※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おてんこさま
「大聖堂はこの奥か。
どこにいる、スミス・・・」


-壊せ!!
移動ブロックの木箱は、
ハンマータイプの武器で破壊する事ができる。


(おてんこさま“白!マーク”、黒猫が大聖堂の中に入っていく)

おてんこさま
「今のは・・・」


(黒猫が入って行った青い扉を調べる)

おてんこさま
「この扉を開けるにはカギが必要だ。
ジャンゴ、
今は別のルートを探そう」



(宝箱にはハンマーが)
おてんこさま
「クラブか・・・ハンマー(つち)タイプの武器だな。
威力も大きいが、そのぶん隙も大きい。注意してくれ。
ともかくそれを使えば、通路をふさいでいた木箱を破壊できるはずだ」


-クイックチェンジを使いこなせ
SELECTボタンを押しながらRボタンを押す事で、
セットする武器を素早く切り替えることができる。
ただし切り換えることができるのは、
メニュー画面にて装備した武器に限られる。


-いつわりの墓、暴かれるとき、道は開かれる。
凶暴なる墓守は、真なるそのすべてが墓を守る。注意すべし。


-載せろ!!
床に設置された重量スイッチは、
その上におもりとなるモノを載せると起動する。


-灯せ!!
フレイムをエンチャントして攻撃すれば、
燭台に火を灯すことができる。


-たどり着け!!
青色のランプ、接触スイッチは触ることで起動する。


-叩け!!
錆びたレバースイッチは、
ハンマータイプの武器で攻撃しなくては、
起動させることができない。


(建物の中)
おてんこさま
「ここは・・・
どうやら大聖堂の中に入ったようだな」

(黒猫が地下に入っていく。地下階段は閉じ、広間の樹木の床絵も消える)
(スケルトンがジャンゴに気が付く、トラップ:スケルトンを倒せ!!)


(戦闘終了後)

おてんこさま
「あの黒猫・・・
気になるな。
しかし閉じられた地下への階段を開くにはどうすれば・・・
あの宝箱がそのカギか?」
(宝箱の中身は黄の水晶)


-火と水が合わさるとき、世界の姿は色となって現れる。
4つの色が現れるとき、
隠された道もまた現れる
1つ目の色、
それは大地を照らす太陽、
その黄金の輝き。


おてんこさま
「カギを手に入れたようだな。
青い扉にはカギがかかっている。
扉の前でAボタンを押してカギを使うんだ。
ただしカギの形が合わなければ
扉は開かない。注意してくれ」


(宝箱の中には槍が)
おてんこさま
「ショートスピアか・・・
スピア(やり)タイプの武器だな
射程距離が長いぶん、ふところには隙が出来る。注意してくれ。
ともかくそれを使えば、1ブロック離れた場所にも攻撃ができる。
東側の2つの部屋にあったそれぞれの仕掛けも、これで動かせるはずだ」


-2つ目の色、
それは暗黒なる瞳、
その赤き輝き。
瞳は多くの椅子が並ぶ集いの間に眠る。
眠る瞳は目には見えず、
太陽の光によってのみ輝く。


-3つ目の色
それは豊かなる緑、
その葉の輝き。
葉は時を超える言の葉、
書によって守られている。
こ、と、の、は、
を書に問うべし。


本の奥にスイッチがある。
スイッチを押しますか
[押す][押さない]


(押した後)
本の奥のスイッチは、すでに押されている。

[図書一覧]
「暗黒物質と吸血変異」
「ヴァンパイア・血の歴史」
「ガンマン10ヶ条」
「荒野の歩き方」
「最後の竜・残された言葉」
「世紀末の輪廻」
「太陽の一族・太陽仔の謎」
「トロールの姫」
「奈落のナイトメア」
「呪いと浄化」
「発掘の魔法機械」
「滅びの一族・月光仔の謎」
「魔法使いになる方法」
「魔法カード・タロット入門」
「闇の一族・イモータルの謎」
「ユグドラシル幻想」
「ラグナロク大崩壊」
「螺旋の伝承」

五十音順


-4つ目の色
それは大いなる空と海、
その青き輝き。
空と海は2体の白き門番、
雲と波によって守られている。


丸いくぼみがある。
何かをはめ込む穴のようだ
何をはめ込みますか?

