※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 『甘い恋より 苦い恋』


  あなたが好きなの。

とある水曜日。彼と彼女は二人っきりで、放課後の教室に居た。
グラウンドで行われている野球部の練習を、彼らは並んで見下ろしていた。
何も話さず、ただ……デッサン用の石膏像みたいに。


長い長い沈黙を破ったのは、彼女の、硬い声。
振り向くと、彼女の銀髪と思い詰めた表情が、黄昏色に染め上げられていた。
昼が終わる寸前。夜が始まる瞬間。
丁度、あの一瞬の美しさを、一点に凝縮したような――

キュッと引き締められていた彼女の唇が、いま一度、言葉を紡ぐ。


  私と――――付き合って下さい。

普段の猫撫で声とは打って代わって、決然とした口振り。
彼は眼鏡の奥で、意外そうに瞼を見開いてから、静かにかぶりを振った。
喉にこみ上げてくる苦い汁を、懸命に呑み込みながら。

潤んだ紅い瞳が揺らぎ、どうして……と訴えかけている。肩を戦慄かせ、当惑している。
ごめんな、とだけ告げて、彼は彼女に背を向けた。泣き顔など見たくない。
教室のドアを閉めると同時に、椅子を蹴り、机をひっくり返す音が聞こえたけれど――


彼は振り返りもせずに、教室から遠ざかった。
彼女は、恋愛の対象ではないのだから。




ある朝、彼の下駄箱の中に、手紙が入っていた。
ハート型のシールで封をされた、明らかにソレと判る代物だった。
今時、こんな古風な真似をする娘に心当たりがあった彼は、
ちょっとだけ周囲に目を配り、人気の無いのを確かめて、封を開ける。

淡いピンク色の便箋に、几帳面そうな文字が綴られていた。
文章を走り読みして、彼は……ひとつ頷く。
やはり、彼女だ。
あの、楽器の演奏が大好きな、可愛らしい女の子。


  あなたが大好きです。私の彼氏になってほしいかしら。

勝負球は、見事なまでのストレート。策士を自称する彼女にしては、珍しい。
彼は便箋を折り目正しく畳んで、封筒に入れた。
そして、差出人の下駄箱に、そっと投函する。
気持ちは嬉しい。だが、受け取れない想いもあるのが、現実。


だから――――これが、残酷な返答。拒絶の証明。
彼女もまた、彼にとって恋愛の対象にはなり得ない。




また、ある晴れた土曜の午後。
毎週の行動パターンを忠実になぞって、彼は公園のベンチに座り、
コンビニで買った菓子パンを囓っていた。
姉が部活で不在なので、土曜の昼食は専ら、外食に頼っている。

ふと、隣に人の気配。
目だけ動かして見ると、長い髪の女の子が両手を後ろに組んで、佇んでいた。
緋翠の瞳が美しい、クラスメートの彼女。今日は、双子の妹を従えていない。
そのせいか、なんだか所在なさげに、モジモジしていた。


  あああ……あの、ですね…………もし良かったら――

どもりながら、彼女が声を発したのは、それからタップリ20分は経った頃だった。
菓子パンを食べ終えた彼が、ベンチを立って去ろうとした直後のこと。
彼女はトマトみたいに赤面しながら、ナプキンで包んだ弁当箱を差し出した。
一人分にしては量が多い。一緒に食べないかというお誘いなのだろう。
菓子パン程度では腹の足しにならなかったので、彼はありがたく誘いを受けた。


  なんなら、毎週つくってやってもいいですよ?

食べ終えて、美味かったよと一応のお世辞を告げた彼に、彼女は照れながら言った。
けれど、親切の押し売りを嫌う彼は――


好きにすりゃいいさ。ぶっきらぼうに答え、彼女を置き去りにした。
背後で、悲しそうに目を伏せた娘のことなど、お構いなしに。




たまたま。
そう――彼女との遭遇は、本当の偶然だった。
放課後、空が茜色に染まる頃。誰も居ないだろうと思って、
学校の中庭を通り抜けようとしたとき、庭木の中から出てきた彼女に鉢合わせたのだ。
多分、根元の雑草を抜いていたから、草の陰に隠れて見えなかったのだろう。


  珍しいね。キミが、こんなところに来るなんて。

彼女は、双子の姉とは逆様のオッドアイに笑みを湛えながら、彼に話しかけた。
この学校で、彼女を知らぬ者は居ない。器量よしの娘だ。
彼女とクラスメートであることを羨む輩もいるが、彼には関係なかった。
だって、彼女は同級生。それ以上でも、それ以下でもない。


