[辿る君を超えて]

【たどるきみをこえて】

ポップンミュージック うさぎと猫と少年の夢で登場した楽曲。
担当キャラクターはMZD(20うさ猫改-2P)。
ナビフェスで獲得できる隠し曲

辿る君を超えて / BEMANI Sound Team "Power Of Nature"
BPM:160? (120→140→160→40→160)
新難易度
EASY NORMAL HYPER EXTRA
19 33 44→【pea途中】45 50
ハイライト
EASY NORMAL HYPER EXTRA
4 4 5 5
 ナビフェスで、これまでに登場した全てのステージの楽曲を出現済みの場合に、最後のステージであるRAINBOW STAGEで登場した3曲の中の1曲目。担当キャラのバージョンや曲名の語句繋がりで、ポップン20初出「少年は空を辿る」の流れを継承したプログレ系インスト。過去のPON曲のインストに使われている特徴的なフレーズが随所にちりばめられ、より激しい変幻自在なリズムの中にChaos:Qのメロディーが引用されている。また途中に使われている声は、これは逆再生することでナビ君が進化した時などの台詞が聞ける。サブタイトルである「うさぎと猫と少年の夢」自体の伏線と、夢を紡ぐ亜麻色の歌詞の意味が回収されていると予測できることから、辿る君の「君」はナビ君を指すと考えられる。
 BPM表記詐欺だが最初だけ少し遅く、中盤に一時的に1/4に遅くなる以外は160が大半。BPM40になっている部分は赤LPを押しながらEASY以外では交差配置を処理しなければならない、というLPの応用が含まれている。ハイパーは階段が多用されており、折り返し含みやスライド、速さの異なる階段など様々な要素が混じる。おまけに赤軸+小階段や高速トリルなど、BADを誘いやすい部分が多い上にゲージが1024ノーツをわずかに超えていて結構きつい。次作peaceの稼働途中でLv44→45に上げられた。EXは少年は空を辿る並の物量で同じ最高Lvの50。2~4個の同時交互・階段や同時含みの連打・LPを跨ぐ階段など、様々な難所における要素が含まれ、これらが辛ゲージの状況下で襲い掛かる。また、BPM40のLPは、BPM160相当の16分連打も交差しながら処理させるという非情さ。ロングを捨てて連打に集中するなど、ゲージを維持するための方法を優先したい。体力を削られたところにいろんなパターン混じりの同時押し連打で落としにかかる。

ハイライト発生箇所

番号 5Buttons / EASY NORMAL HYPER EXTRA
1
2
3
4
5 ×

  • 曲中にセリフが隠されており、逆再生することで明らかになる。
    「世界を創る、この手によって」「この手を離さないでね」「ずっとずっと一緒にいてね」

収録作品

AC版
ポップンミュージック うさぎと猫と少年の夢からの全作品

  • 2018/09/06からナビフェスのRAINBOW STAGEで獲得できる。
    RAINBOW STAGEは、他のナビフェス関連曲を全て出現させている場合のみ出現。

CS版

ロング版収録

(収録なし)

関連リンク

ムラクモ
[Chaos:Q]

PON

ナビフェス

楽曲一覧/ポップンミュージック うさぎと猫と少年の夢