ブーゲンビル航空戦_SW

ブーゲンビル航空戦-BATTLE OF BOUGAINVILLE-



歴史的背景


アメリカ軍はラバウルの孤立化を目指すカートホイール作戦を発動した。8月5日にニュージョージア島のムンダ飛行場が米軍の手に落ち、10月にはコロンバンガラ島からの撤退を余儀なくされた。 ルンガ泊地の米軍艦隊は次第に数を増しており、次に攻撃されるのがブーゲンビル島であることは明白であった。日本軍は大発などを駆使してブーゲンビル島へ物資を送り込んだ。
<Wikipediaより>


戦闘の流れ


戦力

アメリカ軍

  • 陸上兵器
ウィリー ジープ
ボフォース M1936
3インチ砲
ブローニング M2 重機関銃

  • 海上兵器
ギアリング級駆逐艦 ギアリング
アトランタ級軽巡洋艦 サン・ディエゴ
エセックス級航空母艦 バンカー・ヒル

  • 航空兵器
B-25 ミッチェル
F6Fヘルキャット
F4F-4 ワイルドキャット
F4U-1A コルセア
P-38G ライトニング
SBD ドーントレス
TBF アヴェンジャー

日本軍

  • 陸上兵器
八八式七糎半野戦高射砲
九五式小型乗用車「黒金」
九六式二十五粍高角機銃

  • 海上兵器
なし

  • 航空兵器
零式艦上戦闘機二二型
零式艦上戦闘機二二型甲
一式陸上攻撃機
二式複座戦闘機 屠龍
九七式艦上攻撃機
九九式艦上爆撃機

コメント

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル
メニュー






MOD Info



<<海外MOD>>

<<国内MOD>> (Made in Japan)


技術情報


その他


訪問者
統計 -
今日 -
昨日 -