  あのさ……たまには、一緒に帰らない? もうすぐ終わるからさ。

土で汚れた手を背に隠し、何かを期待する眼差しで見つめてくる彼女。
何故、彼女がそんなにも熱っぽい目で自分を見るのか、彼には解らなかった。

理解不能。返答に窮して、ふと下げられた視線の先には――
ボタンひとつ分、開かれているブラウスの胸元から、ちらりと見える下着。
他の男子生徒ならば、眼の色を変えて凝視するだろう、扇情的な景色だった。
多分、彼女は気付いていないのだろう。見えていることに。


悪いな。はしたない格好の娘とは、一緒に歩きたくないんだ。
言い訳がましく悪態を吐いて、彼は彼女の脇をすり抜け、その場を去った。
呼び止めようと伸ばされた彼女の腕に、気付かないまま。




午後になって、曇天から滴が落ち始めた。天気予報は大当たり。
それにしても、雨の日はどうして、こんなに鬱陶しいのだろう。
空に立ちこめた暗雲が、呼吸と共に胸の中にまで入り込んで、蓄積していくのだろうか。
なんとも、イヤな気分だった。
もやもやした苛立ちを押し留め、彼は独り、帰途に就く。


――と、昇降口で、幼なじみの顔を見かけた。
今日は珍しく、ストレートの金髪を結っていない。
降ろした髪も似合っているが……なにか、心境の変化でもあったのだろうか。

声をかけると、恨めしげに空を睨んでいた彼女は、ちょっとだけ驚いた顔をして、
彼の姿を見るや表情を和らげた。


  傘を忘れてしまったの。ちゃんと鞄に、入れたつもりだったのだけど。

そう言えば、彼女は今朝、遅刻ギリギリに教室へ飛び込んできた。
寝坊でもして、家を飛び出してきたから、うっかり忘れたのだろう。

送ってやるから、入っていけよ。
雨の中、ひとつの傘の下で、彼と彼女は肩を寄せ合い、歩く。
子供の頃から、ずっと一緒に歩んできた彼女は、なんだか……とても小さく見えた。
実際、彼女は小柄だし、彼は成長して、身長も伸びた。だからかも知れない。


会話と呼べないくらい、素っ気ない言葉のやりとりをする間に、彼女の家に着いた。
そして、素っ気ない挨拶を交わして、別れる。
いつの頃からだろう。それが当たり前になってしまったのは。
昔はもっと、多くのことを話し合えたのに。
時を忘れて、お喋りして、笑い合えたのに。


幼なじみ。その近すぎる関係が、二人の心を隔ててしまう原因かも知れない。
曲線と、漸近線。そんな感じだろうか。
時という極限を経て、限りなく近付きつつも、決して交わらない関係。
長い歳月を費やしても、恋愛の対象になるとは限らないのが人の縁。


パタン……。

扉が閉ざされる小さな音が、彼の思考を妨げた。
胸の奥で、じわりと滲み出した苦い感情に眉を顰めて、彼は再び、歩き始める。


今日の雨は、いつになく冷たい。
だから、雨の日はイヤなんだ。
呟いた彼の吐息が、雨の中に、白く溶けていった。




穏やかな休日の午後。約束の時間までは、まだ余裕がある。
目的もなく、ぷらぷらと歩いていた彼に駆け寄る、小さな影。
少女は小さな手で、彼のジーンズを掴んだ。


  お兄ちゃんっ! こんにちわなのっ!

そばで聞いたら耳鳴りがするほど甲高く、元気のいい声。
お隣の家のおチビさんだった。まだ幼稚園児で、来年から小学校にあがる。
この無邪気なお嬢ちゃんは、不思議と、彼に懐いていた。
懐かれるような心当たりなど、彼には無かったのだけれど。

今日も元気だね。自然に零れた微笑みを向けながら、彼女の柔らかな髪を撫でる。
彼女は気持ちよさそうに目を細め、ニコニコしていた。
そんな仕種が可愛らしいと思う。でも、この娘は幼すぎて、恋愛の相手にはならない。
無垢な幼女に性欲の捌け口を求める変質者もいると聞くが、
彼には、その思考が理解できなかった。


気を付けて帰るんだぞ。そう言い聞かせ、小さな背中を軽く押す。
うん! と頷き、駆け出す彼女。短めのスカートが風に靡いて、ちらりとパンツが見えた。
不可抗力であったにせよ、どうにも気恥ずかしい。

もしかして、自分にも変質者の素地があるのだろうか?
ない――とは言い切れない。ただ、目覚めていなかっただけなのかも……。
彼は、頭をコツンと叩き、妙な想像をうち消した。




