メアンダールの人々

セルド・ベラーノ

種族:ヒューリン 性別:男性 年齢:61歳
髪の色:白 瞳の色:茶 肌の色:白
「私のポメロちゃんは、ツヤが違うのだ!」
 骨董品などを取り扱う『ディアマンテ商会』メアンダール支店の支店長。しかし、質素な生活を美徳とするドゥアン相手に商売が捗る筈もないため、事実上メアンダールへの左遷である。悪趣味な芸術品ばかりを取り扱っているだけで、一応法律に触れるようなモノは取り扱っていないようだ。
 怪しい勧誘に乗りやすく騙されやすい。ポメロマニアで、商品とは別に沢山のポメログッズを保管している。

ササメ・ユウナギ

 敏腕メイド長。
 詳細は影の二十二神将

イサドラ

種族:ドゥアン(天翼族) 性別:女性 年齢:15歳
髪の色:濃紺 瞳の色:黒 肌の色:白
「ああ、駄目。内に眠るもう一人のわたしが、わたしの身体を……」
 ディアマンテ商会に勤めるメイドの一人。メイドとしての能力は壊滅的。
  もう一人の自分が心の奥底に封じられており、肉体と精神を少しずつ蝕んでいる。しかし、周りの者達はそれを理解してくれずに、一人悩んでいる悲劇の美少女 ……という設定を脳内で作り上げている可哀想な子。5年もすると、恥ずかしさのあまり壁を殴っている姿を見られるだろう。

カイツ・レガイン

種族:ドゥアン(有角族) 性別:男性 年齢:57歳
髪の色:黒 瞳の色:黒 肌の色:褐色
「あー、悪いが喧嘩は外でやってくれねぇか?」
 酒場『デザートイーグル』の店長。いかつい外見だが、本人曰くあまり腕っ節は強くないらしく、店で乱闘が起こった場合は店員兼用心棒のルクスに任せている。ただ、周りの者達曰く、昔は凄腕の傭兵で神聖魔法と格闘術に長けていたらしい。
 仕事を探していたルクスを雇った経緯がある。どうやら、ルクスの父とは知り合いだったらしいが……。
 あまり描写できなかったが、気のいいナイスミドルである。

サラーブ

種族:ヴァーナ(兎族) 性別:男性 年齢:37歳
髪の色:赤 瞳の色:薄青 肌の色:黄
「どうしたもんかね。最近サクラの奴が冷たくてよォ」
 デザートイーグルの得意先、サラーブ食品店のオヤジ。
 豪放磊落な性格だが、外見はカワイイ系。一人娘のサクラを溺愛している。しかし、どのように反抗期の娘に接すればいいか解らず、度々悩んでいるようだ。

サクラ

種族:ヴァーナ(兎族) 性別:女性 年齢:16歳
髪の色:桃 瞳の色:薄青 肌の色:黄
「ばっ、オヤジには関係ねーだろ!」
 サラーブの一人娘。美少女だが、性格と口調は父親似。反抗期真っ盛りだが、誘拐事件のこともあってか、少しは反省しているようだ。
 貴重な俺っ娘枠である。