エドソンズ・リッジの戦い_SW

エドソンズ・リッジの戦い-BATTLE OF EDSON S RIDGE-


歴史的背景

実質的な第1次総攻撃(米国名「血染めの丘(エドソンの丘)の戦い」Battle of Edson's Ridge)が行われたのは13日の夜半から14日の未明にかけてである。12日から14日に至る間、川口支隊の左翼隊とその後詰の舞鶴大隊は米軍の集中砲火の前に前進を阻まれ戦いに至らず、各隊は鉄条網と火線を越えられずに散発的な戦いのみに終始した。

激戦となった中央隊左翼を担当した田村昌雄少佐率いる青葉大隊の一部が、中央隊右翼国生大隊のアメリカ軍陣地の第一線を突破し、さらに3個中隊のうちの1個中隊がムカデ高地の端からヘンダーソン飛行場南端に達し、付近の建設中の倉庫などの拠点を確保した。だが、混戦のすえに日本軍は敗走した。日本軍はアメリカ軍を5,000名と判断していたが、実際には18,000名に増強されていた。

この戦闘による川口支隊の戦死者・行方不明者は約700名で、一木支隊と比べれば損耗率は低かったが、激戦となったのは国生大隊と田村大隊の2個大隊だけであり、国生少佐、水野少佐を含め中隊長クラスの幹部将校が落命した。また、再起を画してアウステン山からマタニカウ川西岸にかけて負傷者を含めた5000名余りが駐屯することになり、兵站線の細い日本軍は、以後食料・弾薬の補給不足が深刻化し、以後ガダルカナル島(ガ島)はさながら「餓島」の様相を呈することになる。
<Wikipediaより>


マップの特徴

装備の尽きた日本軍がアメリカ軍陣地に玉砕する一風変わったマップ
雰囲気マップのようだが以外とガチ。
M1919機銃の運用がカギかもしれない。


戦闘の流れ


アメリカ軍

M1919重機関銃がリスポン地点となっている、射手は迫りくる大量の相手に夢中になりがちだが時間を見計らって落りること
刀や銃剣で斬りかかってくる日本兵相手にこちらはなるべく近距離戦に持ち込まないようにしよう、せっかく銃を持っているのに意味が無い。
スプリングフィールドを手に中距離で各個撃破していこう。乱戦に持ちこまれるとマズイ。
西側から本陣であるテントを目指してくる事が多い。
MAPの非戦闘区域から時間ギリギリまで入ってくる相手にも注意。
M2A1野砲で砲撃してもいいがあんまり活躍しているとこをみたことない。
テントにはトミーガンとジョンソン機関銃が置いてある、近距離、中距離相手なら無双できるかもしれない。

日本軍

銃弾の数は5発、予備は無い、とにかく固まって突撃あるのみ。
ベースに百式機関短銃のキットと九九式破甲爆雷のキットがある。後者の方はM1919重機関銃が設置されている陣地に放り投げる任務がある。
前者はセカンダリで突撃ラッパが鳴らせる。
とにかく乱戦に持ち込もう、軍刀が強い。距離があるならライフルを使ってもいいがなるべく敏速に済ませること、狙撃される。
突撃しないで狙撃に夢中になっていると各個撃破される、とにかく突撃が大事、乱戦を起こそう。
テント前で乱戦が何度も起こせれば勝利は見えてくる。



戦力


アメリカ軍

  • 陸上兵器
75mm野砲M2A1
M1919A4(固定)
  • 海上兵器
なし
  • 航空兵器
なし

日本軍

  • 陸上兵器
なし
  • 海上兵器
なし
  • 航空兵器
なし

コメント

  • 日本側に擲弾筒と軽機のキットが欲しい -- 名無しさん (2008-10-05 11:55:01)
  • 精神さえあれば軽機などいらん! -- 名無しさん (2008-10-05 12:21:29)
  • 米軍はガーランドじゃないのか -- 名無しさん (2009-01-25 15:18:13)
  • がダルカナル島の戦いの時の海兵隊はまだ全部隊に -- 名無しさん (2009-01-25 17:11:11)
  • M1が無かった。 -- 名無しさん (2009-01-25 17:12:23)
名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
メニュー






MOD Info



<<海外MOD>>

<<国内MOD>> (Made in Japan)


技術情報


その他


訪問者
統計 -
今日 -
昨日 -

最近の更新

取得中です。