※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
  ~第四十四章~


私は、みんなを殺してしまった!
みんなを救うためだなんて、ただの口実。薄汚い、欺瞞に過ぎない。
本当に望んでいなかったのならば、たとえ、それが彼女たちの意志であり、
嘆願であったとしても、断固として拒絶した筈だ。


そうしなかったのは、私の中に、弱い心があったから――

現状では鈴鹿御前に叶わないと怯え、
御魂を分けた姉妹たちが惨殺される光景を直視する勇気も持たず、
自らの意思で決断する権利を放棄した結果が、これだ。


私は、自らの内に宿る鬼の声に誑かされて、姉妹たちを殺したのだ。


真紅は、自分が犯した罪の深さに恐慌状態となり、殆どの言葉を失っていた。
思考は最早、停止寸前。
もう一人の自分――鈴鹿御前の言葉を、取捨選択もせずに聞き入れていた。
それは、とても危険で、恐ろしいこと。
尊厳も、理念も、種種諸々の生きる理由すらも他人の言葉に委ねきって、
現実から逃避する……それは、誰かの操り人形に成り下がる、ということ。

 「感謝して欲しいものだな。
  人は、誰でも鬼になれる……それを教育してやったのだから。
  そして、お前は自分の意志で、鬼となったのだ。
  自ら望んで、この、わたしと同じ道を歩んだのだよ」
 「い…………いや」

震える声で、弱々しくも精一杯の拒絶を試みる真紅の心は、
しかし、鈴鹿御前の覆い被さるが如き声に、押し潰されようとしていた。

 「足掻いても無駄だ。もう、後戻りは出来ぬ。
  生ける者も! 死せる者も! 畜生も! 鬼も! 諸々の魑魅魍魎も!
  如何なる者も、時を遡って、過ちを正すことなど出来ぬのだから!」
 「わ…………私…………私は」
 「お前に残された選択肢は、二つ。
  鬼と化し、修羅の道を歩み、畜生に身を窶して、わたしと同化するか。
  それとも、今ここで、わたしに殺されて吸収されるか。
  その、どちらかしか無い! さあ、選べ!」 
 「私……は……」

その時、城全体がビリビリと震動するほどの怒号が、遠く聞こえた。
翠星石の御魂を吸収したことで、睡鳥夢の起動が解除されてしまったのだ。
それは、城門で押し止めていた穢れの軍団が、雪崩を打って突入してきた事を意味した。

 【真紅っ! このままじゃ拙いよ!】
 【蒼星石の言う通りです! 穢れの者どもが押し寄せてきたら、
  ジュンとベジータが殺されちまうです! 私たちだって、いずれ……】

いきなり、蒼星石と翠星石が、真紅の中で喚き立てて、真紅を驚かせた。
八つの御魂が揃った為に、彼女たちとの意志疎通まで、可能になったのだろう。
でも、二人が口々に叫んでいる話の内容が、真紅には良く解っていなかった。
理解しようという気力も湧かない。何が最善なのか、どうしたら良いのか。
皆目、見当が付かない。完全な痴呆状態だった。

 【いつまでも、ボケッとしてるんじゃないわよぉ! お間抜け真紅っ!
  やるべき事は、ひとつっきゃないでしょぉ!】
 【銀ちゃんの、言うとおりなのっ。
  ヒナたちの事で悲しむ前に、真紅には、やらなきゃいけない事があるのっ】
 
 (……解らないわ……なんなの?)

