キャラクターポップ(CHARA-POP)【オプション】

ポップンミュージック9で登場したオプション
ポップ君の形状が使用しているキャラクターのアイコンに変わるというもの。
当初は隠しオプションだったがポップンミュージック12 いろはから、隠し解禁されるまではカードを使用しなくても設定できる標準オプションとなった。

キャラクターによってデフォルトでのサイズがバラバラで、判定ラインの基準となるものが中心からずれていたり見分けが付きやすいものから付きにくいものまでさまざま。
大まかに分けると単に色違いのものが代表的だが、2人以上のキャラクターの傾向に見られる形状違いや、キャラクターの顔と異なる形(ビックバイパージャイアンニャミアフロなど)がポップ君となって降ってくるものも存在する。

キャラクターごとの特徴に関してはキャラクター一覧から、キャラクター毎のページを参照。
ロングポップ君では、ロング部分の色はビートポップ設定時と同じ、上下段にそれぞれ対応した2色になる。

インターネットランキングのオプション表示では「C」、ゲーム画面上での略記は「CHARA」。

ポップンミュージック ラピストリアからオジャマのこれがなくなる代わりに、YOUとRIVALで切り替えが可能となった。
YOUが今までのオプションの方と同じで、RIVALがオジャマで設定した場合のようにライバルキャラクター側のキャラクターポップがそれぞれ降ってくる仕様となる。
ただしRIVALはネットワーク対戦では設定できない。
またバトルモードでは1Pと2Pで表記され、相手が使用しているキャラクターのキャラクターポップが設定できるようになった。

なお、ポップンミュージック ラピストリアで登場したキャラクター(既存の新バージョンも含む)に限り、2Pカラーの有無に関係なく*1、上段のオブジェがラピス(宝石)で統一されている(キャラクターによって色・形が変わる)。
このため、これまでの仕様とは微妙に異なるので、黒色ラピスを持つキャラクターを使用する場合は見づらくなったり、色系統が似ているキャラクターでは色の判断がしづらいなど、クセが強いものが多い印象。

分類

色違い
そのキャラクターの顔が降ってくる。
多くのキャラクターが属しているタイプで上段・下段のカラーが異なる。
形状違い
そのキャラクターの顔が降ってくる。
2人組のキャラクターなどに見られやすい、上段・下段で形状が異なるタイプ。
大きさや形で見ているプレイヤーには対応しやすい部類。
特殊
上記2種に該当しない傾向を持つキャラクターポップ。
上下段でカラーの変化しないキャラや、ビックバイパーのようなキャラクターの顔とは異なるものなど。
ラピス式
ポップンミュージック ラピストリアで新規登場したキャラクター・新衣装のキャラクターのみに見られる共通の仕様。
上段がラピス(宝石)の形状になっているのが特徴で、必然的に形状違い・色違いの認識の両方が問われる。
2Pカラーの場合は上段が1P時と異なる場合があり、上段のラピスが黒だと認識難度が高めになる傾向がある。
  • 笑いを取るネタプレーでは結構使われるオプション。
  • 基本的に1P、2Pが落ちてくるが、二人組キャラの一部は一人ずつ落ちてきたり、(例:めばえ)表情の違いの場合もある。(例:アロエ)
  • AC15ではサイズが全体的に小さくなって背後のレーンに収まるほどになった。このため難易度は若干下がった。
    しかしAC8のアルトやAC5のクララのキャラポップは更に小さくなった上に上段下段で配色が似ているため却って難しい。
    このようにキャラポによっては却って難しくなるものもある。
    これは描画数の向上に伴って、画面表示されたときに相対的に小さく見えるのが理由。
    14までのキャラクターのアイコンの絶対的なサイズ自体は全く変わっていない。
  • 16現在では、キャラポはキャラカラー問わず上段=2P 下段=1Pで固定されている。
    そのため、キャラポが上段下段逆の方がやりやすい時にあえて2Pを使って逆にするということができなくなってしまった。
  • AC5まではドット絵で描かれたアイコンが用いられていたが、AC6から現在見られる輪郭線の無いデザインに変更され、色あいも変わってより見やすくなっている。
  • ちなみに、キャラポップ自体はキャラ選択時に表示される顔アイコンと同一である。
    (顔以外のものが振ってくるキャラは除く)
  • エンジョイモードの5ボタンでは、ボーナスステージもレーン幅がエンジョイと同じになるため、このステージ限定で少し大きいキャラクターポップ君で遊ぶことも可能(ポップン17~19のみ)。

キャラクターポップ君【オジャマ】

【キャラクターポップくん】ポップンミュージック ラピストリア削除対象オジャマ

ポップ君がキャラクターのアイコンになるよ

ポップンミュージック2で登場したオジャマ
ライバル側のキャラクターの顔がポップ君になって落ちてくる(基本的に2種類、例外あり)。

ネット対戦ではLv2オジャマで、お邪魔の仕様が通常時とは異なって自分の使用キャラがポップ君になって降ってくる
そのため、使用キャラクターによって難易度が左右されるという特徴がある。

特に注意したいのが、普段から使用キャラの2Pカラーを使用している場合。 基本的に「1Pカラー」が手前(白緑赤)、「2Pカラー」が奥(青黄)になるが、2Pカラーを使用した場合はこれが逆になる。
ただしこれは従来の仕様でありポップン15では修正された模様。
また、複数のキャラが並んで降ってくるもの(ふきなど)にも注意してほしい。

ポップンミュージック ラピストリアでは削除対象のオジャマとなるが、上記のオプションの形で仕様を追加された形で残される。

  • いろはでは入手方法はオプションに1曲以上「キャラポップ君」を使い、総合1位。
  • CS版の対戦モードに限り相手からこのお邪魔を受けた場合、降ってくる形状が対戦相手2人のキャラクターポップ君に変わるという仕様になっている。
    下段が青枠CPUのキャラクター、上段が黄枠CPUのキャラクター。

【ポイントの変遷】

pm5 pm6 pm8 pm14
8 7 8 5

関連用語

ビートポップ
ステージポップ
オプション

ダンス