※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  ~第四十七章~
 
 
真紅の繰り出した突きと、鈴鹿御前の突き出した皇剣『霊蝕』が交差して、
切っ先は互いの身体へと吸い込まれていった。
鈴鹿御前の剣は、法理衣に遮られて、真紅には届かない。
対して、鈴鹿御前には、もう身を護る障壁がなかった。

――これで終わった。

敵も味方も、誰もが、そう思っていた。
その予測が覆ることなど、有り得ないとすら考えていた。

しかし、その直後、鈴鹿御前は予想もしていなかった行為に出る。
突如として、右手の皇剣『霊蝕』を手放したのだ。
これには、真紅も意表をつかれて絶句した。

すんでの所で身を捩り、神剣を躱した鈴鹿御前は、伸びきった真紅の右腕を掴んで、
しっかりと右脇に挟み込んだ。
法理衣の防御効果で、鈴鹿御前の手や腕から、白煙が立ち上り始める。
だが、真紅の右腕を放したりはしなかった。

 「かかったな、真紅っ!」

嬉々として叫び、左手の龍剣『緋后』を逆手に握り直して、真紅に突き立てようとした。
龍剣『緋后』は、精霊の能力を無効化する、特殊な剣だ。
進化した法理衣の防御障壁でも、容易く貫通されるかも知れない。
右腕を捉えられた状態で、この至近距離とあっては、回避など不可能。

 「!? しまった! これを狙っていたのね!」

まさに、肉を斬らせて骨を絶つ覚悟。
けれども、他の娘たちは真紅の援護をせずに、息を呑んで成り行きを見詰めていた。
何故ならば、元々は一心同体だった二人の勝負に水を注すことなど、
誰にも出来なかったのだから。

 「消えろぉぉっ! 真紅ぅっ!」
 「っ! 貴女なんかに――」

鈴鹿御前の左腕が振り下ろされる直前、真紅は両脚を踏ん張って、
右肩で鈴鹿御前の身体を押した。

 「負けないのだわ! 絶対にっ!」
 「な、にぃっ」

真紅の気迫が、鈴鹿御前の体躯を押し戻した。
そのまま更に押し込むと、鈴鹿御前は脚を縺れさせて、仰向けに倒れそうになった。
ここで倒れたら、敗北は必至。
体勢を整えるべく、彼女は捉えていた真紅の右腕を放して、数歩、後ずさった。

 「はあぁぁ――っ!」
 「うおおぉぉ――っ!」

間髪入れずに、真紅は下段から斬り上げる。
殆ど同時に、鈴鹿御前が大上段から斬り下ろす。
どちらの剣撃も、ほぼ等速。
真紅の一撃が、先に鈴鹿御前の息の根を止めるか。
それとも、鈴鹿御前の斬撃が、法理衣の防護壁を裂いて、真紅の頸動脈を絶つか。

二人の攻撃に、一切の躊躇いは無かった。
最早、彼女たちの目には、大義も、理想も、世界も、仲間たちも映っていない。

――目の前に立つ、鏡写しの自分を斃す!

極論すれば、目的を果たせるなら、たとえ相討ちでも構わなかった。


ぶつかり合う、意地と意地。
相反する水の流れが渦を描くように、二人の気迫もとぐろを巻いて逆巻き、
謁見の間に居る全ての者達――生者、死者の分け隔てなく――を、威圧していた。
誰もが固唾を呑み込み、凝視する中で、空を斬り、肉を斬る音が鳴り響いた。

 「あ……っ!?」
 「ぬぅ……っ?!」

真紅の右肩がスッパリと裂けて、緋色の飛沫が舞い上がった。
そして――

 「っぐぅあぁぁぁぁぁ――――っ!!!!」

鈴鹿御前は左腕の肘から先を裁断されて、筆舌に尽くしがたい激痛に苛まれ、絶叫した。
勝敗を分けたのは、利き腕か、そうでなかったかの違いだけ。
左腕で斬りつけた分だけ、鈴鹿御前は真紅に遅れを取ったのだった。

切断面から墨汁を想像させる黒い血を迸らせながら、鈴鹿御前は歯軋りしていた。
真紅に斬り負けた屈辱からか、それとも、激痛に耐えるために、
歯を食いしばっているのだろうか?
どちらにせよ、彼女が真紅に目を向けた時にはもう、
突き出された神剣の切っ先が鈴鹿御前の鳩尾を裂き、背中へと突き抜けていた。

