ベルリン_SW

ベルリン-BERLIN-




歴史的背景

ベルリン市街戦は、ベルリンの戦いにおける一方面の戦いである。ベルリンの戦いは第二次世界大戦における終末期のドイツ軍と連合国軍との間における支配地をめぐる戦いで、本市街戦はその局地戦のひとつであった。ソビエト赤軍3方面軍によるベルリン占領まで続いた。
ベルリンの戦いの初期段階ですでに絶望的な戦闘であったが、ドイツ軍が撃滅され降伏するまで続いた。その絶望的状況にもかかわらず、ソビエト赤軍が市の中央部に進撃するためには通りごとに多大な犠牲を払わなければならなかった。
<Wikipediaより>




マップの特徴

総統官邸の地下の旗は、連合側が旗範囲に入っても占領できないが、代わりに枢軸側の官邸内のリスポンが不可能になる。
だから官邸内の旗でリスポンができなくなったら、枢軸側は全力で地下の旗へ向かってソ連兵を排除しなければならない。
屋上の旗は取り返せるしリスポン旗でないため、地下の旗の方が優先度が高い。


戦闘の流れ

ドイツの首都ベルリンになだれ込むソ連軍と雑多な装備で応戦するドイツ軍のマップ。無印のような雪合戦にはなりにくい。
枢軸側にはヘッツアー以外の機動対戦車兵力がないので歩兵で何とかしよう。連合側は敵の対戦車兵をしっかり倒すこと。
総統官邸以外の旗を取られてからが勝負。連合は正面玄関から突入すると蜂の巣にされるので地下を通った方がいいだろう。
地下に数ヶ所ある開閉する鉄製のドアは修理できるので工兵が何人かついておくとよい。連合が破壊するには梱包爆薬やパンツァーファウストで。
地下西側ではではいろいろと連合側によるリスキルが多い。リスポンする時は念のため警戒しておくのが無難だろう。


戦力

ソ連軍

T-34/85中戦車
IS-2重戦車
ISU-152自走砲
SU-76自走砲
ZIS-3野砲
B-4榴弾砲


ドイツ軍

ヘッツァー軽駆逐戦車
パンタートーチカ
FT-17トーチカ
Pak40対戦車砲
Flak40高射砲
機関銃塔

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
メニュー






MOD Info



<<海外MOD>>

<<国内MOD>> (Made in Japan)


技術情報


その他


訪問者
統計 -
今日 -
昨日 -