても視界が悪かった。

城内に怒号が轟き、三方向から得物を振り翳した足軽の群が、
大挙して押し寄せてくる。
櫓の上からは、弓足軽と鉄砲足軽が、得物を構えて狙いを定めていた。
金糸雀の短筒が火を噴き、櫓上の敵を撃ち落とすが、如何せん数が多すぎる。
どこかの櫓から放たれた銃弾が、雪華綺晶の兜を弾き飛ばした。

 「雪華綺晶!?」
 「だ、大丈夫ですわ、蒼星石さん……ちょっとクラクラしますけど」
 「真紅たち、まだ来ないわ。んもぅ! 何してるのかしらっ」

――このままでは、数の勢いに圧倒される。
誰もが焦燥感を覚えたその時、漆黒の固まりが夜闇を裂いて飛び越し、櫓のひとつを直撃した。
衝撃で、弓足軽や鉄砲足軽が宙に投げ出される。
櫓の上半分が傾き、押し寄せていた足軽の一団が、倒壊に巻き込まれた。

 「お待たせぇ。真紅が途中でコケたから、遅くなっちゃったわぁ」
 「遅ぇですよ! まあ、とにかく一旦、睡鳥夢を格納するです」

真紅と水銀燈が睡鳥夢から降りたのを確かめて、翠星石は精霊を格納した。
夜空に架かっていた睡鳥夢の橋が、忽ち掻き消える。
渡っている途中だった穢れの者どもは、為す術もなく濃霧の海に墜ちていった。
再度、精霊を起動した翠星石は、他の娘たちに向けて叫んだ。

 「ここは私に任せるですっ! 真紅たちは、先に行きやがれですぅっ!」


  =第三十二章につづく