水銀燈と雛苺への問い掛けに、薔薇水晶と雪華綺晶の助言が添えられる。

 【真紅……私たちは、何の為に集ったの?】
 【私たちは、どうして此処まで来たのか――思い出して下さい】

 (私たちは……何の為に、此処まで……)

 【まぁだ解らないのぉっ! この、おばかさんっ!】

いきなり水銀燈に頭を叩かれた様な気がして、真紅は一瞬、目眩を覚えた。
勿論、そんな事は有り得ない。けれど、身体が憶えていたのだろう。
からかわれ、冗談まじりに引っ叩かれていた、腹立たしくも楽しい思い出を。
『おばかさん』に続く優しい暴力の記憶が、状況反射的に起こさせた目眩――
それは、今、真紅の思考をも呼び覚まそうとしていた。


そう……。そうだった。なぜ、忘れていたのだろうか。
こんなにも、簡単な答えだったのに。

 (私は――私たちは、穢れの元凶を祓うために集ったのよ。
  鈴鹿御前を斃すために、今、ここに立っているのだわ)

怒りも悲しみも、怖れも戸惑いも――
全ての雑念を力に変えて、ただ一心に、退魔の神剣を振り抜くのみ。
やるべき事は、たった、それだけの事だった。

真紅は、神剣の柄を握り直して、目と鼻の先に居る鈴鹿御前に斬りかかった。
よほど侮っていたのだろう。鈴鹿御前は、神剣の間合いに踏み込んでいた。
この距離なら、踏み込む必要は、全くない。

 「たああぁぁ――っ!!」

勇ましい雄叫びと共に振り抜かれた刃を、鈴鹿御前の皇剣『霊蝕』が受け止めた。
互いの刃が、ぎちぎちと咬み合う。
八つの御魂を、その身に結集した真紅は、今や、鈴鹿御前と対等の力を得ている。
単純に、そう思っていた。拮抗できると信じていた。

けれど…………現実は、そこまで甘くなかった。

真紅が渾身の力で押し込んでいた剣が、徐々に、押し戻されていた。
柄に左手を添えて、両腕で押したけれど、ビクともしない。
鈴鹿御前は右腕一本で、真紅の剣を押し返しているのだ。

 「ま、まさか、こんな」
 「その程度の力で、わたしを斬れると思ったか、真紅?
  所詮、お前は、わたしの欠片。従僕ごときが、主人に敵う訳があるまい。
  十八年前は、狗神の妖力を吸収して漸く、拮抗したまでのこと」

鈴鹿御前の言葉を受けて、真紅の脳裏に、房姫だった頃の記憶が少しだけ甦った。
嘗て、鈴鹿御前が鬼と化した時に不要物として切り離され、捨てられた房姫は、
殆ど退魔の能力を持たなかった事を。
それでも、たった一人の分身である鈴鹿御前を止めるべく力を蓄え、
十八年前の闘いに臨んだことも。
それらは全て、消滅を免れた良心としての役割を果たす為だった。

 「だが、今のお前は、以前の力を八等分された内の、一つでしかない。
  当時ですら、辛うじて対抗できていたと言うのに、八分の一のお前が、
  わたしに勝てると考えること自体が烏滸がましいわ」

嘲って、鈴鹿御前は真正面から、真紅の腹を蹴りつけた。
法理衣に護られていたとは言え、鳩尾のやや下に直撃を食らって、息が詰まる。
それだけに留まらず、真紅の身体は大きく飛ばされ、玉座が安置された高台から、
下の床に落ちてしまった。
その落差は約10尺、大の大人を二人、縦に並べた程もある。
背後の護りは圧鎧で対応してはいるが、この高さから叩きつけられれば、正直、
どうなるか予想も付かなかった。

一瞬の後、背中と後頭部を激しく石畳の床に打ちつけて、真紅は気を失いかけた。
だが、彼女の内に宿る七人が、眠ることを許さない。

 【目を開けるんだ、真紅! すぐに、次が来るよ!】

蒼星石の声を聞いて、ちらつく目を懸命に凝らした先には、赤い翼を広げて、
空中に待機する鈴鹿御前の姿が在った。
剣を構え、今しも急降下するところだった。

 (来たっ!)

