ポップンミュージックカード

ポップンミュージックカードはゲーム機から出て来るトレーディングカードだよ!
ノーマルカードではキャラクターのイラストやプロフィールがかかれていて、
レアカードはなんと描きおろしイラストなんだよ!

(うさぎと猫と少年の夢 公式ページより)

ポップンミュージック19 TUNE STREETポップンミュージック うさぎと猫と少年の夢まで登場した要素。
コレクションとしての性質が強く、タイトル画面で「ポップンミュージックカードあります」などのマークが表示されている筐体でプレイすると、プレイスタイルでコイン投入もしくはPASELI使用後にカードの排出をするかどうかが聞かれるので、カードを排出する方式を選択をすれば、選択後に排出される。
ポップン19から登場したニューキャビネットの筐体には標準で排出装置が付いており、従来のスタンダードキャビネットの筐体も、外付けという形で設置される場合もある。
カードの排出があるかどうかは店舗検索で調べることができる。

排出されるのは以下のプレイ方式を選択した場合(画像も参照)。
プレイの流れは、ポップンミュージックカードが排出されてからモード選択に移る、という形である。

  • (設定曲数)+カード(PASELIプレイのみ、上記画像の番号3)
  • 1曲プレイ+カード(PASELI・コインプレイどちらも対応、上記画像の番号4)→ショートプレー

種類としては大まかにノーマルカードレジェンドカードレアカードの3種類で、筐体からの排出以外で入手できるプロモカードも存在する。
レジェンドカードアニメーションカードチェンジカードはポップン20から登場しており、このうちの後者2種はノーマルカードからの派生カードである。
コラボレーションカードメッセージカードはポップンSunny Parkから、ストーリーカードアーティストカードはポップンラピストリアからの登場である。
レアカードには一部、裏側にラッキーコードスペシャルコードが付いていることもある。

新バージョンの稼動から一定の時期ごとに第1弾から第2弾へ、その後第3弾と新規カードが登場する形となる。
1弾当たり80種類のカードが存在し、攻略においては直接関係ない要素とはいえ、女性の支持が高いゲーム作品でもあるので、コレクション目的でプレイすることも多い。
特にノーマルカードはプロフィールに誕生日が加わったので、キャラクター設定の一要素となっているため、資料的な役割もある。

ポップン20から登場するカードは裏面にパスワードが記載されており、これらはe-AMUSEMENT GATEデジタルアルバムで入力することで該当カードがWEB上で閲覧できるようになる。
ただしプロモカードには記載されていない。

2019年の7月10日を持って、デジタルアルバムのサービスは終了を迎えてしまったが、3日後の7月13日~15日にかけて行われたカードコネクト?は、ポップンカードを生成できるため、今後はカードコネクト?がこのカードの後継機種となる可能性がある。


  • 特に短時間で効率よく集める場合は「1ステージ+カード」のショートプレーを用いることが重要といえる。
    また、大抵のBEMANI機種の連動イベントでは、ポップンはこのプレイ方式により非常に速いスピードで楽曲・隠し要素を解禁することができる。
  • SunnyPark第2弾から裏面のKONAMIのロゴは、マーク付きの白抜き文字からワインレッド色の文字のみに変更された。
    ラピストリア第2弾から文章関連の文字フォントが変更され、表側のノーマルカード各種の「pop'n music」に該当する部分の文字フォントも変更されている。
  • ポップン20では排出される場合、ゲーム画面で効果音が入る演出が加わった。
    SunnyParkではこの効果音に加え、カードを引いた後に「カードゲット」という音声が入るようになった。
  • 業務用向けに200枚1箱という形で入っており、さらにこの箱が4箱(200×4=800枚)入った中箱もある。
  • このカードの大きさは同じコナミから発売されている「遊戯王OCG」のカードと全く同じサイズである。
    スリーブに入れて保管する場合、スリーブを購入する際の目安として覚えておくといいだろう。
  • 残念ながら、ポップンミュージック peaceからe-amusementページのデジタルアルバムの項目が無くなっており、実質この要素は終了したと言える。
    筐体からのカード排出機能は残っているが。

