※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食材と栄養素-ネバーギブアップ合言葉は「ねばねば ねばーぎぶあっぷ!」 ウィッキー♪
抗がん剤は「効がん剤」といってほしい!!(06.9.23)
<hr>
http://ameblo.jp/ayaken/entry-10034705171.html
血小板の凝集作用物質
1、フェブリノゲン(蛋白質)2、カルシウム3、リン脂質(コラーゲン脂質)4、セロトニン(脳内ホルモン、神経伝達物質/赤身肉&ビタミンB6)5、グリコーゲン6、アラキドン酸)7、ビタミンk/血小板のエネルギー源はグリコーゲンが供する。(大腸疾患では減少?)
フィブリノゲンとは、止血に関与する血液凝固因子のうちの12種類の蛋白質のひとつであり、健康人の血漿100ml中に200mgから400mg含まれている。
ビタミンK -ビタミンK2は、微生物が作り出すビタミンであり、人体内の腸内細菌によっても作り出される。また、チーズや納豆などに多く含まれる。 ビタミンKはナメジオンともいわれ脂溶性のビタミンで、血液を凝固させるプロトロンビンの形成に必須の栄養です。
血小板の増加は肺ガンなどの悪性腫瘍や慢性感染症などで知られているが、中高年に見られる血小板が増加する病気として本態性血小板症がある。
<hr>
血小板値低下の理由
▼出血など血液凝固に関与する成分はビタミンKであり、不足、欠乏すれば血液中のカルシウムやリン脂質を結合する事が出来ません。▼<a href="http://ameblo.jp/ayaken/entry-10020191773.html" title="next page">(参照:テーマ/お薬について/血液凝固成分)</a>
<hr>
▼尿にタンパク質が漏れ出るのに伴って(タンパク尿)、アルブミンなど血液中の重要なタンパク質の濃度が低下し、血液中の脂肪(脂質)が増え、血液が固まりやすくなり、感染症にかかりやすくなります。
<hr>
▲コラーゲン(リン脂質成分)は、骨と組織細胞の隙間を埋めつつ、骨と組織細胞、細胞と細胞を結合し、骨と組織細胞の柔軟性を保つ細胞間物質(
細胞外基質とも云う)
<hr>
▼<a href="http://ameblo.jp/ayaken/entry-10020443337.html" title="next page">(参照:テーマ/がんの治療法/がんをトータルに診る時代)</a>
現在支持療法はがん治療のとても大事な要素ですが,当時は輸血といっても全血輸血ぐらいしかなかったので,例えば白血病で血小板が足りなくても,血小板輸血はなく,出血で患者さんがどんどん亡くなっていくという状態でした。
<hr>
▼<a href="http://ameblo.jp/ayaken/entry-10020444887.html" title="next page">(参照:テーマ/血液と白血病/血小板減少症)</a>
血小板減少の最初の徴候は皮膚の内出血です。赤く小さな点が膝(ひざ)から下に多数現れ、軽くぶつけた程度のけがでも小さな青あざが一面にできます。歯ぐきから出血したり、便や尿に血液が混じります。月経の出血が多量になることもあります。また、出血が止まりにくくなります。

<font size="3"><font color="#0000FF">血小板の減少が進むと、こうした出血傾向が悪化します。血小板数が非常に少なくなると、消化管から多量の血液が失われたり、外傷がなくても命にかかわる脳内出血を起こしたりします</font></font>。
<hr>
▽リノール酸からできるものはアレルギー、炎症、血液凝固あるいは血管収縮を促進する作用が強く、α- リ ノレン酸からできるものはこれらの作用は非常に弱いかあるいは抑制する作用があります。
<hr>
▽アラキドン酸から,以下のように,次々と活性物質が生み出される。これをアラキドン酸カスケードという。

<marquee>エイコサノイドは,血管拡張・収縮,血小板凝集,ホスホリパーゼA2阻害,免疫抑制作用など,多彩な生理活性を示す。</marquee> ▼<a href="http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/biochem2.htm" title="next page">(参照:資質)</a>
▼<a href="http://atopy.wakabagari.com/siryou9.html" title="next page">(参照:アラキドン酸カスケードと血液凝固反応)</a>アラキドン酸は必須脂肪酸であるリノール酸から生合成される脂肪酸で、細胞膜のリン脂質の成分です(ホスファチジルコリン=レシチンを構成する2つの脂肪酸のうちの一つ)。
カスケードは”滝”の意味で、アラキドン酸カスケードとはアラキドン酸という出発点から滝のように進行することを意味します。
数々の炎症反応が起こると、Ca2+の流入を含む一連