 「っか……っはぁ……」

だらしなく開かれた唇から漏れ出るのは、消え入りそうな吐息と、黒い血液だけ。
双眸を見開き、真紅を睨むが、鈴鹿御前の瞳は、徐々に光を失いつつあった。

 「お……のれ。真…………紅ぅ」
 「……貴女の負けよ、鈴鹿御前。鬼と言えども……その傷では、長くないわ」
 「言われずとも……そのくらい」

神器で斬られては、自力での再生が出来ない。
また長い年月、生娘の鮮血に身を浸し、眠りながら力を蓄える必要があった。

 「だが、わたしは……怨念の化身。この程度で、滅びたりなど――」
 「いいえ。貴女は、ここで滅びるのよ」

真紅は静かに、しかし、はっきりと告げると、神剣を引き抜いた。
唯一の支えを失い、鈴鹿御前は蹌踉めき、膝から崩れ落ちる。
そして、遂には仰向けとなった。

鈴鹿御前が斃されたと知るや、穢れの者たちは一体、また一体と、得物を捨てて、
その場に座り込んでいく。まるで、敗北を悟り、自害する覚悟であるかの様だ。
ほんの僅かな場所から始まった動きは、たちどころに全軍へと伝播していく。
無数に犇めいていた穢れの者どもは、全員が武器を打ち捨て、胡座をかいて項垂れていた。

 「もう、誰も貴女を助けようとはしないわね」
 「……ふふん。それが、どうした。わたしを憐れむと言うのか?
  愚かしいな。穢れの者どもなど、己の欲望にのみ忠実な亡者なのだぞ。
  奴等は盲目的に、力ある者に付き従い、忠誠を誓うに値せぬと見なせば、
  忽ち離反してゆく。大方、新たなる主君に、お前を選んだのだろうよ」

鈴鹿御前が言葉を発する度に、鳩尾から黒い血が溢れ出した。

 「貴女は何故、そんな酷い事を言うの?
  四天王も、巴や、めぐも、その他の武将たちも、一兵卒に至るまで、
  貴女の命に従い、貴女のために闘ってきたのよ。
  それなのに、貴女は忠臣たちを蔑むばかりで、一言だって労おうとしない。
  ――どうして?」
 「……言ったであろう。状況に応じて、いとも容易く主君を変える連中だ、と。
  そんな使い捨ての駒なんかを、わたしが信用すると思うか?」

言って、せせら笑う鈴鹿御前を、真紅は真っすぐに見詰めて、徐に口を開いた。

 「信じていなかったら、そもそも手駒に加えようとは、しないでしょう?
  それに、ここに居る穢れの者どもが、貴女の言うような連中だったなら、
  十八年前に離反されている筈よ。でも――」

真紅は、ぐるりと全周囲を見回した。
穢れの者たちは、真紅たち八犬士と、鈴鹿御前を中心にして車座になっている。
彼女の言うように、新たな主君に対して平伏しているのであれば、
胡座ではなく、正座して平身低頭するのが当然の礼儀である。

 「彼らは、貴女が封印されてから、今に至るまで忠誠を誓い続けてきたのよ。
  貴女だって、本当は解っているんじゃないの?」   
 「……それは、お前の憶測に過ぎん。わたしは……信じていないわ」

鈴鹿御前の言い種は、ただの強がりとして、真紅の耳に届いた。
本当は、信じたいのだろう。
けれども、裏切られる恐怖と失望を知ってしまった彼女は、我知らず心を歪ませ、
誰かを信頼する事を拒絶するようになっていた。
その歪みが、四天王や、御魂を分けた二人の娘をも生贄としか見なさない狂気となり、
結果的に自身の滅びを早めたのだ。

 「解ったわ。だったら、そう言うことにしておきましょう。
  但し、これから貴女の命が尽きるまでの間は、私を信じなさい」

突然の発言に、鈴鹿御前は唖然として、次に、嘲笑を浮かべた。

 「なかなか面白い戯言だな。何故、わたしに、お前ごときを信じろと?」
 「私と貴女は、鏡写しの存在だからよ。それは、どう抗っても逃げきれない事実。
  目を逸らしても、鏡を叩き割っても、現実は現実として進んで行くわ。
  だから、鏡に写った自分が、どんなに嫌な姿であっても……直視して、
  信じて、受け入れなければならないのよ」
 「…………なるほど。最後に、お前を信じてみるのも一興かも知れぬな」

