自警団『砂嵐(ハムシーン)

グレイ

リーダー。
詳細は影の二十二神将参照。

リーゼロッテ

種族:ヒューリン 性別:女性 年齢:15歳
髪の色:暗い茶 瞳の色:緑 肌の色:黄
「お姉ちゃんなら、トラップ解除は余裕だよね♪」
 元々は隊商の一族の娘だったが、隊商がサンドワームの襲撃に遭い壊滅、一人だけ生き残ったところをグレイによって保護される。それ以来、彼を兄として慕っている。自分を救ってくれたグレイに憧れており、砂嵐の一員として彼のために奔走する姿が窺える。ただ、彼女もグレイが何を求めているのかは知らないようだ。
 天真爛漫、頑張り屋を絵に描いたような少女。トラップ解除が得意。戦闘よりも探索や情報収集・提供に長けている。本来なら誰もが気にしないようなところをフォローしてくれる、気の効く妹である。
 第9話ではミラ達に同行。ドロップ品や罠の解除などで一行をサポートした。戦闘よりもマネージャーとしての手腕に長けている。

カルロス

種族:ドゥアン(牙爪族) 性別:男性 年齢:23歳
髪の色:黒 瞳の色:茶 肌の色:褐色
「やっべ、リストをなくしちまった!」
 グレイから特に信頼されている者の一人。だが、リーゼと同じく、彼の目的は知らないようだ。サブリーダーポジションで、グレイがいない間に率先して街の治安維持にあたっている。戦闘力は高いものの頭が悪く、よく物をなくしてしまう。
 ワイルドな雰囲気のイケメン。砂嵐内のカップリング妄想の被害者で、ヘタレ責めの事が多い。本人にその気はないのだが、周囲の影響で傍から見たら残念なイケメンとなっている。妻子持ち。

シェラザード

種族:ヒューリン 性別:女性 年齢:16歳
髪の色:明るい茶 瞳の色:黒 肌の色:黄
「ねえねえ、絶対カルロス君って受けだよね!」
 風の魔術に長けたメイジ。スフィとコンビを組むことが多い。
 砂嵐のカップリング妄想がメアンダール中の腐女子に広まったのは、だいたいこの人のせい。砂嵐に入ったのは、カッコイイ男の子が多いからという邪な理由。ただ、実力はあるようだ。第6話では、カルカンドまで薄い本を売りに来ていた。最近新しく入ったダイチのことが気になる様子。勿論、異性としてではなく薄い本のネタとしてである。
 イケメンが喘いでいる様子が好きらしい。末期である。第9話ではアレックスの妹エメラルを汚染しようとしていたことが発覚。アレックスの怒りを買う。なお、休暇を取ってヴァンスターのイベントに向かっていた模様。

スフィ

種族:ネヴァーフ 性別:女性 年齢:17歳
髪の色:黒 瞳の色:緑 肌の色:褐色
「カレもグレイ様みたいにかっこよければいいのに……」
 斧の扱いに長けたウォーリア。シェラザードとコンビを組むことが多い。
 彼氏持ちにも関わらず、グレイに鼻の下を伸ばしている。もっとも、彼のことは好いており、ここぞというところでヘタレてしまうのがどうも許せないのだとか。グレイに目をかけられているミラに、ちょっぴり嫉妬中。彼氏の特徴は決めていない。誰か決めてもいいよ。

ダイチ・ケルヴィン

種族:ヒューリン 性別:男性 年齢:22歳
髪の色:水色 瞳の色:青 肌の色:褐色
「ハハハ、まさか私の名を忘れたわけではあるまい」
 アレックスがかつて暗殺組織に所属していた時の同僚。組織が崩壊した後は各地を転々としていたが、砂嵐に就職が決まり、此処に身を置くことを決めたようだ。
 非常に影が薄く、その場にいても多くの人は気付かない。周りの風景に溶け込んでしまうほどの存在感である。ただ、砂嵐に身を置いてからはある程度の存在感は出てきたようで、女性メンバーからはギラついた視線を向けられているらしい。
 第9話ではミラ達に同行した。同行した……? 何処までも空気のような男であるが、何、気にすることは無い。
 メイジ/レンジャー。