ソビエト軍兵器_SW

ソ連軍兵器_SW



目次


陸上兵器



軽戦車


1番席 46口径45mm戦車砲(110発) 7.62mm機関銃(60発×35)

コメントは最新10件が表示されます
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


1番席 46口径45mm戦車砲(165発) 7.62mm機関銃(60発×35)


コメントは最新10件が表示されます
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

1番席 DShK38重機関銃(50発×?) 7.62mm機関銃(60発×?)
2番席 砲撃要請
3番席
4番席

12.7mm重機関銃を主武装とする水陸両用戦車です。
装甲、火力ともに軽戦車以下で機動力も凡庸なため、直接的な戦力としては装甲車にすら劣る程度のものでしかありません。
しかし、その最大の武器は水上航行能力です。これを活かして敵防御網背後の無防備な拠点を突くこことが出来れば、戦局をひっくり返すことも十分可能です。

コメントは最新10件が表示されます
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

#ref error : ファイルが見つかりません ()
T-40に23mm機関砲を搭載した車両です。
この機関砲はIL-2のものより弱装であり、発射速度、装甲貫通力ともに大幅に劣っていますが、それでも敵中戦車の側面装甲を垂直であれば撃ち抜ける程度の火力は備えています。
12.7mm機関銃搭載型では全く対処不能であった相手にも噛み付くことができるようになり、奇襲戦術の幅が広がっています。

コメントは最新10件が表示されます
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


中戦車


1番席 23.7口径76.2mm戦車砲L-10(69発) 7.62mmDT機関銃(60発×?)
2番席 7.62mm機関銃(60発×?)
3番席 7.62mm機関銃(60発×?)
4番席 7.62mm機関銃(60発×?)
5番席 7.62mm機関銃(60発×?) 砲撃要請
6番席 タンクデサント

大柄な車体に76mm砲と銃塔2基を備えた多砲塔戦車です。
本車の主砲はT-35重戦車のものに比べて若干長砲身であるため、同年代の戦車に対しては正面からほぼ対応可能な火力を備えています。
防御面に関しては、“食事の角度”戦術を用いても37mm対戦車砲に拮抗するのが精一杯でしかありませんので、一箇所に身を置いての防御戦闘など試みようものなら、
そのまま6人兄弟の墓碑となる結末を免れません。
強力なエンジンによる機敏さと乗員の多さ、銃塔による制圧力を活かした奇襲的な機動突破戦術こそが、本車の最も得意とするところです。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


全周に20~30mm程度の増加装甲を貼り付けたT-28です。
この強化により37mm対戦車砲に対しては全周でほぼ拮抗し、さらに傾斜効果を合わせれば5cm対戦車砲にも耐えられるようになりました。
機動力は幾分低下していますが、緒戦の防御戦闘にはむしろ適していると言えます。なお、この車両にも85mm砲、95mm砲搭載タイプが用意されています。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

1番席 85mm F-30戦車砲(48発) 7.62mm機関銃(60発×?)
2番席 7.62mm機関銃(60発×?)
3番席 7.62mm機関銃(60発×?)
4番席 7.62mm機関銃(60発×?)
5番席6番席 タンクデサント

T-28中戦車をベースに高射砲と同系列の85mm砲を搭載した車両です。
対戦車能力が大幅に強化されていますが、登場時期の関係から、それ程の火力が必要になる相手と相対することはあまり無いかもしれません。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

1番席 95mm F-39戦車砲(32発) 7.62mm機関銃(60発×?)
2番席 7.62mm機関銃(60発×?)
3番席 7.62mm機関銃(60発×?)
4番席 7.62mm機関銃(60発×?)
5番席 7.62mm機関銃(60発×?) 砲撃要請
6番席 タンクデサント

95mm級という珍しい口径の砲を搭載したT-28中戦車です。この砲は比較的大口径ではありますが、榴弾砲ではなく野砲に属するもので、少々中途半端な特徴を持ちます。
ただ、同時代の敵戦車の装甲厚を考えれば、むしろ85mm砲よりもマッチしているとも言えます。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


