アンガウルの戦い_SW

アンガウルの戦い-BATTLE OF ANGAUR-


歴史的背景

アンガウルの戦い(Battle of Angaur)は第二次世界大戦におけるパラオ-マリアナ戦役最後の戦い。
当時パラオ防衛は第14師団(宇都宮)が担当していたが、アンガウル島防衛に当たっていたのは第14師団配下の宇都宮歩兵第59連隊第1大隊であった。
第14師団はペリリュー島守備のため1個連隊(水戸歩兵第2連隊と高崎歩兵第15連隊第3大隊)を割いており、
パラオ本島の防衛も行わなければならなかったため、防衛に十分な兵力をアンガウルに送ることができなかった。
米軍の侵攻が明白になると、帝国陸軍は現地住民をアンガウル島外へ脱出させようと企図したが間に合わず約200名が取り残され戦闘に巻き込まれることとなった。
米軍の目的は爆撃機のための飛行場の建設であった。
<Wikipediaより>


戦闘の流れ

日本軍側視点


戦力


アメリカ軍

  • 陸上兵器
M4シャーマン中戦車
LVT4
LVTA4
ウィリー
2ポンド 対戦車砲
6ポンド 対戦車砲
ボフォース 40mm機関砲

  • 海上兵器
ライオン級巡洋戦艦 ライオン
エセックス級航空母艦 ワスプ
補給艦 ジョン・フィスケ
LCT mk5
エルコ80 魚雷艇

  • 航空兵器
F6F ヘルキャット
TBF アヴェンジャー

日本軍

  • 陸上兵器
九五式軽戦車 ハ号
九七式中戦車 チハ
九五式偵察車 黒金
迫撃砲
三八式 75mm野砲
八八式 75mm高射砲
九六式 25mm高角機銃
5インチ砲台

  • 海上兵器
38式魚雷艇

  • 航空兵器
二式水上戦闘機

コメント

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル
メニュー






MOD Info


<<海外MOD>>

<<国内MOD>> (Made in Japan)



技術情報


その他


訪問者
統計 -
今日 -
昨日 -

最近の更新

取得中です。