WSDL

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Web Service Discription Languageの略です。

Webサービスが提供する機能を記述するためのXMLベースの
言語仕様の1つです。

Webサービスによって実現される分散オブジェクト環境において各Webサービスオブジェクトがどのような機能を提供するのか、その機能を利用するためにどのようなパラメータを渡す必要があるかなどを標準的なデータ仕様で記述できるようにしWebサービス同士のコミュニケーションを可能にしています。

WSDLドキュメントでは、主に以下の6つの要素を使用して
Webサービスが提供するサービスを記述する。

  • service:port要素の集合を定義する。
  • port:具体的なネットワーク・アドレスとbinding要素を関連づけることによって定義する。
  • binding:portType要素で定義された操作と具体的なプロトコルとデータ・フォーマットを定義する。
  • portType:抽象的な操作の集合を記述する。
  • message:交換されるデータを抽象的に記述する。
  • types:交換されるデータの記述に使用されるデータ型を定義する。

2004年11月現在、SOAPプロトコル以外にも対応できるようにWSDLは拡張されている
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|





前月 2017年3月 翌月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

@CopyRight KansaiSty-Com.Ltd




更新履歴

取得中です。