雨上がりの午後 紅き夜の向こうへ



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

紅き夜の向こうへ


 ――ハーヴェイは佇んでいた。
 暗い、暗い、海の方に目をやりながら。

「ハーヴェイ、貴方は救われた……?」

 メイの言葉が思い出される。
 ……答える事の出来なかったその言葉が。

 メイの手の温もりを感じながら、死を迎えようとしていたその時。
 ハーヴェイは、己が人狼であったのだとようやく理解した。死の際に抜け落ちて行った何か。「それ」が抜け落ちた時、彼の脳裏に記憶が浮かび上がった。それまで認識する事の出来なかった「それ」の見た記憶が。
 そう。「それ」が目覚めた時には、ハーヴェイの意識は眠り、暗く翳っていた筈の視界は鮮やかな色彩を取り戻し……「それ」の思うままに、アーヴァインを、そしてヘンリエッタをその手に掛けていたのだった。
 二人の無残な姿が、叫びが、脳裏に浮かび上がる。

 生きていれば、償う事も出来たのかも知れない。
 生きていれば、逃げるために死を選ぶ事も出来たのかも知れない。
 けれど。
 もう、償う事も出来なくて。
 もう、逃げる事も出来なくて。

「ネリーの傍に…居てあげてね。
ネリーは本当に…貴方を愛してるから……。
ネリーから愛とは何か、教えて貰えるといいね。」

 その言葉を思い出す。
 しかし……
 もう、誰かの傍にいる事は出来ないだろう。
 愛する事も、愛される事も、許す事は出来ないだろう。
 そう。
 自分自身を許す事は決して出来ないだろう。
 人を殺めてしまったから。
 ……否。
 その行為への愉悦を。
 その手が、その心が覚えてしまっていたから。
 そんな己を許す事が出来ないから。
 もう、大切だと思う人の許にいる事は出来なかった。
 もう、己を責める事しか出来なかった。
 ……それでも。
 その胸にある想いを消し去る事は出来なかった。
 だから。
 ずっと、一人で海を眺めていた。
 ――その時。



 ――視界が暗く翳り、歪む。
 くっくっく、と。
 上品で、けれど厭らしい……そして何より楽しげな笑い声。
 身の内に込み上げる言い知れぬ感触――ざらついた、寒気を伴う怖気のようなそれに、ハーヴェイはおこりにかかったようにその身を曲げ、振るわせた。

【――良いのだよ? 思い悩まずとも。】

 優しげな、声。
 あの時……メイの手で命を終えた時……体から抜け落ちた筈の「それ」が、再びハーヴェイの内に巣食っていた。

【君が、本当は何をしたいのか。私が教えてあげよう。】

 優しさと厭らしさを兼ね備えたその声が。

【君は……欲しいのだよ。あの娘を。そう、あのメイという娘を。あの髪も、あの柔らかな肌も。あの温もりも、瞳の輝きも。あの真っ直ぐな心も。その全て手に入れたいのだよ。己だけのものにしたいのだよ。】

 ――声が。
 ハーヴェイの心に染み……蝕んで行く。
 否定しようとする――しかし、声にはならない。

【良いのだよ? その思いのままで。】

 笑い声。
 くっくっく、と軽やかに、しかし纏わりつくような笑い声。
 ――視界は色を失い黒ずんで行く。

【君は今まで……ずっと自分を抑えて生きてきたのだろう? でも……もう、良いんだよ。】

 ハーヴェイの心の襞をねっとりと撫で上げるように、言葉は続く。
 そして、ゆっくりと。
 ……そう、ゆっくりと。
 意識は闇に飲まれてゆく。

【――さあ、行こうか。】

 その言葉に――その誘惑にハーヴェイは頷き……彼の意識は闇に堕ちて行った……。



 ――暗い夜に潮騒だけが響く。

「明日も逢えるよね。」
 そう、ナサニエルに言って、意識を失った筈のメイが目を覚ましたのは海の見える砂浜だった。
 そう、そこはギルバートの眠る所であった。
 ――何時の間に此処に来ていたのだろうか。
 メイは、そんな事をぼんやりと思いながら身を起こした。
 目を瞑り、静かな潮騒に暫し耳を傾けた。
 ……何故だろう。先程まであんなにも昂ぶっていたというのに、今、メイの心は静かに、そして澄んでいた。

 ――ふと、振り向く。
 そこには。
 茶色の髪をした青年が立っていた。
 そう。
 この砂浜で永久の眠りに就いている筈のハーヴェイが。

 少し不思議そうな顔をして……メイは、ふと微笑んだ。
「――メイ。迎えに来たよ。」
 微笑みを返しながら、ハーヴェイは口を開いた。にっこりと、優しげな微笑みを浮かべながら。
 メイの顔に、驚きと……期待が浮かぶ。
「ギルの所へ……行けるの? ギルに会えるの?」
 幾分、声を震わせながらそう言ったメイの言葉にハーヴェイは頷いた。その顔に、優しげな笑みを浮かべたままで。そして、ハーヴェイはメイに歩み寄り……メイの頬にそっと手を触れた。
「会えるよ。君がギルバートさんと同じ所に行けるのなら、ね。」
「え?」
 ハーヴェイの言葉と、そこに混じった僅かなからかうような調子にメイは眉をひそめた。

