終わりのクロニクル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

150 名前:わかりにくい説明ですまん[sage] 投稿日:05/03/05(土) 18:15:06 ID:BYw57wN/
>148
10の異世界を仲間と共に滅ぼした祖父を持つ、少年の話。
内容は、UCATって言う組織の「全竜交渉部隊」って言う少年少女(奇人達)が集まった部隊に入って、
「12月25日までに、滅びた10の世界との戦後交渉を行って、世界を守る」
な感じ。

世界観は、1stから10thまでG(ギア)っていう
「この世界(Low-G)とは物理法則などの<概念>が違う異世界」
があったという設定。
例えば1st-Gは「文字が力を持つ」っていう<概念>があって、布に「炎」って書けばその布が燃えるような世界。

台詞の掛け合いが面白く、サクサク読める作品。

437 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2006/10/04(水) 00:56:24 ID:B7xjZAKX

『終わりのクロニクル』川上稔
変人たちが世界と異世界の命運を賭け交渉したり漫才したりどんぱちしたりするお話。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。