1番席 85mm L-10戦車砲(69発) 7.62mm機関銃(60発×?)
2番席 7.62mm機関銃(60発×?)
3番席 7.62mm機関銃(60発×?)
4番席 7.62mm機関銃(60発×?)
5番席 7.62mm機関銃(60発×?) 砲撃要請
6番席 タンクデサント
派生車両としてT-29-85,T-29-95が存在
順から85mm砲、95mm砲搭載。転輪以外は見た目はT28-85(95)と同じ。

T-28中戦車をベースにクリスティ式サスペンションを搭載するなどの改造を施した快速中戦車です。
最高速度がBT快速戦車並にまで強化された一方、装甲厚はもとのT-28からさらに薄くなっています。
他にも、車体の長さから旋回性に難点を抱える、重量故に一度失った速度の回復が遅いなど、かなりピーキーな車両です。
最高速度を活かし、敵の予測の外側からの致命的な一撃で決着をつけることが求められます。
85mm砲、95mm砲搭載タイプはこの車両にも用意されており、これらは火消し役の快速火力支援車両としても活用できるかも知れません。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


1番席 41.5口径76.2mm戦車砲(76発) 7.62mm機関銃(60発×35)
2番席 7.62mm機関銃(60発×35)
3番席
4番席

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


1番席 51.6口径85mm戦車砲(60発) 7.62mm機関銃(60発×35)
2番席 7.62mm機関銃(60発×35)
3番席
4番席


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


1番席 ZIS-2 57mm対戦車砲(82発) 7.62mm機関銃(60発×35)
2番席 7.62mm機関銃(60発×35)
3番席
4番席

ZIS-2を戦車砲に改修して搭載した駆逐戦車です。
1943年までの段階ではティーガー戦車に対抗できる唯一の手段となりますが、元のZIS-2同様に遠距離戦闘には向いていません。
T-34の持ち味である機動力を活かして、至近距離から虎の眉間を打ち砕いてやりましょう。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

重戦車


1番席 39口径76.2mm戦車砲F-32×1 (111発) 7.62mm機関銃(60発×35)
2番席 7.62mm機関銃(60発×35)
3番席 7.62mm機関銃(60発×35)
4番席
5番席

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


1番席 39口径76.2mm戦車砲F-32×1 (111発) 7.62mm機関銃(60発×35)
2番席 7.62mm機関銃(60発×35)
3番席 7.62mm機関銃(60発×35)
4番席
5番席

増加装甲付のKV重戦車です。
元々75mmある装甲の上に35mmもの増加装甲を施しているため、88mm砲の直撃にも耐えることができますが、
装甲の追加によって速度が低下しており、また増加装甲に覆われていない部分もあるため、油断は禁物です。
コメントは最新10件が表示されます
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

1番席 41.5口径76.2mm戦車砲ZIS-5×1 (98発) 7.62mm機関銃(60発×35)
2番席 7.62mm機関銃(60発×35)
3番席 7.62mm機関銃(60発×35)
4番席
5番席

増加装甲を廃し、基本装甲を増厚したKV重戦車です。
KV-1Eのように部分的な弱点が無くなっており、恐ろしいまでの堅牢性を誇ります。
しかし、全周に装甲を追加したため重量が増大し、最高速度がKV-1E以上に低下しているため、
立ち回りに気をつけないと前線の移動に取り残されて唯一の弱点である背後を刺されてしまうかも知れません。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

1番席 41.5口径76.2mm戦車砲ZIS-5×1 (98発) 7.62mm機関銃(60発×35)
2番席 7.62mm機関銃(60発×35)
3番席 7.62mm機関銃(60発×35)
4番席
5番席

重量が増えすぎて運用に支障が生じてきたことを改善するため、装甲厚を削って機動力を復活させたKV重戦車です。
強力なエンジンのおかげで並みのドイツ戦車より高い最高速度を手に入れることが出来ましたが、
強みであった装甲厚を失い、火力も進歩していないため、今ひとつ取り得のない戦車になっている感も否めません。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

1番席 85mm/L51.6 D-5T戦車砲 (71発) 7.62mm機関銃(60発×35)
2番席 7.62mm機関銃(60発×35)
3番席 7.62mm機関銃(60発×35)
4番席
5番席