 ――その刹那。

 痛烈な痛みに、メイは思わず声にならぬ叫びを上げ、身をくの字に折り膝をつく。
 痛みを訴えたそこは右目だった。反射的に右目を庇おうと上げた両の手は何かを掴んでいた。
 それは、腕であった。
 そう、それはハーヴェイの左腕であった。
 頬に触れていたハーヴェイの左手の人差し指が……メイの右目に差し入れられていた。

 ――笑い声が。
 くっくっく、という、上品で、けれど厭らしい、愉悦を帯びた笑い声が。
 ハーヴェイの喉から漏れていた。
「人を殺めた君が……真実を語り、勇気を持ち私を人狼だと言い放った彼と同じ所へ行けるならね。」
 くっくっく、という、抑えたような、だが抑え切れぬような笑い声が。
「行けると思うのかい? 君が。主の御許へ行けるなどと思うのかい? その血塗られた手で。……君には……狭き門を潜る資格は残ってはいないさ。」
 ――笑い声が。
 抑えなければ、呵々とした大笑になっているであろう、笑い声が。
 右目に走る激痛……しかし、その痛みよりもメイの心を打ちのめしたのはハーヴェイの言葉であった。会いたいと焦がれたギルバートに再び会う事が出来ない、痛みよりもその事がメイを打ちのめした。



 ……ああ。
 私は悦びを禁じ得なかった。
 苦痛に歪み。
 打ちひしがれた。
 その娘の表情に。

 行かせはしないよ。
 そう。
 行かせはしないよ。
 君を。
 あの男の許に。
 ――否。
 誰の許へも。
 そう、君は。
 私だけのものだから。

 片方だけ開けられた。
 苛む苦痛に耐えながら私を見ている、その君の瞳を。
 そこに混じった絶望を。
 愛しく、愛しく思いながら。
 私は、そう呟いた。

 その愛おしさを限りに込めて。
 赤い、赤い血を流すその右の目に口付ける。
 ああ。
 その、血の甘さ。
 涙の零れるような程の愛おしさが、身の内を巡る。
 その、愛しい者の。
 狂おしい程の。
 血の甘さに。

 その目に口付けたままに。
 そっと、指を動かし。
 そっと、舌を動かす。
 その動きに合わせ君の上げる叫びが。
 私の胸元に叩きつけるように響いて。
 その声に、私は恍惚をすら覚える。
 ああ、君は。
 メイ、君は。
 求めているんだね。
 だから、私を喜ばせようと。
 そんなにも素敵な声を、私の胸に響かせてくれるんだね。
 ゆっくりと。ゆっくりと。
 君の眼窩を、指で、舌で探って行く。

 ――やがて。
 血の甘さを。暖かさを。
 胸に響くその声を。
 存分に味わって、私は唇を離す。

 崩れ落ちそうになる君の身を、右の腕できつく抱き寄せ。
 私は口を開けた。
 舌に転がしたそれを、左の指で抓み。
 静かな夜の帳の下へと掲げる。
 ああ。
 月の光を受け輝く様の何と美しい事か。
 私は、うっとりと。
 静寂の中、夜の闇の中、美しく月の光を返すそれを見上げていた。
 そう。
 君の右の瞳を。
 その美しさを目に焼き付けると、私は再び、君の瞳を口に含む。
 胸に抱いた君が荒い息をつく事を感じながら。
 私は、それを飲み込んだ。
 喉を通るその感触に、我知らず、悦びに身を振るわせていた。

 ああ。

 ああ、これで。
 私だけのものだよ。

 身を震わせ、荒い息を吐く君をきつく抱き締め。
 私はまた、君の右目に口付けた。
 ぽっかりと空洞となったその瞼の奥に舌を差し入れた。
 私の舌が撫で上げる度に、君はその身を小さく振るわせる。
 まるで。
 そう、まるでこの行為への悦びを示すかのように。
 その様子に、私は昂ぶりを覚える。
 歓喜が込み上げる。
 ――唇を離す。
 左手を頬に添え、君の顔を私に向けさせる。
 眉根を僅かに寄せて、目を細めて、唇を少し開いて。
 その顔は、更なる悦びを求めるかのようで。
 私は、胸を突く愛おしさに。
 はやる想いを押え付けながら。
 ゆっくりと唇を重ねた。
 貪るようにその柔らかさを味わうと。
 私はその唇に、つぷり、と牙を立てていた。
 君の血の甘さも味わえるように。
 けれど、喰い破ってしまわぬように、そっと。
 牙を突き立てた。
 そして私は己の唇を噛み裂いて。
 私は自らの血を君の口へと流し込む。
 血は、舌と共に絡み。
 いつしか、抗う事を諦めて。
 君は交じり合ったその血を飲み込み……己の中へと受け入れた。

