BG42のマップ_1937-1939

BG42のマップ 1937年~1939年

マップ名は日本語化パッチを基準にしています(一部漢字表記に変更しています)。
マップ名の冒頭にある数字は時代を表しており、 前半2桁は西暦の下2桁後半2桁は月 を表しています。
青字表記はシングルプレイとマルチプレイのコープ対応マップです。
他の時代のマップは「BG42のマップ」をご覧ください。

遠慮せずにどんどん改筆していってください。

目次

3706 カンチャーズ島事件-3706 KANCHATZU INCIDENT-

In the early morning of the 29th June 1937 Lieutenant Colonel Mihara gave the order to conquer the by the Russians claimed small isle Kanchatzu in the Amur river. The Soviets repelled the attack with the help of the Amur flotilla.
1937年6月29日の早朝、三原中佐はソ連赤軍が奪取したアムール川にある小島、カンチャズー島を攻略せよと命令した。ソ連赤軍はアムールの小艦隊からの助けを得てその攻撃を撃退した。

【マップ解説】
日本で言うところの乾岔子島事件。川の中州に三つの空白陣地。川の両岸に日ソそれぞれの陣地というMAP構成。
史実でのカンチャーズ島事件は6月19日にソ連軍が同島に上陸、制圧したことで始まった。当初は外交による解決が図られたが、ソ連軍の砲艦3隻が同島の満洲領内に侵入したことで事態は急変し、日本の第1師団は攻撃を開始。この攻撃でソ連軍砲艦1隻を撃沈したことによりソ連軍が撤収し、日本軍の勝利で終わった。
(編集者の趣味で史実の解説が多くなってしまいました。削除、削減、改筆…ご自由に行ってください)

3710 上海の夜-3710 SHANGHAI NIGHT-

On August 22, 1937, the Japanese 3rd, 8th, and 11th Divisions made an amphibious assault under the cover of naval bombardment and proceeded to land in Chuanshakou and Baoshan.Japanese landings in northeast Shanghai suburban areas meant that many Chinese troops, who were deployed in Shanghai's urban center, had to be redeployed to the coastal regions to counter the landings. Chinese defense was stubborn even in the face of such overwhelming firepower.Starting the night of October 26, the Chinese began withdrawing from Shanghai urban center. Zhang Boting returned to the 88th's divisional headquarters at Sihang Warehouse to lead the defense.
1937年8月22日、日本陸軍第3、第8、第11師団は海軍の砲撃支援を受けつつ川沙口と保山へ上陸し猛攻撃を行った。上海北東の郊外にいる多くの中国軍部隊は上海都心へ向かい、上陸に対する反撃のため海岸沿いに展開した。中国軍の防御は火力で圧倒的に不利なのにも関わらず頑強であった。10月26日の夜、中国軍は上海都心からの撤退を開始。チャン・バイティン参謀長は第88師司令部に戻り、四行倉庫の防衛線を指揮した。

【マップ解説】
第二次上海事変終盤における大場鎮攻防戦がモチーフと思われる。上海市街を巡る戦いはBF4を思い起こさせる・・・と思いきや、時代が離れているのでそんなことはなかった。
史実での第二次上海事変は8月13日に蒋介石が上海租界へ進駐したことで始まった。周囲に駐屯する20万もの国民党軍による一斉攻撃を阻止すべく 上海特別陸戦隊は航空支援を要請する。重火器の不足から中国軍は苦戦を強いられ、翌日には一旦国民党の攻撃はやんだ。事態を危惧した日本政府は「支那軍膺懲、南京政府の反省を促す」との声明の元、上海派遣軍を編成。二か月に渡り大規模な戦闘が行われ、上海での戦闘が終わったのは10月26日のことであった。そして、この事件をきっかけに日中間の"国境紛争"はますます激化していく・・・
(編集者の趣味で史実の解説が多く・・・っていうか100%?になってしまいました。削除、削減、改筆…ご自由に行ってください)

3712 南京陥落-3712 FALL OF NANKING-

By early December, the Japanese troops had reached the outskirts of Nanking. After heavy airraids by the Japanese bombers, General Matsui Iwane decided to attack the walled city .
1937年12月前半、日本軍は南京の郊外へ到着した。日本軍の爆撃機による爆撃後、松井石根大将は城壁を巡らした都市への攻撃を決定した。

【マップ解説】
南京攻略戦がモチーフと思われる(広さ的に南京城かな?)。かつての明の、そして一か月前までの国民党の首都であった南京を日本陸軍の航空隊による猛爆が襲う!(ただし航空機は一式陸攻…つまり海軍の航空機)
史実での南京攻略戦は1937年12月4日に日本軍の中支方面軍が南京郊外に進軍したことで始まった。三日後の12月7日には早くも南京市内を制圧、南京城を包囲する。
約一週間の戦闘の末に南京城は陥落し、12月13日に日本軍が城内に入城。同月17日には陸海軍による入城式が行われた。
(編集者の趣味で(ry。削除、削減、改筆…ご自由に行ってください)

3806 フアンハ決壊事件-3806 AFTER THE FLOOD

On June 9, 1938 the Nationalist troops under Chiang Kai-Shek broke the levees holding back the river Huang He near the village of Huayuankou in Henan causing major flooding. The goal of the operation was to stop the advancing Japanese troops following a strategy of using water as a substitute for soldiers.
1938年6月9日、蒋介石率いる国民党軍は河南省の花園口にある村付近堤防を破壊し、大規模な洪水を引き起こした。その目的は兵の代わりに水を使用し、日本軍の進撃を食い止めるという戦略であった。

【マップ解説】
内容募集中!

3908 ノモンハン事件-3908 KHALKIN GOL-

The borderline between the Japanese puppetstate Manchukuo and Mongolia was not clearly defined. In the morning of the 12th May 1939 a large group of Mongolian cavalry crossed the Halha river and were attacked by border guards of the Kwangtung Army.
日本の満洲国とモンゴルとの国境は明確に決定されていなかった。1939年5月12日の朝、大規模なモンゴル軍の騎兵部隊はハルハ川を横断し、関東軍の国境警備隊に攻撃された。

【マップ解説】
内容募集中!

3908 ジューコフの一撃-3908 ZHUKOVS STRIKE-

ALLIED: Gain air superiority and support your attacking ground troops. Cover them from enemy bombers. --- AXIS: Destroy as much enemy aircraft as possible and prevent the enemy from ruling the skies.
ソ連軍は制空権を確保し、友軍地上部隊を支援せよ。日本軍爆撃機の攻撃から守れ。
日本軍はできるだけ多くの敵機を撃墜し、制空権を奪われるのを阻止せよ。

【マップ解説】
内容募集中!

コメント

コメントは最新20件が表示されます
(過去のコメントを参照)

  • ジューコフの一撃が正しい訳なのね…
    流石にストライキはおかしいなと思ったけどね -- (仮訳をした人) 2015-04-24 01:04:04
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
メニュー






MOD Info



<<海外MOD>>

<<国内MOD>> (Made in Japan)


技術情報


その他


訪問者
統計 -
今日 -
昨日 -