陸上防衛隊武器兵器_FHDF

目次

歩兵火器





1964年に豊和工業により開発された自動小銃。
重めの銃身と全体に施された精密工作は歩兵銃にして有り余るほどの命中精度を実現している。
防衛隊を初め警察など日本の公機関に広く配備されており、防衛隊では専用銃剣も使用している。
セミオート/フルオートの切り替えが可能。

FHのStG44と同様の性能(?)。
中距離での伏せ撃ちが安定するが弾数が20発なので弾切れに注意。
現実では色々と不評な本銃だが、ゲームではそんなことはない。

名前:
コメント:


米軍からの供与品、性能はFHのものと変わらない。
下士官兵が所持している。

名前:
コメント:


上に同じ。

名前:
コメント:



支援兵が62式ではなく、こちらを所持している場合がある。

名前:
コメント:


1962年に住友重機械工業及び日特金属工業が共同で開発し、防衛隊に配備された機関銃。
開発チームは旧陸軍の将校や技術者が大勢所属しており、彼らは大東亜戦争を通じて血と引き換えに得た戦訓から青写真を描いた。
その結果、旧軍の軽機関銃がそうであったように、狙撃に用いることが出来るほどの命中精度を実現している。

64式と同じく伏せ撃ちが安定している。
こちらも同じく、"言うこと機関銃"やら"62式単発機関銃"やら"無い方がマシンガン"など現実では散々な性能だがゲームではそんなことない。

名前:
コメント:


名前:
コメント:

兵器




1961年に採用された戦後初の国産主力戦車。
強力な90mm ライフル砲を搭載する他、主砲同軸に7.62mm機関銃、上部に12.7mm重機関銃を搭載している。
この12.7mm重機関銃はリモコン操作の為、車外に身をさらす必要がない。

戦争から立ち直った日本がようやく作ったマトモな主力戦車。
対峙する機甲戦力がアレな物ばかりだが、心強い戦力になるだろう。

名前:
コメント:



1960年に三菱重工業が開発した装甲車。
12.7mm重機関銃と7.62mm機関銃を1門ずつ搭載しており、火力面では心配ない。

名前:
コメント:




名前:
コメント:


  • 43式自走105mm榴弾砲


旧陸軍の大巣砲兵工廠設計チームの残した青写真を元に日本製鋼所が開発した「スズメバチ」とあだ名される軽量自走砲。
特科大隊によって運用され、素早い前線支援を目的に展開力と速射性能に優れた軽量な105mm榴弾砲を搭載している。

ゲーム内オリジナル兵器。
戦後日本が作った、初の自走砲。え?独逸軍?ヴェスペ?さぁ…?

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
メニュー






MOD Info



<<海外MOD>>

<<国内MOD>> (Made in Japan)

カスタマイズ情報


技術情報


その他


訪問者
統計 -
今日 -
昨日 -

最近の更新

取得中です。