Galaxy S3t


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 今回参考にしたのはXDAフォーラムではなく、その名もズバリ“Root Galaxy S3”なるサイト(リンクは記事最下に記載)。もう全部載ってます。英語ですが。ファームウェアなんかも置いてありますね。

 まず最初に、GALAXY S IIIのPC用ドライバーをインストールするため、サムスンのサイトからデスクトップ連携ソフト『Kies 2.3』をダウンロードしてインストールします。このインストール、異様に時間かかりますので覚悟を。ドライバーほしいだけなのになぁ……。

 続いて“CWM Recovery”をGALAXY S III本体にインストールいたします。そのために、PCにOdin 3.04をダウンロード&インストールします。続いて“CF-SGS3-CWM-v5.5-v1.0.zip”をダウンロード。解凍してCF-SGS3-CWM-v5.5-v1.0.tarにしておきます(いずれのファイルも“Root Galaxy S3”から入手可能)。

1. GALAXY S IIIの本体設定で、USBデバック(開発メニューにあり)をオンにし、電源をオフにします。その後、一度バッテリーを抜きます。

2. 音量ボタンの下とホームボタンを押しながらGALAXY S IIIの電源を入れます。




3. PCでOdin 3.04を起動します。

4. GALAXY S IIIをPCにUSB接続します。

5. Odinの画面の左上にCOMポートの表示が現われるのを待ちます。現われない場合、GALAXY S IIIのUSBデバックがオンになっていないか、PCにKiesがインストールされていないか、その両方の場合が考えられます)。



6. Odinの画面の右下のほうにある“PDA”をクリックし、”CF-SGS3-CWM-v5.5-v1.0.tar“ファイルを指定します(ZIPから解凍しておかないとダメです)。



7. Odinの画面の下にある“Start”をクリック。処理が完了すると、GALAXY S IIIが自動で再起動します。


 以上でCWM Recoveryの導入は完了です。続いて本題のroot化を。

1. “CWM-SuperSU-v0.89.zip”をダウンロードします。今度は解凍の必要はございません。

2. “CWM-SuperSU-v0.89.zip”をPC経由でGALAXY S IIIのSDカード(または本体ストレージ)にコピーします。

3. GALAXY S IIIの電源をオフにします。

4. 音量ボタンの、今度は上とホームボタンを押しながら、GALAXY S III本体の電源をオンにします。CWMリカバリーモードで起動します。

5. 音量ボタンの上下で項目を選択、電源ボタンで実行できます。まず、“Install Zip From SdCard”を。



6. 続いて”Choose zip from SDCard“を。

7. “CWM-SuperSU-v0.89.zip”を選択。

8. “Yes- Install CWM-SuperSU-v0.89.zip”を選択。

9. インストールが開始。数秒で完了します。



10. 再起動して終了(メニューを戻るとrebootが出てきます)。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。