IS-1重戦車の砲塔を搭載したKV重戦車で、これまでKV重戦車の難点であった火力が大幅に改善されています。
車体はKV-1Sと同じ物が使われていますが、重たい砲塔の為に重量軽減の効果が相殺されてしまっており、
初期型KV-1と同じ程度の最高速度を出すのが精々となっています。
砲塔はIS重戦車と同じなので比較的装甲が厚く、一方で車体の防御力はもちろんKV-1Sと同じなので、
車体に砲弾を受けないように位置取りに注意して運用しなければなりません。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

1番席 45mm戦車砲 (115発) 火炎放射器(1700)
2番席 7.62mm機関銃(60発×35)
3番席 7.62mm機関銃(60発×35)
4番席
5番席

KV-1Sをベースとした快速火炎放射戦車で、KV-8の上位互換的な性能を備えています。
他のKV-1よりは脆弱であるとは言え、火炎放射戦車としては最高の防御力と比較的良好な馬力が与えられているので、
脚と硬さを活かして前線で積極的に放火活動に勤しむことができます。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

1番席 122mm U-11榴弾砲 (63発) 7.62mm機関銃(60発×35)
2番席 7.62mm機関銃(60発×35)
3番席 7.62mm機関銃(60発×35)
4番席
5番席

KV-1 1942年型をベースにした火力支援車で、122mm榴弾砲を搭載しています。
Ⅳ号戦車F1や105mm砲搭載シャーマンと同様に、歩兵の掃討に非常に効果的です。
元車両と同様に極めて高い次元の全周防御を備えており、市街戦などでも先陣を担って進むことができますが、
122mm榴弾砲は再装填に時間がかかるため、リロードの合間を突かれないようにバックアップを用意したほうが良いでしょう。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

1番席 46.3口径122mm戦車砲 (24発) 7.62mm機関銃(60発×35)
2番席 7.62mm機関銃(60発×35)
3番席 7.62mm機関銃(60発×35)
4番席
5番席

IS-2重戦車の砲塔を搭載したKV重戦車です。
KV-1重戦車の系列としては最も高い火力を備えていますが、砲の重量によって最高速度はKV-85よりさらに低下し、
また防御力も特に改善されておらず、最早KV-1としては改良の限界に達した車両と言えます。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

1番席 20口径152mm榴弾砲(36発) 7.62mm機関銃(60発×35)
2番席 7.62mm機関銃(60発×35)
3番席 7.62mm機関銃(60発×35)
4番席
5番席

コメントは最新10件が表示されます
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

1番席 85mm/L54.6 F-39戦車砲 (94発) 7.62mm機関銃(60発×35)
2番席 7.62mm機関銃(60発×35)
3番席 7.62mm機関銃(60発×35)
4番席
5番席

85mm砲のテストベッドになったKV-2重戦車です。
火力自体はT-34/85などの85mm砲と変わらず、大きな砲塔による被弾率の高さなど弱点も多いのですが、
T-34/85よりも格段に早く開発されたため、大戦初期の戦場に参戦できる強みがあります。

コメントは最新10件が表示されます
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

1番席 107mm/L48.6 Zis-6戦車砲(73発) 7.62mm機関銃(60発×35)
2番席 7.62mm機関銃(60発×35)
3番席 7.62mm機関銃(60発×35)
4番席
5番席

次期重戦車の主砲として見込まれた107mm砲を試験的に搭載したKV-2重戦車です。
KV-2-85よりさらに高い火力を備えていますが、長砲身のために砲塔の前後バランスが悪く、 砲塔旋回速度に少し問題があります。

コメントは最新10件が表示されます
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


1番席 48.6口径107mm Zis-6戦車砲 (55発) 7.62mm機関銃(60発)
2番席 砲撃要請
3番席 7.62mm機関銃(60発)
4番席 PPSh-41短機関銃 (戦車車体左右2挺+後方1挺)
5番席&6番席 タンクデサント

重装甲と強力な火砲・大馬力のエンジンを持った重戦車です。
登場年代が早いため、出現当初はほとんど無敵の強さを発揮できるでしょう。
但し、車幅に比べて車体長がかなり長く旋回性能に難があるので、付け入る隙も無いではありません。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