構成内訳

各弾で一律、筐体から排出されるカードは全部で80種類となっている。

ポップン19

  • 第1弾~第3弾が共通して80種類で内訳がノーマル64種、レア16種。
  • プロモカードはポップン19サントラの初回特典で封入されていた1種類のみ。

ポップン20

  • ノーマル60種、レジェンド4種、レア16種という構成に変更されている。
  • さらに第3弾からアニメーションカードチェンジカードの登場に伴い、ノーマル60種がノーマル40種・アニメーション10種・チェンジ10種へと分かれた。
    (ただしカードナンバーはノーマルカードから繋がっている。)
  • プロモカードはカードファイルに付属される6種と、サントラ初回特典の1種で計7種類存在した。

ポップンSunny Park

ポップン ラピストリア

  • 構成はポップンSunnyPark第3弾を踏襲している。
  • 作品のコンセプトである、ポップンワールドとラピストリアの2つの世界から登場という形で、従来の画風とラピストリアからの画風のカードが存在する。
  • 第2弾のみストーリーカードが登場に伴い、ノーマルが36種に変更され、新規でストーリーが4種登場する形となる。
    第3弾よりアーティストカードが登場に伴い、レアカードの一部はアーティストカードとして兼ねている。

ポップン eclale

  • カードのデザインを一新
  • 他作品のゲームを出展としたコラボカードが登場し、二次元コードが入っているカードもあり、該当機種でスキャンすると特典を得られる。
  • Vol.3では、レアカードの光沢仕様変更でさらに輝きを増したものに変更。
    また、過去に登場したレアカードの一部がアンコールカードという形で復刻。
  • Vol.3の登場に伴い、Vol.3登場から2016/08/31までの期間で、カードを引くごとにルミナがもらえるキャンペーンを行っている。
    引けば引くほどルミナがもらえる(※1枚引くごとに100→200→100→200・・・と繰り返し、10枚目を引くとデコパーツを獲得、特典がもらえるのは10枚目まで)。

ポップン うさぎと猫と少年の夢

  • Vol.1しか登場していない。
  • うさ猫カードが登場。
  • Vol.1はノーマル(アニメーション、チェンジを含む)・レジェンド・レアという、ポップン20と同様の種類の配分に戻った。
    ただし、アニメーションとチェンジは各8種類という違いがある。

登場時期

登場バージョン 登場弾 カードナンバー表記 登場時期 構成内訳
ノーマルカード
(ノーマル/アニメ/チェンジ)
レジェンドカード メッセージカード ストーリーカード レアカード
19 TUNE STREET Vol.1 PB19 2010/12~ 64
(64/0/0)
- - - 16
Vol.2 PC19 2011/03/25~
Vol.3 PD19 2011/07/27~
20 fantasia Vol.1 PE20 2011/12/07~
(2011/12/14~)
60
(60/0/0)
4 -
Vol.2 PF20 2012/03/23~
Vol.3 PG20 2012/07/19~ 60
(40/10/10)
Sunny Park Vol.1 PH21 2012/12/05~
(2012/12/12~)
Vol.2 PI21 2013/03/21~
Vol.3 PJ21 2013/08/08~ 56
(40/8/8)
4
ラピストリア Vol.1 PK22 2014/07/30~
Vol.2 PL22 2014/12/10~ 52
(36/8/8)
4
Vol.3 PM22 2015/03/23~ 56
(40/8/8)
-
eclale Vol.1 PN23 2015/12/24~ -
Vol.2 PO23 2016/03/30~ -
Vol.3 PP23 2016/07/27~ 【アンコールカード】
4
-
うさぎと猫と少年の夢 Vol.1 PQ24 2017/03/21~ 60
(44/8/8)
- -

この百科事典での解説

カード一覧はカードリスト(ポップンミュージックカード)に記載。

リストではカードナンバーと対応するキャラクター名、レアカード名、レジェンドカード名、メッセージカード名を記載。
レアカード、メッセージカードの場合はタイトル名を【】で囲み、レジェンドカードは各作品へのリンクを設ける。
なお誕生日に関しては、百科事典内にある各キャラクターのページに記載という形を取る。

関連用語

ノーマルカード

レジェンドカード
メッセージカード
ストーリーカード

レアカード

アンコールカード

プロモカード

ラッキーコード / スペシャルカラー
スペシャルコード
マイトレード

ポップンミュージック カードファイル 19 TUNE STREET
ポップンミュージックカード 20 fantasia Collection Album

ショートプレー

ポップンカード総合(外部)

基本要素・システム

添付ファイル