真紅は冥鳴を起動すると、鈴鹿御前に向けて放った。
急降下の狙いを逸らし、その間に回避する策である。
だが、鈴鹿御前は真正面から冥鳴とぶつかり合い、脇に弾き飛ばして、突進してきた。
慌てて真横に転がった真紅の背後に、鈍い衝撃が伝わってきた。
何回か横転してから、体勢を立て直して見ると、さっきまで自分がいた場所に
深々と突き立つ皇剣『霊蝕』が見えた。

 「なんて貫通力なの?! 石畳を砕いて尚、あんなに深く刺し貫くなんて」

けれども、真に恐るべきは、鈴鹿御前の膂力。
床に突き刺さった皇剣を、まるで畑に植わった大根でも収穫するかの様に、
易々と引き抜いて見せた。

 「命辛々……と、言ったところか。ふふ……なかなか愉しませてくれる」

言って、鈴鹿御前は嫌らしく唇を舐めると、真紅に向けて歩を踏み出した。
真紅は舌打ちして、心の中で、金糸雀に問い掛けた。

 (どういう事なの、金糸雀! 御魂が揃ったのに、全く歯が立たないわ。
  使用可能な精霊が増えたくらいで、筋力は変わらないじゃない!)

金糸雀の御魂は、少し考え込んだ後、言い辛そうに語り始めた。
けれど、言葉を濁すような真似はしない。
一蓮托生となった身ならば、隠し事など有名無実。

 【よく聞くかしら、真紅。房姫の能力を覚醒できないのは、多分だけど……
  カナたちの意識が、まだ残っているからダメだと思われるかしら。
  今はまだ、八つに引き裂かれた欠片が、一カ所に寄せ集められただけ。
  それらを一つに繋ぎ合わせなければ、真の力は発揮されないかしら】

 (ひとつに……繋ぎ合わせる? それをしたら、どうなるの?)

 【まず間違いなく、カナたちの人格は消滅するかしら。
  もう…………今みたいには、会話できなくなるわ】

真紅は、絶句した。そして、鈴鹿御前の接近も忘れて、金糸雀の言葉を拒絶した。

 (イヤよ、私は! そんなのは、イヤ。絶対にイヤ!)

 【でも、今のままじゃあ勝てないのよ、真紅。我が侭を言わないで。
  みんなだって、とっくに覚悟は出来てるかしら】
 【そうですわ、真紅。迷わないで下さい】
 【……真紅の力に成れるなら、悔いは無いよ】
 【消えるのは、ちょっと怖いけど……みんな一緒だから、ヒナは平気なのよ】
 【私たちは、いつだって真紅の中で生きてるですぅ】
 【話が出来なくても、ボクたちは、いつだって近くに居るんだよ】
 【だから……気に病む事なんてないわよぉ、真紅ぅ。
  私たちの御魂を融合して、ちゃっちゃと鈴鹿御前を退治しちゃいなさぁい】

誰の声も、決意に満ち溢れていた。
誰一人として、声を震わせている者は居なかった。
誰もが、消える運命を受け入れ、真紅と一つになろうとしていた。

みんな、自分たちなりに考え、答えを出したのだ。
自分たちの未来を、私に託してくれたのだ。
真紅は、感激のあまり、胸が熱くなるのを感じた。

 (貴女たちの気持ちは、とても嬉しい。
  こんな、ちっぽけで弱い私に、全てを委ねてくれたんだもの。
  私は、光栄に思う。貴女たち姉妹を、心から誇りに思うわ)

 【それでは……決めたのですわね、真紅】

 (ええ、決めたわ、雪華綺晶。どうする事が最善なのか……やっと解ったから)

 【だったら、もう何も言わないわぁ。真紅の意志に任せるからぁ】

 (ありがとう、水銀燈)

ひとつ吐息して、瞼を閉じ、真紅は徐に印を結んだ。
二度、三度と深呼吸を繰り返し、気持ちを落ち着かせる。
もう逃げない。もう迷わない。もう諦めない。
最善の選択と信じて、運命のしっぽを掴んだのだから、あとは夢中で追いかけるのみ。
何処までだって、とことん追いかけて、必ずものにしてみせる。

