au xoom


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

au版XOOMのunlock化とroot化


unlock


1.PCとXOOMを接続します。
2.コマンドプロンプトを立ち上げ、以下のコマンドを実行します
  adb reboot bootloader
3.XOOMが以下の画面で起動します
4.コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行します
  fastboot oem unlock
5.文字がずらずらっと出てきます。
Vol-で決定 Vol+で項目変更です。
(作業をやめる場合はCancelの表示でVol-を押します。
その後Vol+と電源で強制リセットができます)
Vol+でI AcceptにしVol-で決定します
6.本当にするのか確認項目が出てきます。Yesを選択します。
7.unlockが実行されます。
8.unlockが完了すると、コマンドプロンプトが入力可能になります。
9.同時にXOOMに再起動されたら完了です。


root化

1.XOOM Root zipをここからダウンロードする
http://www.tama64.com/data/xoomroot.zip

2.zipファイルを展開する。
3.XOOMを接続し、コマンドプロンプトを起動する
4.zipファイルを展開したフォルダに移動し、以下のコマンドを実行する
  adb reboot bootloader
5.XOOMが再起動するので、以下のコマンドを実行する
  fastboot flash boot boot.img
6.以下のコマンドを実行し、XOOMを再起動する
  fastboot reboot
7.以下のコマンドを実行し、/systemをマウントする
  adb remount
8.以下コマンドを実行しbcm4329.koを転送する
  adb push <ZIPを展開したDir>\system\lib\modules\bcm4329.ko /system/lib/modules/bcm4329.ko
9.以下コマンドを実行しcifs.koを転送する
  adb push <ZIPを展開したDir>\system\lib\modules\cifs.ko /system/lib/modules/cifs.ko
10.以下コマンドを実行しtun.koを転送する
  adb push <ZIPを展開したDir>\system\lib\modules\tun.ko /system/lib/modules/tun.ko
11.以下コマンドを実行しscsi_wait_scan.koを転送する
  adb push <ZIPを展開したDir>\system\lib\modules\scsi_wait_scan.ko /system/lib/modules/scsi_wait_scan.ko
12.以下コマンドを実行しvold.fstabを転送する
  adb push <ZIPを展開したDir>\system\etc\vold.fstab /system/etc/vold.fstab
13.以下のコマンドを実行し、su実行ファイルを転送する
  adb push <ZIPを展開したDir>\su /system/bin
14.以下のコマンドを実行し、シンボリックリンクを張る
  adb shell ln -s /system/bin/su /system/xbin/su
15.以下のコマンドを実行し、パーミッションを変更する
  adb shell chmod 4755 /system/bin/su
16.以下のコマンドを実行し、superuser.apkを転送する
  adb push <ZIPを展開したDir>\Superuser.apk /system/app
17.以下のコマンドを実行して、XOOMの再起動を行う
  adb reboot
18.再起動が完了したら、以下のコマンドを実行する
  adb shell
 #とコンソールに出ればOK。
19.XOOMにsuperuserがインストールされていれば完了です。








































.
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。