アンセムトランス / ANTHEM TRANCE

【アンセムトランス】

星にかけた願いは、こうして星達の歌声となって舞い降りる。

ポップンミュージック10で登場した楽曲。担当キャラクターはMZD(10-1P)。
店舗対抗イベントお星様にお願い!」で登場したイベント隠し曲
曲名の読みは「フォーテュムステラルム」。

Votum stellarum / iconoclasm(dj TAKA/wac)
BPM:136→147
5b-19 
N-【10】22 ⇒ 【15】23
H-35
EX-39
新難易度
EASY NORMAL HYPER EXTRA
13 29 41 45
 星への願いが、このような形で降ってくる。IIDX、ポップンの二大コンポーザーであるdj TAKAとwacによる奇跡のコラボレーションが「iconoclasm」として実現。「dj TAKAとwacでオーケストラとトランスの融合形を作って欲しい」ということで、隠し曲としてポップン10のテーマであった、「お星様にお願い」のタイトルを冠したこの曲はどことなく神秘的。wacのコード進行とピアノのフレーズにリズムや他のフレーズをdj TAKAが乗せていくという形である。サントラでは、フェードアウトされた部分が最後まで演奏される形であるため最後まで聴いてもらいたい部分。これまでMZDはリミックス曲を担当してきたが、書き下ろし曲の担当はこれが初めて。ピアノパートがノーマルとハイパー、EXでは異なるのはwacのIIDX曲での特性を生かしているのだろう。
 基本的に最初と最後はピアノ階段であり、判定もかなり辛く正確さが問われる。途中が白のバスドラ+シンセの譜面というIIDXで見かけるような配置が特徴。また乱打も結構あるのでユーロビートHを十分クリアできるならそこまで苦労はしないだろう。特に、縦2連打が入るパートでゲージを削られすぎないように注意。EXはIIDXのANOTHERのように、バスドラのパートが増え、特にラストの階段にもあるので、できる限り左手の可動範囲を広げて右手の負担を減らすようにしたい。細かいフレーズを拾う能力がないと少々厳しく、特に中盤を耐えられるかが重要かも。

他のBEMANIシリーズへの収録

beatmaniaIIDX

  • IIDX12 HAPPY SKYで収録。
    アーティスト名のカッコ内の表記は省略されている(※着信うたで配信されているこの曲も同様)。
    • ムービーはdj TAKAwacの過去に手掛けた楽曲のムービーを合わせており、MZDも登場するのでまさにBEMANIの枠を超えたコラボレーションといえよう。
    • SP ANOTHER譜面は終盤のドラムロールが合わさった以外、EX譜面とほぼ同じ構成。
    • 2DX版のN譜面は、ポップンのそれよりは簡単。
      ただし、一部違ったリズムを叩く部分がある。
      ハイパー譜面は、ポップンのそれとほとんど変わらない。
      ANOTHERは、一見EX譜面と同じに見えるが、ずれた部分にスクラッチが置いてあったり、62~64小節目にEX譜面の部分+5と7の交互16分連打があって、一筋縄ではいかない構成になっている。
  • Votum Stellarum-Hommarju Remix-
    • IIDX21 SPADAの隠し曲として、Qprogue内で獲得可能な楽曲。
      Hommarju?によるリミックス。
    • dj TAKAの2ndアルバム「True Blue...?」に収録されたUKハードコアのアレンジが施されたバージョンをゲームサイズ化。

Dance Dance Revolution

ノスタルジア

  • fORTEにおいて登場。
    上記バージョンにバージョンアップする前の2017/07/07~07/17の間にノスタルジアを5回プレイすることで、fORTEにバージョンアップした後にプレイできる。
    また、タイトル名はVotum Stellarumと大文字表記で微妙に異なる。
  • wacが「タイトルの通り基本無印votumだけどちょいピアノ増しでforest25っぽいところもあったり微妙に長かったりな特殊仕様です。」とTwitterで発言したこともあり、前半がforest #25 RMXのメロディライン主体になっているなど、この機種専用のアレンジが施されている。

その他関連

  • REFLEC BEAT groovin'!! Upperの「BEMANI MUSIC FOCUS」において、SUPER CHOICEで候補曲として選ばれていた。
    ユーザー投票による結果は6位に入った。

  • 10初出のTAKAとwacのFEAT曲。
  • 曲名はドイツ語で「フォーテュムステララム」と読む。
    10のバージョンテーマを象徴すべく1曲ともいえ、ⅡDX HAPPY SKYにも移植された。
    • なお、作曲者の2人は曲名を読めなかったこともある。
    • 着信うたサイトでは、「ボータムステリアム」と読みが記載されている、REMIX版では「ボトムステラルム」と書かれており、読み方での表記ゆれが見られる。
  • MZDの初めての持ち曲。
  • EXの判定が少し厳しい。
  • ポプコン1だと40でもなかなかできない
  • リモコンで必死に微調整して
    ・CDオーディオでアルバムアントラ(微妙に長い)、
    ・テープでEXアントラ(最後のピアノが激しい)、
    ・携帯で弐寺アントラ(シンセ音が高い)
    ・ポップン10のオートプレイで通常アントラ(ゲームサイズ)
    を音合わせて聴くと誰もが感極まるであろう。
    モノラルのイヤホンふたつで片耳EX、もう片耳通常ゲームサイズで聴くだけでも効果あり。
    最後より少し手前のピアノ部分でEXだけが激しく音高く上り詰める。
    が、しかし最後の最後でまた通常版と音が重なって綺麗に終わる。
  • N譜面の時のみ、曲の終盤が若干異なる。(ピアノの高速メロがない)
  • N、H、EXどの譜面でも判定が厳しくGOODばかり出る詐欺曲に感じられる難しい曲。
    だがクリアするとものすごく実力が上がる神曲。
  • 「お星様にお願い」のタイトルを冠したはずだったが、本来「Stella」を与格(Stellis)にすべきところを間違えて属格(Stellarum)にしてしまっているために、実際の意味は「星の願い」となってしまっている。
  • アーティスト名のiconoclasmは世界史用語集で「聖像禁止令」という訳になる。ポップンとは関係のないことになるが、キリスト教の一部がカトリックとギリシア正教に分かれた原因がこの聖像禁止令らしい。
  • Be-Mouseではデータの関係上、オリジナルのH譜面はプレイできない(Nと同じになる)。
  • バトル譜面ならではの特権として9ボタン5ボタンにはない、後半のバスドラロールの部分を叩ける。
  • iconoclasm名義の曲としては、後にIIDX18 Resort Anthemで「[perditus†paradisus]」が登場した。
    後にポップンにもこの曲が登場。

収録作品

AC版
ポップンミュージック10からの全作品

CS版
ポップンミュージック10ポップンミュージック11

関連リンク

-REMIX曲
アンセムトランスREMIX

-関連曲
[Vinculum stellarum]

dj TAKA
wac

この曲の背景が流用されている曲
ハウス(feeling of love)

楽曲一覧/ポップンミュージック10