(その場所ではない水晶を選択)
はまらないようだ・・・


(水晶1つ完成)
おてんこ
「大広間の床絵が現れたようだが・・・
色が足りないな。
あと3つ、水晶が必要だということか・・・」


(階段を下りる)
おてんこ
「この気配は・・・
イモータル!!
太陽銃はないが・・・
行けるな、ジャンゴ?」


(黒猫が奥の部屋へ入っていく)
(後を追おうとするジャンゴ)

???
「お待ちなさい・・・」

白いコートの女
「あなたが太陽少年・・・?
かわいらしい坊やだこと
私は白きドゥネイル。
空を支配するイモータル・・・
いきなりで悪いけど・・・
あなたにはここで死んでもらうわ。
お兄さまは相手にするな、
なんておっしゃったけれど
・・・
私、お腹がすいたの。
本当に永いこと眠っていたんだもの。
でも、目覚めてそうそうに太陽仔を食べられるなんて、素敵だわ・・・
そういうことだから・・・
ごめんなさいね、坊や」


(戦闘開始)


(コンテニューすると)

(1回目)
上空にいるドゥネイルに攻撃を当てることはできない。
燭台に火を灯し、ドゥネイルを低空に誘い出せ。

(2回目)
燭台に火を灯すには2つの方法がある。
1つはフレイムをエンチャントした武器で燭台を攻撃し、直接火を点けるという方法。
もう1つは4つのレバースイッチを起動して、燭台を点火するという方法だ。


(戦闘終了)

おてんこさま
「白きドゥネイル・・・
イモータルである以上、コイツをこのままにしておくことはできない。
棺桶に封じ込めたとはいえ、いずれは復活してしまう。
一刻も早く、太陽の光で浄化しなくてはならない
だが・・・」

おてんこさま
「やはりあの黒猫のことが気にかかる・・・
スミスのこともある。先にあの奥を調べてみよう」


(奥に行かずに戻ろうとすると)

おてんこさま
「まて、ジャンゴ!
奥の部屋を調べるのが先だ」


(部屋の奥)

おてんこさま
「スミス!!」

スミス
「う・・・うう・・・」

スミス
「あんたは・・・
おお、おてんこ!!」

おてんこさま
「久しいな、ガンスミス!!」

スミス
「今ではただの鍛冶屋
ブラックスミスじゃよ。
頭はすっかり白いがな。
そんなことよりジャンゴ!!
よくぞ無事で帰ってくれた。
ヴァンパイア・ロード、伯爵を倒したんじゃな!?」

(うなずくジャンゴ)

おてんこさま
「そう、
それにクイーン・オブ・イモータルとなったヘルもだ・・・
・・・だが同時に我々は、
ジャンゴの母親・・・
月下美人のマーニもを失ってしまった・・・」

スミス
「そうか・・・」

おてんこさま
「スミス、リンゴは!?
リンゴはやはり・・・」

スミス
「ああ・・・
師を残して1人で先に逝っちまうとは・・・
あのバカ弟子が!!
・・・すまない、
ジャンゴ・・・」

おてんこさま
「・・・
ところで・・・
おまえはなぜここに残った?
いったいこの街に何があったというんだ?」

スミス
「それなんじゃが・・・
こいつを見てくれ」

おてんこさま
「これは・・・くさび?
何かの封印か?」

スミス
「伯爵が去った後、吸血変異は収まったかに見えた・・・
だがその後、アンデッドどもが
妙な動きを見せ始めたんじゃ。
まるで何かを探しているかのような・・・
そしてこの街の守人その子孫であるシャイアンが警告した。
アンデッドどもが封印を破ろうとしている、と。
その封印が何なのかは分からん
じゃが・・・」

