哀しみキメラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

987 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2008/01/13(日) 17:29:08 ID:G0FzoG9a
>> 983 「哀しみキメラ」
 化け物に襲われて化け物になってしまった四人の男女。
霊体(モノ)を食べなければ飢えてしまう化け物になってゆく彼らは人間を食べずに、妖怪退治の仕事を受けてそれらを
食べることで、飢えをしのぎ、ぎりぎり人間でありつづけようとした。
 だけど、恋人や家族とも別れてひっそりと生きる彼らのぎりぎりの日常も思いがけない所から、あっさり崩れ去る。
もう人間であることをやめようとする者、人間であり続けたいと願う者、一人で犠牲になろうとする者―
主人公たちはそれぞれの思いを抱えながら、自分たちを抹消しようとする<モノ祓い師>たちに立ち向かってゆく。
というお話。

 本書の最大の読み所は大人びた思考をする主人公たちの人間ドラマ。絶対にあり得ない話なのに、
読んでいるうちにいつのまにか主人公たちに自分の気持を投影させてしまっているはず。
ホラーものや退魔バトルと思って読むと肩すかしを食うので、ご注意を。

 続巻が全四で完結している。ゲストキャラを迎えて話が展開していく2巻以降は、
本巻と比べて、かなり疾走感のある作品に仕上がっているので2巻以降からファンになった
人もしばしば見かけることを付言しておこう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。