▼<a href="http://www.naoru.com/kessyouban.htm" title="next page">(参照:血小板)</a>
血小板 =骨髄巨核球に由来する。
①<font size="3">④<font color="#FF0000">血小板第3因子はリン脂質で、凝固反応の場を提供</font></font>。

②血小板第1因子は血漿より吸着した第Ⅴ因子、血小板第5因子は第Ⅰ因子(フェブリノゲン)<font size="3">⑥<font color="#FF0000">血小板膜には糖タンパクが分布、粘着・凝集反応にあずかる</font></font>。

③血小板粘着:
血管が損傷し、血小板がコラーゲンに触れると、vWFを介して粘着、Ca2+、フィブリノゲンを要しない不可逆性変化。

④血小板凝集:
血小板同士が免疫反応によらず凝集することを凝集aggregationと言う。コラーゲンなどにより可逆性の一次凝集をを起こし、血小板からセロトニン、ADPが放出されると、不可逆性の二次凝集を起こし、血栓として損傷部を補う。

⑤凝集惹起物質には:
血小板のアラキドン酸代謝を活性化し、トロンボキサンA2合成を介する コラーゲン、
アラキドン酸、
トロンビン
直接血小板に作用する セロトニン
ADP(アデノシン二リン酸)
血小板活性化因子 マクロファージなどから放出

⑥アクトマイオシン(トロンボステニン)により血餅は収縮。

⑦セロトニン、トロンボキサンA2により血管収縮。

<font size="3">⑭<font color="#FF0000">血小板のエネルギー源はグリコーゲンが供する
<hr>
▼・レシチンが豊富に含まれている食べ物には、卵黄、大豆(グリンピース)、穀類、ゴマ油、コーン油、小魚、レバー、ウナギなどがあげられます。▼<a href="http://ameblo.jp/ayaken/entry-10022436145.html" title="next page">(参照:テーマ/栄養素の基本概念/レシチン)</a>(5) レシチンの効果

「レシチン」の一番大きな役割は「界面活性剤」としての働きです。つまり、レシチンは「親油性」(油になじむこと)の働きと、「親水性」(水になじむこと)の働きの両面の役割を持っています。

すなわち、レシチンの親油性の働きが、血管の内壁にこびりついたコレステロールを溶けやすくしたり、細胞の中の老廃物を親油性と親水性の両方の働きにより、血液の中に溶かし込んで血行をよくしたりします。

▽リン脂質(PL) が低値を示す疾患 は、<1>重症肝実質障害 <2>重症貧血 <3>白血病 である。

低脂質血症の内、リン脂質構成成分の①ガム(豆)②ロウ(イカ、タコ)③キチン質(蟹、蛎、蝦殻)などの粒子の大きいプリン体(煮干、干物、魚卵等も含む)が主に骨格筋に不足する事で起こる。
<hr>
▽抗リン脂質抗体症候群は、習慣性に(2回以上)流産を起こしたり、動脈や静脈の中で血の固まりが出来る血栓症(脳梗塞、肺梗塞、四肢の静脈血栓症など)を起こしたり、血液検査上で血小板が減少する。<font color="#0000FF"><span style="font-size:large">(リン脂質が少ないと血小板が減少する=リン成分が多いと血小板が減少する)</span></font>
<hr>
<font size="3"><font color="#FF0000">がん患者で放射線を含む化学療法を実施して、そのまま骨髄抑制が働いたままでは、最終的には、急性骨髄性白血病の類似症状を呈します</font></font>。

下記に、急性骨髄性白血病の説明の一部を載せます。
▼<a href="http://ameblo.jp/ayaken/entry-10017422582.html" title="next page">(参照:テーマ/血液と白血病/急性骨髄性白血病)</a>

