※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「HESについて」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

HESについて」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 :HES|目次
 #contents()
-
-
 
 
 *HESとは
 PCエンジン音源を音源エミュレータ等で聞くためのフォーマット。
 PC-Engine/TURBOGRAFX16のromファイルから音楽部分だけを抽出しヘッダを追加したもの。
 
 ヘッダもROMイメージの一部として書き込まれているため、
 -拡張子を.pceとすれば各種PC-Engineエミュレータ又は実機で再生できる。ただし・・・
---当然ですがヘッダ部分やIRQ, NMI, RSTなどのジャンプアドレス、ジャンプ先のプログラムなどを適切に配置しておくことが必要。&br()HuSICではあらかじめ組まれたプログラムを自動で配置してれます。
+--当然ですがヘッダ部分やIRQ, NMI, RSTなどのジャンプアドレス、ジャンプ先のプログラムなどを適切に配置しておくことが必要。&br()HuSICではあらかじめ組まれたプログラムを自動で配置してくれます。
 -拡張子を.hesとすれば、各種音源エミュレータで再生できる。
 
 自作するにはいろんな方法がありますが、
 PCエンジンサウンドドライバ"HuSIC"用のMMLを書く事でオリジナルのHESを手軽に作ることが出来ます。
 (HuSIC使用方法等の情報は[[HuSIC wiki>http://w.livedoor.jp/husic/]]。)
 
 -[[HESフォーマット詳細>HESフォーマット]]
 -[[HuSICシーケンス詳細>HuSICシーケンス]]