鈴鹿御前は、少しだけ楽しげに微笑んで見せた。
真紅と瓜二つの笑顔は、とても魅力的で、何処にでも居そうな普通の娘に見えた。

 「それで……この後は、どうするつもり?」
 「鬼畜生に身を窶し、数多の穢れの元凶となった貴女を、祓うわ。
  そして、貴女を成仏させる。私の……いいえ、私たちの能力でね」
 「ほぉう? そんな事が、可能だと思うのか?
  わたしを成仏させるだなんて、質の悪い冗談にしか聞こえぬぞ」
 「言った筈よ。最後の時まで、私を信じなさい……って」

真紅が軽く睨むと、鈴鹿御前は「そうであったな」と、瞼を閉じた。

 「それじゃあ、始めるわよ! 水銀燈、金糸雀、翠星石、蒼星石、雛苺、
  薔薇水晶、雪華綺晶。私に、力を貸してちょうだい」
 「最初っから、そのつもりよぉ」
 「カナたちは一蓮托生かしら」
 「どんな事だろうと、私たちは真紅に協力するですぅ~」
 「ボクたちは、御魂の絆で結ばれた、姉妹なんだからね」
 「みんなで力を合わせれば、きっと大丈夫なのっ!」
 「……信じる力が、無限の可能性を生み出すから」
 「私たちに、出来ないことなど有りませんわ」

「ありがとう、貴女たち」と呟いて、真紅は左腕を前に突き出し、右手で印を結んだ。
他の七人も、鈴鹿御前を中心にして輪となり、真紅に倣って、左腕を伸ばす。
程なく、全員の手の甲にある真円の痣に『仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌』の文字が、
浮かび上がってきた。

しかし、それは次の瞬間『如・是・畜・生・発・菩・提・心』へと変化を遂げた。
この急変には、誰もが目を見開いた。

 「なっ?! なんなのぉ、これぇ?」
 「鬼畜生となった鈴鹿御前に、菩提心を芽生えさせる意味かしらっ!」
 「それで、穢れの元凶を静めるんだね」

真紅は頷き、聞き慣れない祝詞を唱えながら、印を切った。
八人の痣から眩い光球が飛び出し、くるくると回りながら、糸を紡ぐように纏まっていく。
そして、ひとつになった真っ白な光球は、鈴鹿御前の身体に飛び込んだ。
ビクン! と、一度だけ、鈴鹿御前は身震いした。

 「調子は、どう?」
 「…………温かいな。それに、不思議と気分が安らいでいる。
  今までは、常に心の奥底から、不安や怒りの感情が溢れだしていたのに」
 「怨嗟は思慮に、憤怒は慈愛に。貴女の魂はもう、鬼ではないわ。
  過去の束縛を絶ち、成仏しなさい」

鈴鹿御前は、真紅の諭す声を聞いて、一切の嘘偽りを含まない笑みを見せた。
過去の因縁から解放されて、漸く、手に入れた自由。
それを与えてくれた真紅に、鈴鹿御前は一言一言、噛み締めるように話しかけた。

 「わたしは今まで、鬼となる為に、お前を切り捨てたのだと思っていた。
  でも、違ったのだな。切り捨てられた病巣は、わたしの方だった。
  たった今、その事に気づいたわ」
 「別に、どっちでも良いことよ。今となっては……ね」
 「……そうね。感謝するわ、真紅。わたしを救ってくれて、ありがとう」

穏やかな、春の日射しを想わせる微笑み。
それが、彼女がこの世に遺した、今際の表情だった。
身体から抜け出した鈴鹿御前の魂は、赤い蛍となって八犬士の頭上を旋回して、
周囲を取り囲む穢れの者どもに、語って聞かせた。

 「皆の者! わたしは、今より遠い地を目指して、旅に出なくてはならぬ。
  その土地は、おそらく過酷で、苦難に満ちていよう。
  だが、わたしは行かねばならぬ。自ら撒いた種を、刈り取らねばならぬ」

謁見の間は静寂に包まれ、鈴鹿御前の澄んだ声だけが、朗々と響き渡っていた。

 「……こんな事を言えた義理ではないと、承知している。
  落ちぶれた身の上で、頼める訳がない事は、理解している。
  しかし、言わせて欲しい。そして、聞いて欲しい。
  いま一度、こんな……わたしに……付いてきては、くれないだろうか?
  わたしを、今までと変わらず、支えてくれないだろうか?」

鈴鹿御前は、それだけ言うと、口を噤んだ。
途端、周囲の穢れの者どもは一斉に立ち上がり、鬨の声と共に、拳を天に突き上げた。
謁見の間は、どよめきに支配されて、空気が震えている。
穢れの者どもは、いつの間にか骸骨ではなく、普通の人間の姿に変わっていた。
だが、その姿も直ぐに、赤い蛍へと変化してゆく。