▼急性骨髄性白血病の症状は大きく分けて、正常の血液細胞を造れないための症状と、白血病細胞が増えたための症状とに分かれます。

正常な白血球は細菌や異物に対して生体を守る働きがあり、赤血球は身体全体へ酸素を運搬します。

血小板は出血を止める機能があります。急性骨髄性白血病になると、これらの正常細胞が減少し、以下の症状が出やすくなります。

正常白血球減少による症状

治りにくい感染症(口内炎、<font size="3"><font color="#0000FF">肺炎</font></font>、尿路感染)、原因不明の発熱

赤血球減少(貧血)による症状

顔面蒼白、息切れ、動悸、全身倦怠感など

血小板減少による症状

皮下出血、粘膜出血、歯肉出血、消化管出血、性器出血、<font size="3"><font color="#0000FF">脳出血</font></font>など ▼<a href="http://ameblo.jp/ayaken/entry-10021744735.html" title="next page">(参照:テーマ/最新医療情報/化学療法は脳細胞も殺す)</a>

また、その他に白血病細胞の増殖により肝臓や脾臓が大きくなったり、<font size="3"><font color="#0000FF">骨や関節の痛みが出たり</font></font>、歯肉がはれたり、<font size="3"><font color="#0000FF">全身に腫瘤</font></font>(しゅりゅう:できもの)をつくったりします。
<hr>
▼<a href="http://ameblo.jp/ayaken/entry-10020381765.html" title="next page">(参照:テーマ/栄養素の基本概念・ビタミンK)</a>
▼<a href="http://ameblo.jp/ayaken/entry-10020462781.html" title="next page">(参照:テーマ/栄養素の基本概念/・ビタミンK悪者説)</a>
▼<a href="http://ameblo.jp/ayaken/entry-10020191773.html" title="next page">(参照:テーマ/お薬に付いて/血液凝固成分)</a>
▼<a href="http://ameblo.jp/ayaken/entry-10020313869.html" title="next page">(参照:テーマ/お薬と副作用/ワルファリン(抗凝固剤)と納豆・クロレラ食品との相互作用)</a>
▼<a href="http://ameblo.jp/ayaken/entry-10020314950.html" title="next page">(参照:テーマ/お薬と副作用/ワルファリンカリウム(抗凝血薬))</a>
▼<a href="http://ameblo.jp/ayaken/entry-10020189121.html" title="next page">(参照:テーマ/血液検査値解説/フィブリノゲン(血液の凝固))</a>
<hr>
▼<a href="http://ameblo.jp/ayaken/entry-10034705171.html"title="next page">(参照:血小板/PLT/血小板数 )</a>
▼<a href="http://ameblo.jp/ayaken/entry-10016896755.html" title="next page">(参照:テーマ/血液検査値解説/リン(P)、リン脂質(PL)、無機リン(IP))</a>
<hr>
▼<a href="http://ameblo.jp/ayaken/entry-10020191773.html" title="next page">(参照:テーマ/お薬について/血液凝固成分)</a>
血小板値低下の理由
▼出血など血液凝固に関与する成分はビタミンKであり、不足、欠乏すれば血液中のカルシウムやリン脂質を結合する事が出来ません。
<hr>
▼<a href="http://www.jafra.gr.jp/f24.html" title="next page">(参照:血栓溶解や骨粗しょう症予防など、納豆の機能性に注目)</a>
△カルシウムを骨に結合させる糊の役目をするたんぱく質の合成にビタミンkが関与している、とした。
<Hr>
▼<a href="http://ameblo.jp/ayaken/entry-10018506166.html" title="next page">(参照:テーマ/血清資質の概要/血液が固まりやすくなる時)</a>
▼納豆のネバネバに含まれている酵素は、人間の血栓を溶かしてくれる酵素である。血栓とは血液の中にできる血の固まりのことで血液の流れを妨げ、場所によっては脳血栓や心筋梗塞、狭心症、老人性痴呆症などの原因にもなる。 <font color="#FF0000">大豆に含まれるジピコリン酸は放射能を除去する力がある。 </font>
<hr>
▼<a href="http://nattolabo.seesaa.net/article/35037778.html" title="next page">(参照:ジピコリン酸)</a>
△納豆の魅力:ジピコリン酸抗菌性を発揮するジピコリン酸。

