J-テクノトランスREMIX / J-TEKNO TRANCE REMIX

【ジェーテクノトランスリミックス】

早いテンポのテクノビートがトランスとなって帰ってきた! クール&ノスタルジックに決めろ!

ポップンミュージック16 PARTY♪で登場した楽曲。担当キャラクターはMZD(16-専用)。
ポップンミュージック ポータブル2に限り、担当キャラクターはショルキー(1-1P)。
個人解禁イベントあつまれ!ポップンパーティー」で登場したイベント隠し曲REMIX曲。

Quick Master -Naked Trance Mix- / SADA [16]、act deft remixed by SADA [17~]
BPM:145
5b-10
N-17
H-28
EX-37
新難易度
5Buttons NORMAL HYPER EXTRA
× 23 34 43
 ポップンの誕生から10年、初代ポップンから愛され続けている名曲がポップン4(このときは聖夜によるもの)でリミックスされたが、このように別の形で再びリミックスされるのは珍しい(2度目のREMIXであるためか”~REMIX2”という表記でないのがミソ)。IIDX9thで参加したトランス系アーティスト・SADAによるリミックスバージョンは、シンセで印象的なメロディーラインにアレンジを加えたり後半にブレイクを入れることでMillenium mixとは違った印象になっており、繊細なフレーズはいかにもREMIXらしいものになっている。
 ハイパーはトランス特有のフレーズを刻む箇所が多めで、16分が多いのでリズムが取れるかがポイント。特にブレイク後の後半に待ち構えている24分階段はフルコンボ時の難所となる。EXはIIDXでよく見られるようなバスドラ(左白)+クラップ(左緑)+裏打ち(左青)を基本としたフレーズが中盤以降から出てきて、必然的に左右振りの配置になる。裏打ちをどちらの手で取るのかを判断できないと左手を酷使してしまう羽目に。隣接同時交互→中央5個同時という独特のラス殺しになっているのは、やはりIIDXでのSADA曲がラス殺し譜面である傾向が多いからだと。

他のBEMANIシリーズへの収録

J-テクノを参照。


  • J-テクノREMIXがすでに存在し、J-テクノとしては2度目のリミックスであるためJ-テクノのトランスREMIXという意味。

    SADAは、IIDXでStar Field、Broadbandedなどを提供しているアーティスト。
  • アーティスト名表記がポップン17で変更(act deft remixed by SADA)。
    ポップン10のmurmur twins以来となる(そのときは一時的なものだったようで、後に元の表記に戻ったが)。
  • ジャンル名が「J」で始まるジャンル名にもかかわらず、何故かハッピーJヴォーグREMIXを出現させる条件曲の対象外となっている。

収録作品

AC版
ポップンミュージック16 PARTY♪

  • アーティスト名が「SADA」。
    • 「pop'n music SUPER BEST BOX」でもこの表記となっている。

ポップンミュージック17 THE MOVIEからの全作品

  • アーティスト名が「act deft remixed by SADA」に変更。

CS版
ポップンミュージック ポータブル2

  • アーティスト名はポップン17からの表記になっている。
    担当キャラクターがポップンミュージック4と同じような、元バージョンにおける担当キャラとなっている。

関連リンク

J-テクノREMIX

オリジナル
J-テクノ

楽曲一覧/ポップンミュージック16 PARTY♪