XML

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

eXtensible Markup Languageの略です。

1996年に準化団体であるW3CのXMLワーキング グループ
(当初は「SGML Editorial Review Board」と呼ばれていた)によって開発された自己拡張が可能なマークアップ言語の1つ。

XMLでは文書の型を定義する情報(DTD:Document Type
Definition)を文書とは別途定義し、このDTDで定義された規則に従ってXML文書を解釈するため、文書の構造をその作り手が自由に決定できるといった特徴がある。(これが自己拡張可能といわれるゆえんである)

この機能を利用すればXMLという標準仕様を用いながら、
特定の構造にとらわれない自由度の高い文書を
広く交換できるようになる。

インターネットの普及に伴ってこれを利用した電子商取引(EC)が活発化したことから、ECでやり取りする標準文書仕様として注目されることとなった。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|





前月 2017年7月 翌月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

@CopyRight KansaiSty-Com.Ltd




更新履歴

取得中です。