※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
  ~第四十二章~


鈴鹿御前は、白皙の裸体を真紅たちに見せ付けながら、石棺の縁を跨いだ。
そして、一歩一歩……彼女たちの方へと歩み寄ってくる。
鈴鹿御前の素足が、びちゃり、びちゃりと血溜まりを踏みしだく音が、
虚ろな空間に、不気味な反響を生み出していた。

 「お前たちには、感謝せねばならぬな。めぐや巴を殺してくれたのだから」

圧倒的な威圧感に竦み上がる三人を一瞥して、鈴鹿御前は嘲笑を浴びせた。

 「お陰で、わたしの御魂は再び、ひとつに集まることが出来た。
  損壊していた肉体も――ほれ、このとおり、完全に蘇生したわ」
 「くっ! どういうつもり?! 私に姿を似せるなんて」
 「きっと、私たちの戦意喪失を狙いやがったですよ。あざとい奴ですぅ」
 「おやおや……お前は忘れてしまったの、房姫?」
 「私は、房姫じゃないわ。私の名は、真紅よ!」
 「ふん……名前など」

――どうでも良い。
鈴鹿御前の侮蔑的な表情が、途切れた言葉の続きを雄弁に語っていた。
そもそも、忘れてしまった……とは、何について言っているのか。
訳が解らず言葉を失う三人の前で、鈴鹿御前の足元に広がる血液が、
ふつふつと沸騰し始めた。
立ち上った緋色の蒸気が、鈴鹿御前の全身を包み込む。
それは極めて短い時間のことであり、真紅たちは、ただ見守ることしか出来なかった。

赤い霧が晴れたとき、鈴鹿御前は深紅の鎧を纏い、背中に降ろした金髪を
頚の後ろで束ねて、鳥烏帽子を頭に戴いていた。

 「転生したとは言え、所詮は細切れになった房姫の残滓か。哀れなものよ」
 「……試してみる? 果たして、本当に残滓かどうか」
 「落ち着いて、真紅。気安く挑発に乗るもんじゃないよ」
 「分かっているわ、蒼星石」

真紅と蒼星石、翠星石の三人が、油断なく得物を構える。
だが、当の鈴鹿御前は、一向に動じた様子を見せない。

 「ふふっ。お前たち如きに、小細工を弄する必要など無いわ」

言うや、鈴鹿御前の背中に、鮮血に染まったかの様な赤い翼が生じた。
真紅たちの目の前で、鈴鹿御前は軽く、地面を蹴る。
そして、忽ち飛翔して大奥の間の天井を突き破り、三人の頭上を飛び越した。
余りにも俊敏で、身のこなしでは八犬士中で一番の翠星石ですら、
眼で追うのがやっと、という有様だった。

驚愕する三人の様子を愉快そうに眺めながら、鈴鹿御前は何度か羽ばたき、
巴の亡骸の脇に着地した。
やや前屈みになって、巴の身体を貫いた皇剣『霊蝕』の柄を握ると、
その細腕からは想像もできない膂力で、剣ごと巴の亡骸を持ち上げた。

 「今まで、よく働いてくれたわね、巴。でも――」

軽々と腕を振り抜くと、巴の亡骸は剣から抜けて宙を舞い、玉座を飛び越え、
階段を転げ落ちていった。

 「壊れた玩具なんて、もう必要ないわ」
 「っ! 貴女はっ!」

真紅の髪が、怒りにざわめく。御魂を分けた存在に対して、余りにも無慈悲すぎる。
しかし、真紅が怒りに任せて斬り込むより先に動いたのは、蒼星石の方だった。
ジュンを想い、奪い合いもした二人だからこそ、
気づかぬ内に友情の様なものが芽生え始めていたのだろう。

 「よくもおっ!!」

蒼星石の鋭い斬撃が、鈴鹿御前の細頚を断ち切るべく襲いかかる。
空を斬る、するどい音。目にも留まらぬ速さ……とは、正に、このこと。
けれど、真に恐るべきは鈴鹿御前の反応速度だった。

 「ふ……この程度? 蟷螂の斧、という諺を知らぬとみえる」

蒼星石ですら捉えられなかった動きで、鈴鹿御前は皇剣『霊蝕』を構えて、
斬撃を受け止めていたのだ。充分に体重を乗せた一撃を、片腕だけで。
鈴鹿御前の青い瞳が、妖しい輝きを増した。

 「そんなに死にたいなら、お前から先に――」
 「させないですっ! 離れて、蒼星石っ!」
 「先走らないで、翠星石。同時に攻撃するのよ!」

翠星石が、鈴鹿御前の左真横から斬りかかる。
そして、真紅も翠星石と呼吸を合わせて、鈴鹿御前の右側面に突進した。
蒼星石の剣を受け止めている今、鈴鹿御前に避ける余裕は無い。
致命的とはいかないまでも、確実に手傷を負わせられる筈だ。
三人は、そう信じていた。