1番席 16.5口径76.2mm戦車砲(96発) 7.62mm機関銃(60発×35)
2番席 42口径45mm戦車砲(?発) 7.62mm機関銃(60発×35)
3番席 敵戦車の方角を指示 声
4番席 7.62mm機関銃(60発×35)
5番席 42口径45mm戦車砲(?発) 7.62mm機関銃(60発×35)
6番席 7.62mm機関銃(60発×35)

多数の砲塔を載せた巨大な多砲塔戦車です。
装甲は薄く砲も強力ではありませんが、車体の大きさを考慮して耐久力が高く設定されています。
対歩兵には極めて有効ですが、単独で敵の戦車に遭えば最後、6人兄弟の墓石となるでしょう。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


1番席 122mmD-25T L/43 加農砲(28発) 7.62mm機関銃(60発×35)
2番席 12.7mm重機関銃DShk(50発)
3番席 7.62mm機関銃(60発×35)

コメントは最新10件が表示されます
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


自走砲


1番席 41.9口径76mm加農砲(60発)

コメントは最新10件が表示されます
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

1番席 122mm榴弾砲(40発)
2番席
3番席

T-34中戦車をもとにした突撃榴弾砲です。
それなりの装甲と速度、そして範囲効果の優れた主砲を併せ持ち、突撃時の火力支援に適しています。
榴弾のほかに対戦車榴弾を選択できる場合もありますが、低初速なので対戦車戦闘には不向きです。

コメントは最新10件が表示されます
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

1番席 ?口径122mm榴弾砲(40発)
2番席
3番席


SU-85の車体に122mm榴弾砲を搭載した突撃榴弾砲です。
基本的な性能はSU122と特に変わりませんが、若干俯角が効くようになって伊ます。

コメントは最新10件が表示されます
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

1番席 ?口径122mm榴弾砲(40発)
2番席
3番席
4番席
コメントは最新10件が表示されます
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

1番席 51.6口径85mm戦車砲(48発)
2番席
3番席

SU-122をベースとした対戦車自走砲です。早い時期に85mm砲を戦場に届けてくれる存在であり、敵重戦車への対処に重宝するでしょう。
機関銃を持たず、また砲の旋回範囲が限られているので、歩兵の肉薄攻撃には注意する必要があります。

コメントは最新10件が表示されます
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


1番席 51.6口径85mm戦車砲(48発)
2番席
3番席
4番席

100mm砲の不足を補うために、代わりに85mm砲を搭載した車両です。
それほど強力な車両ではありませんが、同じ砲を積んでいるT-34/85よりは頑丈で、突破戦に適しているでしょう。

コメントは最新10件が表示されます
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


1番席 28.8口径152mm加農砲(20発)
2番席
3番席

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


1番席 203mm B-4

KV重戦車にB-4 203mm榴弾砲を搭載した自走砲です。
火砲としての能力に変化はありませんが、機動力の大幅な改善により、B-4得意の絶命直射戦術がさらに強化されています。
本車にはセカンダリ攻撃ボタンによるトレーサーも用意されており、これは間接射撃における諸元算定だけでなく、直射時の初弾命中のためにも活用することができます。
装甲に関しては、KV譲りの車体だけは強固ですが、上半分はB-4そのままであり防御力は全く期待できません。
ただの榴弾砲として間接射撃に徹するだけでは惜しい車両なので、最前線の一歩手前で大火力支援も兼任すると良いでしょう。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

自走式多連装ロケットランチャー


1番席
2番席 132mmロケット弾(8×2発×

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

BM-31-12アンドリューシャ

1番席
2番席 300mmロケット弾M-31(12発×2)

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

BM-8-24

1番席
2番席 82mmロケット弾(24発×2)

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


非装甲車両

ZIS22

1番席
2番席

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

その他車両

ISU-T重トラクター

1番席 味方戦車の修理
2番席 12.7mm重機関銃DShk(50発) 砲撃要請
3番席~6番席

ISU突撃砲から主砲を取り払い重牽引車に改造した車両です。
この車両は戦車回収車としても用いられた為、味方車両の修復機能が与えられています。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
メニュー






MOD Info


<<海外MOD>>

<<国内MOD>> (Made in Japan)



技術情報


その他


訪問者
統計 -
今日 -
昨日 -

最近の更新

取得中です。