 ――唇を離す。
 赤い糸が、私たちの唇を繋いでいた。
 君の口の端には、赤く血の筋が流れていて。
 その姿は、一層に美しさを増したようで。
 私の胸は震えた。

 首筋に。
 そして、服を裂き、胸元に。
 私は口付け、牙を突き立てる。
 その白い肌を穿ち、赤く染めて行く。
 傷を穿つ度に上がる君の声が。
 私の情念に火を灯して行くようで。
 昏い歓喜を呼び覚ますかのようで。

 君の身を。
 小さく振るえる君のその体を。
 そっと砂浜に横たえた。
 はだけられたその肌に。
 口の端から。
 首筋から。
 胸元から。
 乳房から。
 流れ、筋を引いた、鮮やかなその血の赤さは。
 白い肌に咲かせた薔薇のようで。

 ――荒い呼吸の音が静寂の夜に響いている。
 それは、私の音であったのか。
 それとも、君の音であったのか。
 荒い呼吸は、何時しか重なって。

 君の瞳が――片方だけになった君の瞳が、私の瞳を見詰めて。
 薄く開けられた瞼の奥から。
 そう。
 何かを訴えかけるかのように。
 君の瞳は私の瞳を見詰めていた。

 ……むのなら……してくれていい。
 貴方が本当にそれを望むのなら……そうしてくれて良い。

 ……ああ。
 言葉にはならずとも。
 君の瞳はその想いを私に伝えてくれる。
 君は、望んでくれるのかい?
 本当に、君は望んでくれるのかい?

 君のその願いに。
 私は、心の内に厳かなるものさえも覚え。
 君の身を跨ぎ。
 跪いた。
 視線を絡めたままに。
 君が小さく頷いたから。
 私はそっと、君の胸に両の手を置いた。
 しっとりと血に濡れたその温かな肌に。
 とくん、とくん、と。
 君の鼓動が響いて来て。
 私の鼓動と重なった。
 ――私は。
 私は、その鼓動を確かめようと。
 君の胸を裂き。
 ぱきりぱきりと音を立てて。
 君の胸を開いて行った。
 音の度、君は声にもならぬ声を上げ、弾けるように身悶えて。
 やがて、その胸から、赤く脈打つ君の命が顔を見せた時。
 君は目を開け、私を見詰め。
 その身を震わせ。
 ――その頬を涙の雫で濡らしていた。

 その涙の美しさに。思わず心を奪われながら。
 私は、脈打つ君の命に口付けた。
 私の鼓動と重なっていた君の胸の音は。
 やがて少しずつ、その動きをゆっくりと。
 少しずつ、力を失って。
 私は君の心臓に口付けながら。
 やがて来る、その時を待った。

 ――ふと。
 私の頭に何かが触れる。
 優しく私の髪を撫でるそれは。
 君の温かな手の感触。
 君の手は、もう一度、君の思いを私に伝える。

 貴方が本当にそれを望むのなら……そうしてくれて良い。

 君の手が、私にそう伝える。
 ……月明かりだけが照らす夜。
 いつしか、君の手はその動きを止め。
 君の命がその脈動を終えようとしたその時。

 私は。
 君の命を喰い破り。
 溢れる温かな血と共に。
 ゆっくりと飲み込んだ。

 ……涙が流れた。
 涙は止め処なく私の頬を流れ……君の顔を濡らして行く。
 ……ああ。
 俺は……君を手に入れたのだろうか。
 君を……失ったのだろうか。
 ――気が付けば。
 俺は我知らず、嗚咽を漏らしていた。
 これは……喜び故であろうか。
 それとも……悲しみなのであろうか。

 ……メイ。君は……

 君の身を抱き起こし、きつく抱き締めた。
 まだ残っている、君の温かさを感じながら。
 力を無くした……命を無くした……俺が殺した……君の温かさを感じながら。

 俺は……。
 君の体を抱き締めたまま。
 ばきりばきりと音を立て。
 己の左の胸を開く。
 確かな脈動を伝えるそれを。
 掴み、引き千切り。
 君の頭上へと掲げ。
 握り潰した。
 鮮血が、君を染める。
 そして、俺は両腕で君を包み。
 強く、強く、抱き締める。
 脈打つ命を失った体は、急速に命を失い。
 視界は黒く黒く染まって行く。

 ――行こう。
 行こう、メイ。
 俺たちが行くべき場所へ。
 俺がお前を連れて行こう。

 ……月明かりだけが照らす夜の帳の下。
 潮騒だけが響く静かな夜。
 赤く染まった二つの影を。 

 ただ。

 ……月だけが照らしていた。