 「これはこれは……清々しいくらいの悪あがきね」

ただ一人、鈴鹿御前だけは違った。
背中に畳まれていた赤い両翼が天に伸びた直後、真紅と翠星石は、
凄まじい風圧によって吹き飛ばされていた。
押し戻される――なんて、生半可な勢いではない。
文字通り、床から足が離れ、宙に飛ばされていたのだ。

翠星石は猫の様に身を捩って、難なく着地した。が、真紅は、そうもいかない。
右肩から落着して、あわや、自らの神剣で頸動脈を斬るところだった。

 ――何やってんのよぉ! 貴女一人の身体じゃないのよ、真紅ぅ!
   ボサッとしてるんじゃないわよっ。

いきなり、真紅の頭の中に、水銀燈の罵声が響いた……気がした。
考えてみれば、その言い分は至極当然で、反論の余地がない。
今や真紅は、水銀燈と薔薇水晶、雛苺の三人に対して責任を負わねばならないのだ。
自分だけの命と驕って軽はずみな行動に出るのは、控えるべきことだった。

 「どうした? 威勢が良いのは口ばかりで、わたしに近づくことも出来ぬか」
 「くっ! ボクが、こんな奴に力負けするなんて」
 「無茶しないで、蒼星石っ! 一旦、離れなさいっ」

立ち上がった真紅が、巴との戦いで使わずにいた縁辺流を起動する。
聖なる光球が、鈴鹿御前の横っ面を直撃した。
どうせ大した損傷は与えていないだろうが、
蒼星石が離脱する為の目眩ましには成った筈だ。
少なくとも、真紅は、そう確信していた。

けれど、真正面から一部始終を見ていた蒼星石は焦り、戦慄していた。
縁辺流の直撃を受けたにも拘わらず、鈴鹿御前の顔は、全くの無傷である。
鍔迫り合いも、徒に蒼星石の腕力を消耗するだけだった。

このままでは力で押し切られて、蒼星石が殺されてしまう。
真紅は即座に、神剣を触媒として、冥鳴を起動した。
あの巴ですら受けきれなかった一撃である。
これには流石に、鈴鹿御前も回避行動を取るだろうと予測していた。

 「ほぅ……殺る気満々と言ったところか。それが可能だと信じているの?
  それとも、圧倒的な力量差を本能的に悟ってなお、
  死中に活を求めようとしているのか……。
  理由はどうあれ、暗愚であること疑いない」

喋りながらも、鈴鹿御前は赤い翼を広げて、冥鳴の射線上に掲げていた。
あんなに薄っぺらな翼を遮蔽板にしたって、受け止められはしないだろう。
それは、余りにも非現実的な行動に思えた。

巨大な黒い塊となった冥鳴が、赤い翼に食らいつく。
きっと、冥鳴は全ての羽を毟り取って、鈴鹿御前の翼をもぎ取る筈だ。
真紅、翠星石、そして蒼星石も、いつしか予想を確信に変えていた。

 「……やれやれ。この程度で、わたしを封滅しようなどとは。
  ほとほと見くびられたものよな」

三人が落胆してゆく様を愉しむかのように、鈴鹿御前は暫くの間、
翼で冥鳴を止めたままでいた。冥鳴はぐいぐいと圧しているのだが、
翼を引きちぎるどころか、赤い羽根の一枚すらも毟り取れないでいる。

 「なんて事なの?! 冥鳴の威力は強化されているのにっ!」
 「簡単な理由よ。お前が、房姫の欠片を寄せ集めた存在でしかないからだ」

嘲って、鈴鹿御前は翼を力強く羽ばたかせた。凄まじい風圧が生じる。
翼に食らいついていた冥鳴が、振り払われて、床に叩き付けられた。
生じた風圧で、真紅と翠星石は勿論のこと、鍔迫り合いを演じていた蒼星石もまた、
後方へと吹き飛ばされてしまった。
体勢を崩すことなく着地する蒼星石。
だが、踏み止まった足が血溜まりで滑り、転倒してしまった。

その隙を、鈴鹿御前が見逃してくれる筈もなく、忽ちの内に蒼星石との間合いを詰めていた。
恐ろしく速い。脚力に加えて、翼力も使っているからだろう。
蒼星石も剣を構えて応戦を試みたが、鈴鹿御前の横薙ぎで、敢えなく、剣を奪われていた。
少し離れた場所で、愛剣『月華豹神』が甲高い金属音を発した。