抗生物質の様な働きをしO-157やサルモネラ菌の防衛食品として大活躍。

また、悪玉菌をやっつけ乳酸菌などの善玉菌を増やしてくれるから腸も整い、お腹すっきり。

この、素晴らしい働きをするジピコリン酸は納豆特有の酸だそうです。
<hr>
健康維持に抜群の威力・血圧を下げる・血管をしなやかにする『植物性タンパク質』

畑の肉と言われる大豆のタンパク質は体に良いと言われる。そのわけは、血管をしなやかに して血圧を下げる働きがあるなど、牛肉などと比較して健康維持に威力がある。

タンパク質は、人間の細胞の主成分で、生命の源になる物質。人間の細胞の殆どを構成する重要な物質だが、体内で作ることは出来ない。成人男子1日の必要摂取量を大豆と牛肉で比べると大豆が283gであるのに対し牛肉は617gも摂取しなければならない。
<hr>
生の大豆は食べてはいけない!
生の大豆は消化が悪い上に毒を持っている。 大豆の毒の中で最も問題なのが『赤血球凝集素』で、その名の通り血液中の赤血球を、固まらせ内臓のいたる所に血栓と呼ばれる血の固まりができ、腸の粘膜に炎症をおこさせる。 種子である大豆は食べられると困るため、毒性物質で動物に食べられないように武装してい る。豆の毒は自然の中で生き抜いて行くための武器だった。 我々が食べている豆腐・味噌・納豆・煎り大豆などのように加熱をしてあれば大丈夫!!。
<hr>
▼<a href="http://www.f-mp.com/hunmatunatto/"title="next page">(参照:粉末納豆(納豆パウダー)</a>
粉末納豆(納豆パウダー)100%を真心でお届けします

■「粉末納豆」
納豆には、豊富な栄養が含まれているにもかかわらず、匂いや粘りのため苦手な方がたくさんいらっしゃいます。
そこで当社では、この納豆(国産大豆使用・無添加)をまるごと、100%粉末に仕上げてみました。是非食卓におひとつどうぞ!

■おいしい食べ方
ごはんやヨーグルト、なんにでもふりかけて、お好みでお試しください。
お料理に混ぜても、そのままでももちろんお召し上がれます。
※国産大豆(遺伝子組み換えでない)使用。添加物は使用しておりません。

運営者よりごあいさつ
数あるホームページの中から、ご来店ありがとうございます!
当社では例え利益がでたとしても、現在そして将来にわたり、あなた様の健康を脅かす危険性のある商品を販売することを断固拒否します。そして、お客様がご満足いただけるもの、納得できるものだけをこれからも「真心」を込めてお届けしていく決意です。
お客様とお約束します

当社商品は、もちろん万全の自信も持って販売をさせていただいており、現在大変ご好評をいただいております。

しかしながら、あなた様が「どうも気に入らない、納得できない」ということでしたらご遠慮なくメールにてお申し出下さい。返品申請用紙をお送りします。商品ご購入日より30日以内であれば、ご使用後でもご返品いただければ、全額を返金させていただきます。

さて、話題の「粉末納豆」ですが、当店では以下の4大特典をお付けして販売させていただきます。是非この機会にどうぞ^^

特典1 (特別価格) インターネット特別価格で!

今回は発売記念としまして、通常価格1890円のところ・・・インターネット特別価格 1365円(税込み)でご提供します。

是非この機会にお試し下さいね! ▲粉末納豆1袋(80g)

特典2 (2袋以上のご購入で代引き手数料無料)2袋以上のお買い上げで代引き手数料無料!
配送はヤマト運輸のコレクトサービス(代金引換)でお届けしますので、ドライバーに代金をお支払い下さい。通常代引き手数料を300円いただいておりますが、2袋以上のお買い上げで代引き手数料300円は一切無料とさせていただきます。 (※商品は1袋に80gが入っております。)

例)1袋のご注文・・・商品代金1365円+送料600円+代引き手数料300円=合計2265円
  2袋のご注文・・・商品代金2730円+送料600円+代引き手数料0円=合計3330円

特典3 (6袋以上で送料無料)
6袋まとめてのお買い上げで送料を無料!
6袋まとめてのお買い上げで送料を無料にさせていただきます。
賞味期限は8ヶ月ありますのでご友人様とごいっしょにいかがですか。
<hr>
粉末納豆で自然に代謝しダイエット!!

