FAQ: conspiracy

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

よくある質問とそれに対する回答:陰謀について


 9-11 Research は、攻撃がイスラム教徒過激派の細胞による仕業であるとする公式陰謀論を徹底的に批判する多角的な分析を提供する。我々は、米国政府内部の人間だけが、攻撃を実行する手段と機会を有していたことを示す。
 以下に挙げた質問は、攻撃が米国政府・軍の高官を含む内部関係者による仕業であるという考えを検討する人がよく疑問にするものである。 他の質問はFAQ集で扱われている。


  • 攻撃が政府の陰謀だという見方には、大人数の関与が必要になるのではないか?

 攻撃の実行においてはそうではない。実際のところ、公式説よりも少数の共謀者の関与で済むもっともらしい筋書きがある。
 政府の高官には、オサマ・ビンラディンが有していなかったいくつかの自由に利用できるものがあり、その中には、コンピュータ動作の先進の兵器体系、および、少人数の工作員以外からは複雑な作戦を隠しておくことを可能にする階層的かつ細分化された軍事機構が含まれる。
攻撃シナリオ404(※日本語訳)で概略が述べられた推測上のシナリオで、いかにして攻撃がわずか12人によって遂行されたかも知れないかが説明されている。


  • 少人数といえども、このような恐ろしい計画に参加することをどのように説得され得たのか?

 金銭が非常な説得材料になる。攻撃の成功にかかっている経済的利益の大きさ(何兆ドルではないにしても、何十億ドルの規模)を考えれば、莫大な金で人々の協力を買うことが可能だったろう。
 計画の範囲や残酷さについて騙されていた工作員もいたかも知れない。例えば、ペンタゴン攻撃を準備した工作員は、世界貿易センターへの攻撃計画を知らなかったかも知れず、その反対も同様である。タワーに爆薬を設置した者は、01年9月11日の攻撃とは全く異なる状況での爆破解体のための準備をしているのだと信じていたかも知れない。


  • 共謀者の誰も心変わりして名乗り出たりせず、情報が4年以上の間、マスメディアで目につかないままにとどめられているということが、どうして起こるのか?

 共謀者たちは、攻撃計画立案者と互いへの忠誠を保証するために注意深く選別されるであろう。
 犯罪の規模を考えると、ある共謀者が関与を認めれば、別の共謀者による速やかな口封じや、激昂した公衆の自警団による処罰、あるいは、裁判所の厳しい審判を受けるだろう。
 多くの工作員が攻撃の前または最中に殺害された可能性もある。


  • 関与はしていないが、たまたま証拠に接して正しい結論を出すだけの十分な近辺にいた者もまた、なぜ名乗り出たことがないのか?

 このような証言者が見かけ上いないというのは当てにならない。例えば、消防士たちがタワー内の爆発について伝えていたが、そのような言及は、彼らの発言の公式記録からはすべて除外された。多くの人々がグラウンド・ゼロの証拠隠滅に反対していたことは、広くは報道されなかった。いくつかの犠牲者遺族による訴訟に関する報道もわずかだった。


  • あまりに多くを目撃した証人によって暴露されるリスクを考えると、共謀者たちが、このような複雑な攻撃を計画するだけの十分な自信を持ち得たのはなぜなのか?

 成功への鍵は、攻撃を非常に大胆かつ衝撃的にして、(メディア、FEMA、FBI等の首脳たちのような)隠蔽に関与した人間さえも詐欺に引っ掛けることである。
 ペンタゴン周辺のビデオの押収に駆け回っていたFBI職員は、失敗した軍事演習を隠蔽しているのだと思っていたかも知れない。グラウンド・ゼロで大規模な証拠隠滅作戦にあたった建築家たちは、欠陥技術だという告発からビルの設計者を守っていると思っていたかも知れない。
 作り話の積み重ねが、詐欺を唆す人々に、実際よりも重大でない犯罪を隠蔽しているのだと思わせることを可能にする。


  • メディアは統合的に所有されてはいるが、少なくともレポーターや編集者の中に、自分が名声を得るために進んでペテンを暴こうとする者はいないのか?

 01年9月11日の攻撃を本気で調査するためには、レポーターや編集者は公式説明の基本理念を問わなければならない。このような問いは、ウェブ上では広まっているが、報道スタジオでは異端であり続けている。攻撃のより広い意味が内部犯行であることを受け入れたレポーターは、我々のリーダーたちの善良さや政府と経済システムの高潔さについて、子供のころから教わってきたことの多くも問わなければならないだろう。このような"マトリックス"的な目覚めは、苦痛を伴う相当な幻滅を伴いうる。
 メディアを所有しコントロールしている少数の富裕者たちは、OBLの神話を問い質したいとは思わない。なぜなら、OBL神話は、彼らと結びつきのある真犯人たちから責任を転嫁してくれるからである。

 このFAQ集の多くの質問が、グレッグ・ロバーツによる小論9/11の内部告発者はどこにいるのか?で、はるかに深く掘り下げて回答されている。










|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|