真紅は自分の内に宿る姉妹たちに、決然と言い放った。

 (私は拒否する! 絶対に、融合なんてしないのだわ!
  たとえ、この瞬間に融合することが十八年前、既に決定されていて、
  抗えない運命だとしても……私は、最後の一瞬まで抗い続けてやるわ。
  そんな運命ならば要らない! 突き飛ばして、はね除けてやるだけ!
  他人に決められた運命なんて、歩きたくはない)

御魂の集合状態を、解除――

結んだ印を切った途端、真紅の身体から、七つの御魂が散開した。
間近まで迫っていた鈴鹿御前は、その様子を目にするや嘲笑を凍りつかせて、
信じられないと言わんばかりに双眸を見開いた。
融合することはあれど、集めた御魂を再び手放すとは思っていなかったのだ。

 「……度し難い愚か者だな、お前は。
  御魂が八つ揃っても、わたしには敵わないのに、自ら残滓に戻るとは」

自棄でも起こしたのか? そう言いかけて、鈴鹿御前は一つの可能性に気づき、
ははぁん……と、口元を醜く歪めた。

 「なるほど。つまり、アレか。
  自分が生け贄になることで、他の娘たちを助けようと言う訳だな?
  美しい自己犠牲の精神だこと。本当に…………反吐が出るくらいにね」

嘲笑う鈴鹿御前に、真紅は真っ向から反論した。

 「いいえ! 私は、漸く気付いたのだわ。本質が、何か……と言う事に。
  御魂を集めたって、結局は独り。でも、独りで出来る事には限りがあるわ。
  だから、人は気の遠くなるような昔から、集団生活を送ってきたのよ。
  一人一人の力は小さくとも、全員の力を合わせて、強大な力とする為に」
 「弱い者同士で、力を合わせるだと? 馬鹿な。虫酸が走るわ。
  群を成し、馴れ合って、だらだらと存在し続けているだけの虫けらではないか。
  否。虫けらの方が、まだマシよ。冬になれば消えるからな。
  厚顔無恥なクズどもの扱いなど、糧か、もしくは使い捨ての駒で充分よ」
 「個々の力を過小評価し過ぎる貴女の考えこそが、貴女自身を滅ぼすわ。
  裏切りに脅えるあまり、誰も信じられず……御魂を分けた巴やめぐまで、
  自分の糧として利用した貴女には、永久に解らないでしょうけどね」
 「知った風な口を――」

舌打ちして、斬りかかった鈴鹿御前の皇剣を、真紅の神剣が受け止めた。
互いの息がかかる程の距離で、二人は鋭い眼光を放ち、睨み合う。
歯を噛み鳴らし、顔を紅潮させて悔しさを露わにする、もう一人の自分が、そこに居た。
真紅が彼女に向けた表情は、侮蔑でも憐憫でもなく……。

雲一つない青空のような、清々しい微笑みだった。

 「私は、もう迷わない。私自身の信念を貫いてみせるわ。
  今こそ【義】の御魂の守護者として、私の名が冠する『真』の一文字と共に、
  礼儀、信義、忠義、仁義……全ての御魂に、義の能力を与えるのよ。
  それが、私の正義……真義なのだから」
 「はん! しゃらくさいわ! そんなもの、ただの詭弁にすぎぬ。
  児戯に等しい、言葉遊びではないか」
 「貴女はまだ、気づかないのね」

凪いだ海のように穏やかな口調で告げた真紅の身体から、突如として眩い光が迸る。
それは破邪と浄化の光だったが、明らかに縁辺流の霊光とは異なっていた。

 「な、なにっ……これは?!」

咄嗟に飛び退き、赤い翼によって光を遮断する鈴鹿御前。
だが、極めて短時間ながら直視してしまったため、一時的に視力を奪われていた。
翼の表面が、じりじりと焼けていく。
これほどまでに強力な退魔の能力を行使できるのは、最早、人に非ず。