おてんこさま
「破壊されたくさび・・・
ここに封印されていたのがあのドゥネイルか・・・?
だが例のヴァンパイアのこともある。
この街にはまだ我々の知らない何かがあるのだ・・・」

(みゃあ、と鳴く黒猫)

おてんこさま
「その猫は?」

スミス
「コイツはクロ。
孫娘の友達じゃ。
こんな所にまでむかえに来るとは・・・
猫ながら大した度胸じゃわい」

おてんこさま
「ふうむ・・・
我々がこの場にたどり着けたのも、その猫のおかげだからな。
礼を言うぞ、クロ!!」

(みゃあ、と鳴くクロ)

おてんこさま
「ともかく、
スミスは太陽街に戻っていてくれ。
スミレも心配している。
我々はあのイモータルを浄化する」

スミス
「分かった。
太陽街で待つとしよう」

(スミスとクロが去っていく)

おてんこさま
「よし、ジャンゴ!!
あの棺桶を商店街の北にあった広場まで運ぶんだ。
そこにパイルドライバーを召喚し、
太陽の光をもってイモータル、
白きドゥネイルを浄化する!」


(棺桶を広場まで運び、広場中央へ行く)

おてんこさま
「よし、ここだ。
ここにパイルドライバーを召喚する!」

(おてんこさまが「太陽ォォオオオー!!」と叫ぶと巨大な魔方陣が現れる)

おてんこさま(※この台詞は広場に棺桶を置いて別のエリアに行って戻ってきた時にも発言)
「さあ、
棺桶をパイルドライバーの真ん中にセットするんだ!!」



おてんこさま(※この台詞は棺桶をセットした後別のエリアに行って戻ってきた時にも発言)
「よし!!
4つのジェネレーターをエンチャント攻撃によってセッティングするんだ。
このジェネレーターは、父なる太陽と母なる大地の恩恵を受け、
太陽エネルギーを増幅してくれる。
イモータルの浄化はこのパイルドライバーをもってのみ可能なのだ!!」


おてんこさま
「準備完了!!」

おてんこさま
「いいか、ジャンゴ。
パイルドライバーの起動には太陽が必要だ。
太陽は出ているな?」

[出ている] [出ていない]

[出ている]
おてんこさま
「よし!!
太陽センサーに太陽の光を当て
白く光った紋章の上でAボタンを押せば、
パイルドライバーが起動する!」

[出ていない]
おてんこさま
「ううむ・・・
それではイモータルを浄化することはできない。
パイルドライバーの起動には太陽の光が必要だ。
太陽の光が得られる時間に出直すんだ。
太陽街の外、フィールドに出て新たなダンジョンの探索をするか、
いったん冒険を中断し、太陽が出るのを待つしかない・・・」


(太陽無しでパイルを起動させようとすると)
おてんこさま
「ん?
太陽だ!!
パイルドライバーを起動するには太陽の光が必要だ!
太陽センサーに太陽の光を当てるんだ!!」


おてんこさま
「太陽ぉーーーーーー!!」

おてんこさま
「バトルドライブ開始!!
ジェネレーターから発射される
太陽パイルで、イモータルを浄化するんだ!
太陽センサーがキャッチした太陽の光が強ければ強いほど、
パイルのパワーも上がるぞ。
だが、イモータルもエクトプラズムを使って抵抗する。
エンチャント攻撃でエクトプラズムを棺桶に押し戻すんだ
画面右上にあるイモータルの暗黒ゲージがゼロになれば、我々の勝利だ!
頼んだぞ、太陽少年ジャンゴ!!」


-太陽ゲージがゼロになる
おてんこさま
「いかん!!
イモータルが逃げるぞ!
急いで棺桶をパイルドライバーの中央にセットし直すんだ。
ジェネレーターのセッティングも忘れるな。
負けるな、ジャンゴ!!」


