ラットトラップ作戦_SW

ラットトラップ作戦-OPERATION RATTRAP-



歴史的背景

ラーテ (独: Ratte) は、第二次大戦中にドイツで計画された、超巨大戦車 P1000 のあだ名である。ドイツ語読みはラッテである。

巨大戦車としては188 t のマウスが知られるが、ラーテはさらに巨大で、重量約1,000トン、全長35m、全幅14m、高さ11m。「陸上戦艦」の異名を持ち、シャルンホルスト級巡洋戦艦の主砲に相当する 28cm 3連装砲から中砲を抜いた2連装砲塔を搭載する予定であった(中砲を抜いたのは重量軽減の意図があったと言われている)。しかし、1000トン級の戦車が完成しても道路や橋が支えられるはずもなく構想のみで終わった。
<Wikipediaより>



マップの特徴

枢軸側は東西二つの工場を破壊すれば勝利。連合側はラーテを破壊すれば勝利となる。
ラーテに損害を与えるには外部の各砲塔を破壊して内部から潜入、ドアを破壊し最下層の弾薬庫を爆破するか、9インチ砲の砲撃しかない。
それ以外の方法ではラーテ本体への損害はほぼないといっていいだろう。ちなみにドア、弾薬庫はガモン手榴弾やバズーカ、PIAT等で破壊可能。

より詳しい破壊方法はこちら。
FHSW兵器開発所ラーテ攻略手順

※枢軸軍の初期リスポン地点は本陣とラーテ内部。
ラーテ侵攻ルートは第一工場を破壊し、そのまま西へ進むのが鉄板だが、一度北に戻りC,Dを通り裏手から侵攻するというのもある、メリットがあるのかは知らない。
D3のトンネルは西の基地からのショートカットの為の通路。ラーテは通行不可能。

戦闘の流れ

枢軸はラーテをどれだけ持たせるかが重要。出来るだけ砲座についておきたいが、内部警備が手薄にならない程度に。
旗を取る余裕があれば取っても良いだろう。旗を取ると対空戦車や対戦車自走砲が湧くので敵の強力な空軍や戦車部隊にに対処しやすくなる。
ちなみに各旗でリスポンするフレットナーの装備はそれぞれ違いパンツァーシュレック、ガンポッド、煙幕手榴弾投擲の三種類ある。
連合は9インチ砲をしっかり使うこと。熟練の砲手と的確な砲撃要請があれば早期にラーテを破壊できるだろう。
とはいえ主力は空挺部隊。序盤は大半の兵が近付くことすらかなわないだろうが、あきらめずに攻撃しよう。いずれチャンスは来る。
ちなみに輸送機から少し早めにリスポンしないとラーテのまわりに着地してしまい敵兵や戦車の餌食となるので注意。
戦車隊も暇ではない。ラーテ内部から出てきて空挺部隊を迎撃する敵兵を倒したり、護衛の敵戦車、内部へ侵入可能な砲塔の破壊も重要だ。
ラーテが爆発するときの爆発半径は非常に広い。ラーテから警告のブザーが鳴ったらすぐに退避すべきだろう。



左からⅢ号、Ⅳ号、マウス。かのマウス超重戦車ですら軽々と超す大きさ、狂気すら感じる。

ラーテの体力を大きく削る事ができる9インチ砲。
しかし、連合軍前哨地点をドイツに占領されると最寄りの9インチ砲の弾薬が無くなってしまう。これは弾薬補給トラックでは補給できない。
元に戻す為には再度地点を取り返さなければならないため、空挺破壊部隊と同じくらいに重要。

戦力

イギリス軍

  • 陸上兵器
ダイムラー装甲車
クルセイダーMkⅢ巡航戦車
クロムウェル巡航戦車
M4A1中戦車
マチルダⅡ歩兵戦車
ヴァレンタインMk.Ⅷ歩兵戦車・ギャップ・ジャンピング・タンク
チャーチルAVRE(増加装甲付き)
ブラックプリンス歩兵戦車
Mk.I軽対空戦車
Mk.V 軽対空戦車
ユニバーサルキャリアー
ユニバーサルキャリアー(2ポンド砲搭載型)
プレイングマンティス
ウィリー(SAS仕様)
ヘッドフォートトラック
ボフォース 40mm対空機関砲
6ポンド対戦車砲
9インチ砲

  • 海上兵器
なし

  • 航空兵器
スーパーマリーン スピットファイヤ Mk.22
ブリストル ビューフォート
デ・ハビランド モスキートFB Mk.VI
デ・ハビランド モスキートFB Mk.Ⅷ
ビッカース ウェリントン
C-47 スカイトレイン

ドイツ軍

  • 陸上兵器
ラーテ
Ⅲ号中戦車N型
Ⅳ号戦車F2型
マウス超重戦車
装甲自走砲架1c型5cm38式対戦車砲搭載II号戦車
Ⅳ号中戦車H型30mm機関砲型
Ⅳ号対空戦車オストヴィント
Ⅳ号対空戦車クーゲルブリッツ
V号対空戦車
オぺルブリッツトラック
Flak103/38対空機関砲
パンタートーチカ

  • 海上兵器
なし

  • 航空兵器
フレットナー

コメント

  • ラーテ破壊の際すり抜けて真下に出ることがある。そこにはラーテ爆発のダメージが及ばないが爆発も何も見えず暇なのでチャットで雰囲気を盛り上げておこう。 -- 名無しさん (2013-02-10 12:28:37)
名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
メニュー






MOD Info



<<海外MOD>>

<<国内MOD>> (Made in Japan)


技術情報


その他


訪問者
統計 -
今日 -
昨日 -

最近の更新

取得中です。