――神魔覚醒。鈴鹿御前の背中を、嘗て無いほどの悪寒が走った。

 「欠片の分際で、神魔覚醒を?! そんな馬鹿な……信じられるものか!
  わたしは認めないっ! こんなものは、まやかしに過ぎぬ!」
 「現実から目を背けていたのは、実は貴女の方だったのよ。
  私と貴女を欺き、裏切った者達は、もう死に絶えていると言うのに……
  なおも無意味な復讐心に囚われ続けている。
  だから――私が、貴女を永劫の運命の輪から拾い上げてあげる。
  無限の苦しみから解き放って、貴女に真の自由を、今こそ――」

凛とした真紅の声が響き渡り、白い光が収まった。
どうなった? 終わったのか? 鈴鹿御前は徐に翼を除けて、霞む目を瞬かせる。
だんだんと、視界が戻るに連れて、剣を構える真紅の姿が明瞭になってきた。
巫女装束の緋袴が、やけに目に滲みる。

だが、そんな事がどうでも良くなるくらいに衝撃的な景色が、鈴鹿御前の瞳に飛び込んできた。
紺碧だった真紅の瞳は、今や、薔薇水晶や雪華綺晶の赤目と同じ輝きを宿していた。
そればかりか、金糸を思わせる髪を掻き分けて、真っ白な狗の耳が、
真っ直ぐ天に突き出している。
緋袴の後ろにも、ふさふさとした白い尻尾が、見え隠れしていた。

それは正しく、十八年前に斃した宿敵、狗神の血によって神魔覚醒した、房姫の姿。
鈴鹿御前は、嘗て見せたことが無いくらいの狼狽ぶりで、頬を引き攣らせた。

 「そんな馬鹿なっ! 馬鹿な! 馬鹿なっ!
  何故だ! 何故、お前が覚醒できるのだ!
  狗神の血を引いてもいない、ただの人間に成り下がった、お前ごときが!」
 「八つに別れていた私たちは、一つに交わり、あらゆる経験を共有したわ。
  喜怒哀楽、悲喜こもごも、全てのことをね。そして、私たちは悟った。
  いつも側で支えてくれる人さえ居れば……
  誰もが、至高の存在になれる可能性を秘めている、という事をね。
  その結果が、この姿なのだわ」

動揺を隠しきれない素振りで、鈴鹿御前は固唾を呑み込んだ。
額に、焦燥の証である脂汗が滲んでいる。
それでも、彼女は気丈に平静を装い、虚勢とも思える言葉を吐いた。

 「至高の存在? 支えてくれる人だと? ふ……馬鹿馬鹿しい。
  人は利己的な動物に過ぎぬ。損得なしに他者を支える者など、居よう筈がないわ」
 「私には、あの娘たちが居るわ。私だけじゃない。誰にだって居るのよ。
  ただ、あまりにも日常的すぎて、気がつかないだけ。
  だけど……もう、貴女には誰も居ない。
  巴も、めぐも、のりも――みんな、貴女が見殺しにしてしまったのよ。
  助けようとすれば、出来た筈なのに」
 「はん! それが、どうした。わたしに、懺悔しろと宣うか?
  わたしの生け贄となったのは、あの娘たちの運命だっただけのことよ」

悪びれるどころか、開き直って肩を竦める鈴鹿御前の態度に、真紅は髪をざわめかせた。

 「彼女たちの運命は、貴女が決める事じゃないわ!」
 「黙れっ! いい気になるなよ、小娘がっ!」

鈴鹿御前は吼えて、真紅に猛然と斬りかかった。
振り上げられた皇剣『霊蝕』が、篝火の明かりを受けて怪しく光る。
それはまるで、真紅の生き血を求めて牙をむく狂犬の様であった。


  =第四十五章につづく