鈴鹿御前の左手が、蒼星石の頚を鷲掴みにして、頸動脈をじわじわと圧迫する。
鬼の力は強大。その気になれば、人間の身体など易々と引きちぎってしまう。

 「くっ……は、あ……」
 「くくくくっ。良いね、その苦悶に歪んだ表情。わたし好みよ」

苦痛に喘ぐ蒼星石を、濡れた瞳で眺めながら、鈴鹿御前は、ねっとりと唇を舐めた。

 「この後は、なにをして遊ぼうか? わたしの可愛いお人形さん」 
 「ふざけるなですっ! この外道っ! 蒼星石を放しやがれですぅっ!」

いつの間にやら弾き飛ばされた『月華豹神』を拾っていた翠星石が、
腰溜めに剣を構えて突進していく。
それを待っていたように、鈴鹿御前は蒼星石を、翠星石の方へ放り投げた。
このままでは、構えた剣で蒼星石を串刺しにしてしまう。
翠星石は「はわわわっ!」と慌てた声を上げて、咄嗟に切っ先を脇に逸らした。

投げ飛ばされた蒼星石の身体が直撃して、翠星石たちは、折り重なり、
激しく吹っ飛ばされていた。二人が、苦痛に呻く。
傷は浅いようだが、暫く動けそうになかった。

 「さぁて……邪魔者は排除したわ。最初に殺すのは、お前でなければね……真紅」
 「随分と計算高いのね」
 「鬼とは、そういう者よ。
  時には力任せに、そして、時には影から人心を惑わせ、破滅へと導く。
  全ては、糧を得るため。
  お前たちとて、生存するために動植物を家畜栽培するであろう。それと同じこと」
 「それは認めるわ。でも、貴女のしてきたことは、断じて許せない。
  人の心を散々に弄び、用済みになれば切り捨てるなんて、冷酷な所業は!」
 「人の心だと?」

やおら噴き出すと、鈴鹿御前は謁見の間の隅々に響き渡るほど哄笑した。

 「なんとまあ、愚かしい。お前は今まで、何を見てきたのだ?」
 「……なんですって?」  
 「鬼が、いつの世にも存在するのは、何故だと思う?
  虐げられ、駆逐されながらも、日陰で細々と生き延びてきたとでも?
  まったく解っていないのだな」

鈴鹿御前は不意に笑いを止めて、手にした剣を、ひた……と真紅に向けた。
その瞳には最早、憎悪の色しか浮かんでいない。

 「鬼を生むのは人の心。真に軽蔑し、敵視すべきは浅ましき人間どもではないか。
  転生して、忘れたのならば教えてやろう。
  わたしが、どうして生まれ出たのか……その理由を、な」

剣で真紅を牽制したまま、鈴鹿御前は遠い目をして、静かに語りだした。


 「かつて、わたしは熊襲や蝦夷のような、地方豪族集団を纏めていた。
  一族の繁栄を願い、わたしは日々、邁進していたのだよ。
  山を切り開き、田畑を広げ、周辺の部族との交流にも心を砕いていた。
  しかし、朝廷はそれを、反抗の兆しと見たのだろう。
  わたし達は朝廷に対して、一度として反旗を翻したことなど無かったのに、
  朝廷は軍勢を遣わして、わたし達を征伐しようとしたのだ」
 「その時の指揮官が、征夷大将軍、坂上田村麻呂なのね」
 「……少しは、憶えているようだな」
 「いいえ。他人からの受け売りよ」

件の話は、金糸雀に聞いたことである。
当の真紅は、房姫だった頃の記憶は疎か、そんな伝承すら知らなかった。
真紅の返答を適当に聞き流して、鈴鹿御前は回想を続ける。

 「朝廷軍との戦いは、地の利を得た、わたし達の大勝利だった。
  敵将、坂上田村麻呂を生け捕りにもした。
  一族の中からは処刑しろとの声も揚がっていたのだが、
  そんな事をすれば、もう全面衝突は避けられなくなる。それに――」
 「貴女は、坂上田村麻呂に恋をしてしまった……と?」

真紅が、なんとなく思い浮かんだ考えを口にすると、鈴鹿御前は自嘲した。
若気の至り、だったのだろうか。浅はかで幼稚な、甘い考えだったのだろうか。
恋は盲目と言うように、鈴鹿御前は族長の権限を以て、坂上田村麻呂の助命を決めた。
当時の鈴鹿御前はまだ、重責を担っていただけの、普通の女の子だったのだ。

しかし、夢のような甘い時間は、いつまでも続かなかった。

 「わたしは、彼を伴侶に迎えることで、朝廷への叛意が無い宣誓として、
  周辺部族と、わたしの一族の安全を図る考えだった。
  一部の反対意見はあったが、概ね、理解を示してくれたわ。
  彼自身、わたしを妻に迎えることを、快く承諾してくれた」
 「安泰じゃないの。貴女が鬼となる理由など無いのだわ」
 「その通りに、事が運べば……の話よ。実際には、そうならなかった」
 「まさか、貴女は異論を唱える一族の者の手で、亡き者にされたの?」

