Galaxy Tab 10.1 SC-01D


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Galaxy Tab 10.1 SC-01D のroot化まとめ



1 ソフトウェア更新とsystemのイメージファイルの取得
Kiesを使ってアップデートすると、%TEMP%ディレクトリーに
新たなディレクトリーが作成され、その中に

   SC01DOMKJ7_SC01DDCMKJ7_SC01DOMKJ7_HOME.tar.md5

というファイルができます。このファイルを抜いておきます。
このファイルはtarアーカイブフォーマットなので、リネームして展開します。
すると、system.img.ext4というファイルができます。
これがシステム・パーティションのイメージファイルです。

もしすでにアップデートしてしまっている場合は、Check Fusでダウンロードできます。


2 systemイメージにSuperuser.apkとsuを組み込む

system.img.ext4をLinux環境にコピーします。
このファイルを書き換えるためにはループバックでマウントできる形式に
変換しなければいけません。そのためにext4_utilsを使います。

ext4_utilsを使い、system.img.ext4をループバックでマウントできるイメージファイルに
変換します。そして、適当なところにマウントし、app/Superuser.apkとbin/suをコピーします。
オーナー・グループはいずれもrootで、アクセス権限はそれぞれ「644」と「4755」です。

ファイルをコピーしたら、ext4_utilsを用いて、イメージファイルを作成します。


3 ODIN用ファイルの作成

イメージファイルができたら、

   tar --format=ustar -cf FOO.tar system.img.ext4
   md5sum -t FOO.tar >> FOO.tar
   mv FOO.tar FOO.tar.md5

のようにしてodin3用のファイルを作成します。
これをodin3のPDAに指定して書き込みます。

これで、ドコモ公式ファームのroot化ができます。






ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。