むやみにがんばらなくても太りにくい体質に・・・

プロバイオティクスとは、腸内細菌によい作用をする菌を食べることで、腸内環境をコントロールすることをいいます。

最近このことが健康にいかに大切か、また体の抵抗力等に影響があることが分ってきました。特に納豆菌は、乳酸菌(ビフィズス菌)等を増加・安定化させる効果がありあます。

メイティックの粉末納豆は、小さじ1杯で納豆10パックの納豆菌が、胃酸に溶けることなく確実に腸へ届き善玉菌を増やします。

しかも、わかっているだけでも数十種類の酵素を作り出し、腸内環境が改善され、免疫力が次第に高まり、あなた自身の健康な体を取り戻すお手伝いをします。

●活性酸素を除去する酵素SOD力価がゴマの23倍、小麦胚芽の16倍も含まれています。

●強力な整腸作用で便秘に効果大!

●肌を美しく、内からくる吹き出物等にも効果あり。(ホルモンバランス効果)

●ヨーグルトなどといっしょに摂ると効果バツグン!

●免疫機能にも効果!
▼<a href="" title="next page">(参照:テーマ/)</a>
<hr>
▼<a href="http://plaza.rakuten.co.jp/tanutanu3/diary/200702050000/#comment" title="next page">(参照:タヌタヌ/急性骨髄白血病)</a>
年末ひいた風邪から、いまだに咳が治まらず、体調がずっといまいちだったところに、5日位前、右の眉の上あたりに、薄黒いアザのようなものが、突然2つ出来てしまったので、「もしや血小板が少ないのでは・・・」と心配していました。私の体の中に微量に残っている白血病細胞が暴れださないよう、また明日から笑っていきたいと思います♪ 今夜は、息子たちが塾から帰ったら、デパ地下で買ったご褒美のロールケーキと生チョコを食べます
<hr>
なおなおの乳がん&骨転移日記
▼<a href="http://naonao127.jugem.jp/?eid=107#comments" title="next page">(参照:こはる1)</a>
▼<a href="http://naonao127.jugem.jp/?eid=108#comments" title="next page">(参照:こはる2)</a>
▼<a href="http://naonao127.jugem.jp/?eid=109#comments" title="next page">(参照:こはる3)</a>
▼<a href="http://naonao127.jugem.jp/?eid=110#comments" title="next page"> (参照:こはる4)</a>
全身の血液中の血小板が減ってしまって/脳内からの出血が致命的になりました。
現在私の病気に効果的な治療法はない。何処かから出血したら、それを止血させるだけに留まっている。止めてもまた何処かから出血するからいたちごっごだ。
<hr>
▼<a href="http://blog.goo.ne.jp/purupuru-001/e/19b89b3dbaed6b2103ac652c1afb4c75" title="next page"> (参照:ぷるぷる)</a>何だかいろいろと症状が発展してきてますね。
(ぷるぷる) /紫斑病になったことがあるの?大変だったね・・・今はなんでもない???私も血小板が異常に減ったときは、急性型の紫斑病だった可能性があったみたい・・・
(佳音) 私は、鼻血が止まらなかったから、耳鼻科に行って内科に行ったら、血小板が2万しかなくて、入院した。その時には、MGにはなってたけど、MGと血小板減少は共通点が無いと言われてた・・・
佳音さんの病気と血小板は関連がないんだ・・・どうしてそんなに血小板が減っちゃったんだろうね。私も鼻血が止まらなくて困った事があるよ。。。
<hr>
▼<a href="http://ameblo.jp/ayaken/entry-10029257525.html" title="next page">(参照:テーマ/治癒概念と投稿文/血小板の減少と浮腫み )</a>たんぽぽ/濾胞性
▼<a href="http://ameblo.jp/ayaken/entry-10030015281.html" title="next page">(参照:テーマ/治癒概念と投稿文/治癒概念と投稿文/血小板と随伴症状))</a>なおなお
http://ameblo.jp/ayaken/entry-10030015281.html
▼<a href="http://ameblo.jp/ayaken/entry-10030106997.html" title="next page">(参照:テーマ/治癒概念と投稿文/血小板の推移と変動①</a>
<hr>
▼<a href="" title="next page"> (参照:)</a>
▼<a href="" title="next page"> (参照:)</a>
▼<a href="" title="next page"> (参照:)</a>