DCRのマップ

■Aberdeen

おなじみアバディーンだが、アメリカ攻撃のアサルトマップになっている。
オーソドックスな機甲戦が楽しめる。



■Bridge Crossing

耐久で使われる有名マップ。ただし構造と登場兵器が若干異なる。
橋を挟んだ攻防が熱い。ちなみにFH以外のMODでは珍しいプッシュマップでもある。



■Frontline

荒涼とした砂漠地帯の防衛線を、アメリカ軍が攻撃するアサルトマップ。
スペクター・ガンシップとアパッチ攻撃ヘリを乗り回せるが、イラク側の防空能力が高くて立ち回りに苦労する。



■Isolated

砂漠の真ん中にある谷と、点在する集落をヘリボーンで襲撃する。
隠れる場所と兵器が少なく、スナイパーが驚異。



■Road to Basrah

バスラ市街地へ突入するマップ。アメリカ軍の兵器は比較的控えめな内容である。
前半は比較的開けた地形だが、後半は市街戦を楽しめる。



■Sweep and Clear

点在する村をアメリカ軍が探索していくマップ。
イラク軍本拠地の建物が作り込まれている。地下倉庫と地下牢で捕虜ごっこも出来る。



■Trap day1

撃墜された輸送機の墜落現場へ急行するアメリカ軍ヘリ部隊。しかしそこには・・・
イラク軍が制圧する市街地があるが、そこでの市街戦マップというわけではない。



■Al Khafji Docks

アメリカ軍特殊部隊がボート乗ってイラク軍の港を強襲する。
初動で西を奪取できないと、一方的なゲームになる可能性高し。



■Battle of 73 Easting

平坦な地形で行われる大規模な機甲戦。
割と狭く、拠点も少ないので激しい戦闘になる。



■Basrahs Edge

歩兵メインの市街地戦。入り組んだ路地や入れる建物が多く、一瞬たりとも気が抜けない。
マップ中央を南北に走る城壁を挟んだ戦いになることが多い。



■Coastal Hammer

水陸両用装甲車とヘリでの上陸作戦。
初動で失敗するとDCR版オマハ・ビーチと化す。ヘリの運用が鍵か。




■Desert Shield

尾根を挟んだ大規模な兵器戦。両軍共にふんだんな戦力を保持している。
特にハインドやアパッチなどの攻撃ヘリが活躍できるだろう。



■Dustbowl

盆地での大規模な兵器戦。戦車の数が多い。
所々にある崖が独特の雰囲気を醸し出している。



■Lostvillage nopara

イラク軍が制圧する村をアメリカ軍ヘリボーン部隊が強襲する。
パラシュートがないため、ヘリは着陸して兵士を展開させることが必要。拠点制圧後は激しい市街戦になる。



■No Fly Zone day2

疑似オブジェクティブモードの空戦マップ。救助ヘリでエネミーラインごっこが出来る。
DCRでは戦闘機や攻撃機はレアな存在なので、思う存分乗り回せるのはここだけである。



■Oil Fields

川を挟んだ油田地帯での戦闘。珍しく攻撃機を拝めるマップである。
拠点近くは隠れ場所が多いので、装甲車は歩兵に注意する必要がある。



■Sea Rigs

巨大な海上石油プラントをヘリボーンで強襲するマップ。
プラント内部は複雑な構造になっており、歩兵による近接戦闘が楽しめる。



■Twin Rivers

2本の河に挟まれた狭い地域での兵器戦。DCFと異なり、航空機は出ない。
砂漠が多いDCRであるが、珍しく緑が広がっている。



■Urban Siege

大都市を歩兵で制圧していくマップ。激しい市街戦になる。
アメリカ軍はリスポーン付きのヘリや装甲車を上手く活用する必要がある。



■Weapon Bunkers

疑似オブジェクティブマップ。スカッド・ミサイルが保管されているバンカーを爆破するのが目的。
兵器という兵器は出ないので、ほぼ歩兵戦マップと思って良い。



■El Alamein

無印からなじみ深いエル・アラメインである。
尾根以外に歩兵の隠れられる場所が少ない兵器マップである。



■El Alamein day3

上記エル・アラメインの登場兵器が少し異なるバージョン。
戦闘ヘリや輸送ヘリなどの航空ユニットが出ない。



■Gazala

こちらも無印からのマップ。砂漠の割には高低差がある。
拠点がいくつか追加されており、マップ全域に渡って戦闘地帯である。



■Inshallah Valley

高低差のある渓谷地帯と、そこに広がる集落をアメリカ軍が襲撃する。
地上からは進軍路が限定されるので、小型ヘリの運用が鍵になるだろう。



■Midway

唯一の海戦・・・だが、海軍ユニットが少ない。固定空母+護衛艦1隻vsミサイル艇2隻しか出ないのだ。
しかしとにかく、DCRでは珍しい空戦/海戦マップではある。



■Tobruk

こちらも無印からおなじみのマップ。
特に変わった点は見あたらない、オーソドックスな兵器と歩兵の混合戦である。


名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
メニュー






MOD Info



<<海外MOD>>

<<国内MOD>> (Made in Japan)

カスタマイズ情報


技術情報


その他


訪問者
統計 -
今日 -
昨日 -

最近の更新

取得中です。