その光景を、八人の乙女たちから少し離れた場所から見守る、二人の男が居た。
桜田ジュンと、彼に肩を貸しているベジータである。
彼らは、鈴鹿御前と真紅の一騎打ちから、一部始終を見続けていた。

 「まったく……凄ぇもんだぜ、あいつら」
 「ああ、そうだな。彼女たちは強いよ。僕たちなんかより、ずっと」
 「言えてる。俺なんか、ただの一撃で気絶させられたのに、
  あいつらは勝っちまうんだからな」

「そうだったな」と、ジュンは笑った。
翼を広げて飛び込んできた鈴鹿御前に、頬を蹴り飛ばされたベジータは、
腫れた頬を撫でながら苦笑した。

 「俺は、金糸雀を手助けに来たってのに、ざまぁねえぜ」
 「卑下するなよ。お前は立派に、彼女の支えになってたさ」
 「……だったら良いんだが」

眉を顰め、言葉尻を濁すベジータに、ジュンは陽気に話しかけた。

 「お前、彼女に扱き使われてないか? 雑用を任されたりとかさ」
 「おう。それなら、殆ど毎日……」
 「それが、頼られてる証拠さ。深く考える必要なんて無いんだ。
  彼女たちは強いけど、純粋すぎて脆いところも有る。
  僕たちは側にいて上げて、彼女たちが挫けてしまいそうな時に、
  黙って支えてあげれば良いんだ。
  その程度なんだよ、僕たちの役割なんて」

ジュンが、そんな独り言を口にした、丁度その時、穢れの者どもが変じた蛍の群が、
鈴鹿御前の蛍を先頭にして、飛び去るところだった。
その様子は、見る者に、まるで夏の夜空を飾る天の川を彷彿させた。

 「……綺麗だな」
 「ああ。これが、命の輝きってヤツなのか。
  人間ってのは、こんなにも光り輝けるものなんだな。初めて知ったぜ」
 「僕たちも、命を輝かせながら、良い人生を送るように心がけなきゃな。
  それが、生き残った者の努めだよ」

ベジータは、ジュンの言葉を聞いて、違いねえ、と頷いた。




――やっと、終わった。

鈴鹿御前と、穢れの者どもを見送った八犬士の表情にも、漸く、安堵の色が現れた。
辛いこと、悲しいこと……本当に、色々なことが有ったけれど、
八人の娘たちは互いを信じ、協力しあって艱難辛苦を乗り越えてきた。
諺に『艱難、汝を玉にす』と言うが、彼女たちも今度の一件を乗り越えて、
ひと回り大きく成長したようだ。

 「みんな……今まで、本当によく頑張ってくれたわ。
  貴女たちが居てくれなかったら、きっと私は勝てなかった。
  十八年前みたいに、引き分けることすら出来なかった筈よ。
  だから、何度でも、お礼を言わせてちょうだい」

言って、真紅は、深々と頭を下げた。
みんなは彼女の金髪を見詰めて、ふと、何か足りない事に気づいた。

 「あれ? 真紅の頭に生えてた狗耳が、無くなってるです」
 「そう言えば、尻尾も消えちゃってるのよー」
 「えっ? ウソ……」

ひょいと顔を上げて、真紅が右手を自分の頭、左手を腰に遣ったところ、
確かに、狗神の徴は消え去っていた。
更に、金糸雀が、素っ頓狂な声を上げて真紅の瞳を指差した。

 「眼の色も、元通りに戻ってるかしら!」
 「ええっ?! と、言う事は――」
 「……まさか」

薔薇水晶と、雪華綺晶が顔を見合わせて、互いの瞳を凝視する。
しかし、そこに嘗ての赤目は、存在していなかった。

 「これって……私たちが、狗神筋の人間ではなくなったという事なのでしょうか?」
 「なんか、ウソみたい。ウソじゃない……よね?」

あんなにも苦しめられてきた因縁が、こうも呆気なく消え去ってしまうなんて、
信じられないことだった。
けれど、目の前の現実は、紛れもない事実。
薔薇水晶と雪華綺晶の姉妹は、その意味をしっかりと噛み締めて、感涙に咽び泣いた。

二人に優しい眼差しを送っていた蒼星石は、零れそうになる涙を指で拭おうとして、
左手を目元に添えた。手の甲も、自然と視界に入る。
そこで、ある事に気づき、驚きの声を上げた。