-逃げられる
おてんこさま
「まずい!!
逃げられたぞ!
パイルドライバーから逃れたイモータルは、
ダンジョンの奥深く・・・
闇の領域に帰ろうとする
そうなれば、いずれは復活してしまう!
急いでヤツを連れ戻すんだ!
走れ、ジャンゴ!!」


(勝利)
白きドゥネイル
「そ・・・そんな・・・
ようやく・・・
永き眠りから解き放たれたというのに・・・
これで終わり・・・なの?
おにい・さ・・ま・・・!!」


おてんこさま
「イモータルの源、
暗黒物質ダークマターの焼却が完了した。
これでヤツも2度と復活できまい・・・
見事だ、
太陽少年ジャンゴ!!」

(オラオラ!という声がし、驚き顔を見合わせるジャンゴとおてんこさま)

リボンの少女
「ジャンゴさま!!
おてんこさま!!」

おてんこさま
「リタ!!
どうしてここに!
サバタが予見していたように、
今このサン・ミゲルにはアンデッドがさまよい、
その裏にはイモータルの陰謀が見え隠れしている。
いくら君が・・・」

リタ
「もうしわけありません!!
・・・ですが、
お2人が命がけで戦っていらっしゃるというのに、
わたしは安全なところで待っているだけだなんて!」

おてんこさま
「だが君は、巫女であり戦士ではない。
わざわざ危険の中に身をさらすことはないだろう?」

リタ
「おっしゃる通り、わたしは戦士ではなく巫女です・・・
ですが大地の巫女であるわたしにも、
わたしだからこそできることがある。
そう思ったんです
それに、このサン・ミゲルはわたしにとっても故郷
この太陽の街から闇を払うために、
わたしにもできる限りのことをさせてください!!」

おてんこさま
「・・・分かった。
そこまでの覚悟があるのなら、
わたしから言うべきことは何もない。
いや、大地の巫女リタよ・・・
共にイモータルの野望を打ち砕き、
この太陽の街に再び光を取り戻そう!!」

リタ
「ありがとうございます、
おてんこさま・・・」

おてんこさま
「さっそくだが、リタ。
吸血変異の収まったはずのこの街が、
いまだに浄化されないその理由・・・
何か心当たりが?」

リタ
「はい・・・
このサン・ミゲルの大地からは
今、太陽の力が失われています
降り注ぐ太陽の光、そのエネルギーが大地にたくわえられるその前に・・・
何者かがそれらを奪い去っているのです。
ですからその原因を取り除かない限り、
この地に再び太陽樹さまの種を根づかせ、
そのお力でこの呪われた街を浄化していただくことはできません」

おてんこさま
「そうか・・・」

おてんこさま
「これで我々の目標は定まった
1つはあのバンパイアを見つけだし、太陽銃を取り戻すこと。
そしてもう1つは、大地から力を奪っている何者か、
その原因を取り除くことだ。
まずは手がかりをあつめなくては・・・
ひまわり娘やスミスが何かをつかんでいるかもしれん
商店街に向かおう」

リタ
「商店街といえば、
少しでも街に残ったみなさんの
お役に立てないかとお願いして
わたし、果物屋さんをさせていただくことになったんです!
お店であつかっている太陽の果実は、
お2人の冒険にもきっと役立ちますわ!!
ぜひお立ち寄りくださいね、
ジャンゴさま♪
いつも心に太陽を!」

(立ち去るリタ)

おてんこさま
「ふっ・・・
この街を救いたい、というリタの想いは
もちろん本心だろうが・・・
少しでもお前の近くにいたかったというのが本音かな?」

[うれしい] [不安かも]

[うれしい]
おてんこさま
「うむ。
彼女の想いに応えるためにも・・・
この戦い、負けられないぞ!!」

[不安かも]
おてんこさま
「そうか・・・
まあ、相手が相手だ。
お前が不安を感じるのも無理はない。
まさかあの大穴をこの短時間に埋めるとは・・・」

(沈黙する2人)
おてんこさま
「がんばれよ、ジャンゴ・・・」


by 葉月,沙央,Canvas


Z目次
←Z街門  Z遺跡→
Zダンジョン外