2時間後。
駅の上りホームで電車待ちをしていた時、彼は下りホームに立つ彼女を眼にした。
お嬢様学園で知られる、私立女子高の制服を着た、美貌の持ち主だった。
緩くウェーブがかった、白く長い髪が、ひときわ目を惹く。
そして、右眼を隠す白薔薇の眼帯も。
大人しそうで、綺麗なヒトだとは思う。
けれど、恋愛感情は抱かない。抱けない……と言う方が正解か。
あの眼帯に底知れない恐ろしさを感じて、気圧されてしまうから。

一体、眼帯の下は、どうなっているのだろう。
興味本位から、そんなことを考えてみた。
眼窩とは、植物の育成に最適の環境だと、どこかで見聞きした憶えがある。
37度前後に保たれた温度。湿度や養分にも、こと欠かない。

あの眼帯をむしり取り、眼窩に薔薇の種を蒔けば、さぞかし綺麗な華が咲くだろう。
それとも、予想に反して、醜くおぞましい花が咲くか?
試してみたい。嗜虐的な妄想で歪んだ口元が、自嘲へと変わる。
ああ……やっぱりか。
彼は気付く。やはり、自分は変質者だったんだ、と。
綺麗なモノを汚して喜ぶ、猟奇的な変質者。
嫉妬と暴力でしか、羨望を表現できない出来損ない。いわば、ジャンク。

やがて、電車は到着し、二人は互い違いの方角へと引き裂かれる。
この駅を利用する限り、また会うこともあるだろう。
その度に、猟奇的な自分の存在に目覚めていくのだろう。


まあ、それでもいいさ。
妄想を鼻先で笑い飛ばし、彼はこれから会う、愛しい人へと想いを馳せた。




夕暮れ時の街は、静か。どこからか美味しそうな匂いが、漂ってくるだけ。
マンションの一室のインターホンを押すと、十秒と要さずにドアが開かれた。


「いらっしゃーい。よく来てくれたわ。さあ、どうぞ。あがってあがって」

そばかすが目立つ頬を、年頃の娘みたいに朱に染める彼女は、大人の女性。
部屋の空気に含まれる、仄かな色香を嗅いで、彼の胸は高鳴った。
いつからだろうか。こんな気持ちを、彼女に対して抱きはじめたのは。

趣味の合う友人同士。
最初は、ただ単に、そんな関係だった。
それなのに、会うたびに胸の中で不思議な感情が芽生え、
会えない間に、芽生えた想いが成長していった。
この想いは、いっときの気の迷いなんかじゃない。断じて。

「夕御飯、まだでしょ? すぐに用意するから、テレビでも見て待っててよ」

そう告げて、キッチンに消えようとする彼女を追いかけて、
彼は背後から、愛しい女性を抱き締めた。
壊れ物を扱うように、穏やかに、丁寧に。

「あっ――」

不意打ちに驚く彼女。一挙手一投足に至るまで、全てが愛しい。
だから、彼は想いを言葉に変えて、彼女に伝える。いつものように――


「甘えん坊だなぁ、ジュンジュンは」

確かに、彼――桜田ジュンは、甘えん坊。
今までの人生は、姉の桜田のりに、かなりの部分で依存していた。
だからなのか、気付けば姉のような存在に憧れ、特別な感情を抱くようになっていた。
他の連中は、同い年の男女と仲良くなって、恋を育もうとするのに。

でも、それが普通なのか、おかしな事なのかなんて、どうでもいい。
この世はジャンクの溜まり場。
無数のゴミで埋め立てた、夢の島。
誰もが異常であり、それ故に正常であろうと努力する。
壊れたモノを寄せ集め、不完全を補い合いながら、完全を構築する。


それが、彼らが暮らす不安定な世界。


「僕は、シスコンなんですよ。ぶっちゃけ、壊れた子なんです」
「……そんなこと、言うもんじゃないわ」

ジュンの腕が、そっと振り解かれる。
だが、切なさを感じるより早く、彼の身体は再び包み込まれていた。


「馬鹿なこと言う悪い子には、まさちゅーせっちゅ……しちゃうぞ」
「す、すみません」

謝るジュンの頬に、優しくすり寄せられる、彼女の頬。
彼女の体温が胸の奥まで染みわたり、心が暖かいもので満たされる。
この感触。この感覚。
それこそが、彼の感情を掻き立てるカンフル剤。
もう、彼女なしでは明日への活力すら見出せないくらいに、溺れていた。


「今日は…………泊まっていく?」
「…………はい」


返事と同時に、ジュンは携帯電話を取り出し、慣れた手つきで操作する。

そして、今夜もまた――――他愛ないウソを重ねる。


  おしまい