 「?! みんな、見てっ! 痣が消えてるよ」
 「なに言ってるです、蒼星石。そんなコトが……って、ホントに消えてるですぅ!」
 「これも、真紅の仕業なのぉ?」
 「い、いいえ。私じゃないわよ。こんな事って――」

真紅自身、自分の左手を茫然と眺めている。彼女の意図でない事は、確かだった。
御魂と共に、八つに分かたれていた房姫の思念が、ひとつに纏まって、
鈴鹿御前を成仏させる念願を果たした。
この奇跡は、彼女から八人の娘たちへ向けた、祝福だったのかもしれない。

誰もが左手の甲を撫でたり、矯めつ眇めつしている時に、
水銀燈は、蒼星石と金糸雀の肩を優しく叩いて、声を掛けた。

 「貴女たちには、まだ為すべき事が残っているみたいねぇ」
 「え?」
 「カナたちが?」

いきなり言われて、何のことかと頚を傾げる二人に、水銀燈は「ほぉらね」と、
少し離れた場所を指し示した。
そこには、二人の青年が立っている。どちらも満身創痍だが、血色は良い。

 「ジュンっ!」
 「ベジータ! あなた、無事だったかしらっ!」

水銀燈が、二人の背中を軽く押すと、彼女たちは一斉に走り出した。

蒼星石は、ジュンの元へと全力疾走すると、殆ど体当たりの勢いで抱きついた。
ジュンも蹌踉けたものの両脚を踏ん張り、蒼星石をしっかりと抱き留め、頬を寄せた。
彼女の緋翠の瞳から、忽ち、歓喜の雫が溢れてくる。
それは尽きることなく流れ続けて、擦り寄せられた二人の頬を濡らした。

 「ジュンっ! ジュンっ! 本当に……本当に、キミなんだね」
 「ああ。僕だよ、蒼星石。ゴメンな、辛い想いばかりさせて」
 「……いいんだ。そんな事なんか、もう、どうでも良いの。
  キミが、キミで居てくれるなら、ボクはそれ以上、何も望まないよ」

嗚咽する蒼星石の背中を、ジュンは力強く抱き締め、彼女の耳元に囁いた。

 「そんなに無欲じゃあ、幸せを逃がしちゃうよ。
  せめて、ひとつくらいは、望みを持たないとね。君は、なにを願うんだい?」
 「え、と……ボクは――」
 「僕の望みはね、蒼星石。君が、いつまでも僕の側に居てくれることなんだよ。
  この想いを伝えたくて、僕は君を追い掛けてきたんだ」
 「…………」
 「やっと、蒼星石を捕まえたんだ。もう、絶対に逃がさないぞ。
  君を、どこにも行かせないからな」
 「……じゃあ、もう放さないでよ。ボクの手を、しっかりと握っていて。
  ボクを、しっかりと抱き締めていて。
  もう……離ればなれになるのは、イヤだから」

涙声で、消え入りそうに話す蒼星石の頬と耳が、熱を帯びている。
寸分の隙間無く触れ合っていたから、ジュンには、よく分かった。

 「言っただろ。絶対に、逃がさない……って」

そう囁くなり、ジュンは蒼星石の返事を待たずに、彼女の唇を奪った。



二人が熱烈な口付けを交わす隣で、金糸雀とベジータは、居心地悪そうに肩を竦めた。
しかし、折角ここまで来て、ただ向き合っている訳にもいかない。
金糸雀は、自分の頚に掛けられていた純銀の十字架を外して、ベジータの頚に掛けた。

 「ありがとう、ベジータ。約束どおり、これを返しに来たかしら」

はにかんで、金糸雀は顔を斜に向けた。

 「それと、その…………来てくれて、とっても嬉しかったかしら」
 「……それだけかよ?」
 「はい?」

予想だにしなかった返事に、金糸雀は意味が理解できず、ベジータの顔を見詰めた。
ベジータは照れ臭そうにジュンと蒼星石を横目に見ながら、自分の唇を指差して見せた。

 「その……俺たちも、どうよ?」
 「ばっ! バカぁっ!!!」

顔を真っ赤にした金糸雀は、やおら袖から拳銃を引き抜くと、銃口を彼に向けて、
躊躇なく撃鉄を落とした。
謁見の間に、カチリ……と、乾いた金属音が木霊する。

 「あ~ら、残念……弾切れだったかしら。命拾いしたわね、ベジータ」
 「勘弁してくれ。一瞬、地獄を見たぜ」

心底、肝を冷やしたらしく、額に滲み出した冷や汗を手の甲で拭うベジータ。
らしくなく青ざめた彼を見て、誰もが声をあげて笑った。
 
 
  =終章につづく