そういった裏切り話は、古今東西、いつの時代にもある。
意見の食い違いによる誤解。言葉の足り無さによる語弊。身勝手な思い込み。
それらが、人を容易く変える。言い知れぬ殺意へと導いてゆく。
利己主義に走る事が人の業であるなら、余りにも罪深く、悲しいことであった。

けれど、鈴鹿御前は真紅の言葉に、ぎりりっ……と歯軋りした。

 「それならば、まだ救いがある! わたしの人徳が足りなかっただけと諦められる!
  思い出せ! わたしを裏切り、殺した者は、誰だったのかを!
  他でもない、将来を誓い合った筈の男だったではないか!」
 「ま、さか……でも、そんなっ!?」   
 「嘘ではないぞ。奴は――坂上田村麻呂は結局、朝廷の命令に抗えずに、
  都まで同行したわたしを捕らえ、帝の前で斬首の刑に処したのだ。
  その後、わたしの一族郎党は皆殺しにされ、歴史から抹消されたのだよ」
 「そんな……そんな酷い事が……」
 「歴史の中では、常に行われてきた事よ。
  書物には、わたしが朝廷に帰順したと記されているがな。
  はん! そんな物は、勝者によって都合よく書き換えられたお伽話に過ぎぬわ」

鈴鹿御前の鋭い蒼眸が、驚愕に圧し固まった真紅を射抜いた。

 「お前は、まだ思い出せないのか?
  心より信じていた男に裏切られた惨めさが!
  一心を賭して護ると心に決めていた者達を、惨殺された悔しさが!
  わたし達の存在を抹殺しておきながら、
  のうのうと生き続けている厚顔無恥な連中に対する憤怒が! 憎悪が! 怨念が!」
 「そんな事、私には関係ないのだわっ!」
 「いいや、あるのだよ!
  坂上田村麻呂によって処刑された時、わたしは怨念によって鬼と化し、
  その際に、不必要な物を……ちっぽけな良心を切り捨てたのだ」
 「い……いや……」

それ以上、聞いてはいけない気がした。
けれど、鈴鹿御前の眼光に射竦められて、真紅は聞かざるを得なかった。

 「その良心こそが、房姫の正体! お前の前世なのだよ、真紅っ!」
 「イヤああぁぁぁ――――っ!!!」

真紅は神剣を取り落として、しゃがみ込むと、両手で耳を塞いだ。
なぜ、そうしたのかは真紅自身も解らない。ただ無意識の内に、そうしていた。
まるで、彼女ではない誰かが、身体を動かしたかの様に。
もしかすると、それは真紅の人格に縫い込まれた、房姫の潜在意識だったのかも知れない。
彼女の唇から、血を吐くような苦悶が溢れ出す。

 「いやよ……もう聞きたくない……もう……思い出させないでっ」
 「そうはいかない。十八年前の戦いで、わたしも悟ったのだよ。
  魂の一部が欠落したままでは、力不足だ――とな」
 「わ……私は…………私はっ」

それまでの激情とは打って変わって、鈴鹿御前は穏やかな猫撫で声で、
現実から逃避しつつある真紅に話しかけた。

 「わたしには、お前が……お前たちの力が必要なのだよ。
  再び一体とならなくとも良い。わたしの元に、帰ってきてはくれぬか?
  そうすれば、お前の仲間たちも生き返らせてあげよう」
 「…………」
 「そして、わたし達を虐げた者どもに思い知らせてやろうではないか。
  この世の隅々まで劫火で焼き尽くし、穢れ果てた世界を構築するのだ。
  そこには飢餓も貧困も無い。死という唯一無二の価値観によって、
  衆生は平等な生活を約束される。どう? 素晴らしいとは思わない?」
 「…………確かに、素晴らしいかも知れないわね」
 「ふふ。物分かりのいい娘ね。賢い賢い」

嘲りとも取れる鈴鹿御前の褒め言葉に、真紅は目の前の神剣を手にして、
彼女が向けていた皇剣『霊蝕』を薙ぎ払った。

 「だけど、私たちは絶対に、貴女には従わないっ!
  鬼畜生の心に支配され、大逆無道の振る舞いをしてきた貴女を祓い、
  救済するのが、私の役目よ。
  房姫によって悲願を託された、私にしか出来ないことなのだわ!」
 「……あくまで抗うか。だが、それでこそ、と思えるから不思議なものよ」

鈴鹿御前は、さも愉快そうに哄笑して、皇剣『霊蝕』を構え直した。
肉厚の剣身や刃が、黒々とした穢れによって包み込まれる。
それは、燃え盛る炎のように、ゆらゆらと揺らめいていた。

 「良かろう。今度こそ、お前たちを滅殺してくれるわ。
  無窮の彼方に消え去るがいい!」


  =第四十三章につづく