XPERIA GX


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Xperia GX SO-04Dのroot化


■PC側準備
1. Android SDKを導入
http://developer.android.com/sdk/index.html
2. 「たとえばこんな日は」さん提供のツールをダウンロード
http://www.mediafire.com/?v8nanz2f4s4d16m
3. ダウンロードしたrootkitGXSX.7zを解凍する(c:\rootkitGXSX とします。)

■Xperia GX SO-04D, SX SO-05D側準備
1. 設定, 開発者オプション, USBデバッグと進み、「USBデバッグ」をオンにする
2. PCにUSBケーブルで接続


■root化の開始

※root化はメーカーサポート適応外の作業です。パソコンやスマートフォンに問題が生じても全て自己負担となる可能性があります。
リスクが大きいので本当に必要かどうかを充分検討して自己責任で実施してください。

1. rootkitGXSXのpush.batを実行

2. rootkitGXSXのreadme_goroh_kun.txtの内容に沿って、(1)~(8)まで実施。(最後にXperiaが再起動されます。)

3. rootkitGXSXのreadme_tkymgr.txtを開く

4. コマンドプロンプトで、adb shell実行
⇒readme_tkymgr.txtの1つ目の「 sync;sync;sync」から3つ目の「 sync;sync;sync 」の前まで(※2)をコピーして、コマンドプロンプトに張り付けて、エンター。Xperiaが再起動します。

5. コマンドプロンプトで、adb shell実行
⇒readme_tkymgr.txtの3つ目の「 sync;sync;sync」から5つ目の「 sync;sync;sync 」の前まで(※3)をコピーして、コマンドプロンプトに張り付けて、エンター。Xperiaがまた再起動します。

6. 同様に、readme_tkymgr.txtの5つ目の「 sync;sync;sync」から「/system」まで(※4)をコピーして、コマンドプロンプトに 張り付けて、エンター。Xperiaがまたまた再起動します。

7. 同様に、readme_tkymgr.txtの残り部分「 echo」から「 reboot」まで(※5)を実行。

8. コマンドプロンプトで、adb shell実行
⇒下記実行
su
rm /data/local.prop
reboot















.
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。