BF1918の兵科

ここでは、BF1918に登場する兵科・武器を紹介する。

登場兵科

BF1918には偵察兵、小銃兵、援護兵、工兵の4種類の兵科が標準で登場する。
これに加えてマップにより指揮官もしくは衛生兵のどちらかが登場する。

偵察兵


ノーマルと同じく、スコープつきの狙撃銃と砲撃要請用の双眼鏡を持つ。
あくまで砲撃要請により火力支援を補助するのが仕事であって、狙撃ではない。

<所持武器>
1番:ナイフ
2番:双眼鏡
3番:狙撃銃

小銃兵


強力なボルトアクション式小銃を持ち、前線を駆け巡る戦場の主役。
小銃には銃剣が装備されているので接近戦でも強い。

<所持武器>
1番:スコップ
2番:銃剣(小銃発射可能)
3番:小銃
4番:手榴弾

援護兵


強力な機関銃を持ち、援護射撃により味方を支援する。
機関銃は基本的に伏せ撃ちでないと当たらず、また照準が閉じるのも遅い。

<所持武器>
1番:ナイフ
3番:機関銃
4番:手榴弾

工兵


カービン銃(英軍は普通の小銃)とスパナ、投擲距離は短いが強力な手榴弾を持つ。
同盟軍の収束手榴弾は時限式だが、連合軍の手榴弾は着発式である点に注意。

<所持武器>
1番:ナイフ
2番:スパナ
3番:カービン銃
4番:工兵用手榴弾

指揮官


砲撃要請用の双眼鏡と拳銃、回復パックを持つ。
回復パックは一瞬で体力を回復させるが、一回しか使えない。。

<所持武器>
1番:ナイフ
2番:双眼鏡
3番:拳銃
4番:回復パック

衛生兵


カービン銃(英軍は普通の小銃)と回復パックを持つ。
回復パックはFHのものと同じくゲージが回復することは無い。

<所持武器>
1番:スコップ
3番:カービン銃
4番:手榴弾
5番:回復パック

登場武器

銃剣(ナイフ)

Bayonet Pattern 1907(英)

イギリス軍の銃剣。

Lebel Bayonet Mle1886/93/16(仏)

フランス軍の銃剣。

M98(独)

ドイツ軍の銃剣。

Bajonett90(ト)

トルコ軍の銃剣。

手榴弾

No.5 Mills Bomb(英)

イギリス軍の手榴弾。

Grenade Mle1914(仏)

フランス軍の手榴弾。

Stiehandgranate 15(独)

ドイツ軍の手榴弾。

"CricketBall"手榴弾(ト)

トルコ軍の手榴弾。

拳銃

Webley Mark.VI(英)

イギリス軍の拳銃。

7mm Ruby(仏)

フランス軍の拳銃。

ルガーP08(独)

ドイツ軍の拳銃。

モーゼルC96(ト)

トルコ軍の拳銃。

小銃

リー・エンフィールドNo.1 Mk.Ⅲ(英)

イギリス軍の小銃。

Lebel Mle1886/93(仏)

フランス軍の小銃。

Gewehr 98(独)

ドイツ軍の小銃。

Gewehr 93(ト)

トルコ軍の小銃。

狙撃銃

基本的に各国の小銃にスコープをつけたものである。
各々の性能は上記の「小銃」の項目で確認されたし。

機関銃

ルイス軽機関銃(英)

イギリス軍の軽機関銃。
47連発。

ショーシャ軽機関銃

フランス軍の軽機関銃。
20連発。

MG08/15(独、ト)

同盟軍の軽機関銃。
100連発。

カービン銃

Berthier Mle1892/16騎兵銃(仏)

フランス軍のカービン銃。

Karabiner 88(独、ト)

同盟軍のカービン銃。

工兵用手榴弾

No.2 Mark.Ⅱ PercussionGrenade(英)

イギリス軍の工兵用手榴弾。
着発式。

No.34 Mark.Ⅲ(仏)

フランス軍の工兵用手榴弾。
着発式。

GeballteLadurg(独、ト)

同盟軍の工兵用手榴弾。
時限式。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
メニュー






MOD Info



<<海外MOD>>

<<国内MOD>> (Made in Japan)


技術情報


その他


訪問者
統計 -
今日 -
昨日 -