※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


実験塔ヴァーンベーリ
-ジッケントウ ヴァーンベーリ-


ジャンゴ
「ここが魔法研究所(まほうけん
きゅうじょ)の中心、
実験塔(じっけんとう)ヴァーンベ
ーリ・・・」

サバタ
「情報屋(じょうほうや)の話によ
れば、
これまでにオレたちがたおしてき
たモンスターどもを、
何者かが復活(ふっかつ)させてい
るらしいが・・・」

???
「やはりあらわれましたか・・・
闇(やみ)の戦士サバタに光の戦士
ジャンゴ」

(ポリドリが姿を現す)

ジャンゴ
「オマエは・・・!」

サバタ
「ポリドリ!!
生きていたのか!?」

ポリドリ
「さて、どうでしょう?
ただ、男爵(だんしゃく)に作って
いただいたこの塔(とう)のシステ
ムを使えば、
生体データから肉体を再生(さい
せい)することは可能(かのう)で

もちろん、肉体を再生(さいせい)
しただけでは、
そのものを復活(ふっかつ)させた
ことにはなりませんが・・・
モンスターやヴァンパイアたちに
ワタクシの手足として働いていた
だくには、それでじゅうぶんです
少なくとも・・・
ワタクシ自身を再生(さいせい)す
るまでの間は」

ジャンゴ
「どこまで命をもてあそべば気が
すむんだ!」

サバタ
「オレたちが・・・
そんなことをみすみすゆるすとで
も思っているのか?」

ポリドリ
「ウフフフフ・・・
ワタクシを止めたいのであれば、
どうぞご自由に
ですがこの塔(とう)はすでに、ワ
タクシが再生(さいせい)したモン
スターたちに守られています
それぞれのフロアを、その高さに
おうじたレベルのモンスターたち
が守っています
くれぐれもお気をつけて・・・」

(ポリドリが姿を消す)

ジャンゴ
「クソッ!
あのときたおしたのはポリドリの
本体じゃなかったのか!?」

サバタ
「相手はイモータルだ。何があっ
ても不思議ではない
だが・・・」

ジャンゴ
「・・・?」

サバタ
「とにかく・・・
塔(とう)を登り、ヤツのたくらみ
をたたきつぶす!
行くぞ、ジャンゴ!!」

ジャンゴ
「オーケー、サバタ!!」


エピローグ「残影、そして」


 (実験塔10階→? ? ?クリア後、塔の頂上)

ペロー
「オマエたちか・・・
まさかオマエたちが、この塔(と
う)のシステムを?」

ジャンゴ
「ペロー!!
それじゃあやっぱり、あの時のシ
ュレディンガーは・・・
ボクらを助けてくれたのは、オマ
エだったのか!」

ペロー
「・・・」

ジャンゴ
「おかげで助かったよ。
ありがとう、ペロー!!」

ペロー
「フッ、このバカにかぎってそれ
はありえんか・・・」

サバタ
「どうやらオマエもヤツをさがし
ているようだな、ペロー?」

ペロー
「ヤツ?」

サバタ
「ポリドリだ
この塔(とう)のシステムを利用し
て、自らの再生(さいせい)を目論
(もくろ)んでいるらしい」

ペロー
「ポリドリだと!?
ヤツの本体は、あの時たしかに消
滅(しょうめつ)したはず・・・」

サバタ
「だがヤツはふたたびあらわれた
オレたちの前にな」

ペロー
「・・・
この塔(とう)は、いくつものフロ
アを持つ、いくつもの小塔(しょ
うとう)からなり、
それぞれの塔(とう)の頂上(ちょ
うじょう)にたどり着かなければ
次の塔(とう)へは進めない
ヤツがいるとすれば、おそらく
は最終塔(さいしゅうとう)、最終階
・・・
どうやら、オマエたちにかまって
いるヒマはなさそうだな」

 (ペロー、暗黒転移)

サバタ
「なるほど・・・
ここはまだ、1つ目の小塔(しょう
とう)の頂上(ちょうじょう)にす
ぎないということか」

ジャンゴ
「それじゃあ、ペローはポリドリ
を追って?
ボクたちも早く次の塔(とう)に向 かおうよ!」

サバタ
「言われるまでもない・・・
さあ、狩(か)りの再開(さいかい)
と行こうか!」


 (実験塔30階→? ? ?クリア後、塔の頂上)

ネロ
「それにしてもペローのヤツ、1
人で先走りやがって・・・」

オテンコ
「公爵(こうしゃく)のいない今、
われらに敵対(てきたい)すること
もないだろうが・・・
われらとは共に行けないわけでも
あるのか?」

ネロ
「まさか、あの男まで・・・」

オテンコ
「いや、ポリドリに取りこまれた
ヴァンパイアたちは、
ヤツの本体と共にエーテルの海に
消えたはず・・・
ポリドリにせよ、公爵(こうしゃ
く)にせよ、生きていられるはず
はないのだ」

ネロ
「ううむ・・・」


 (実験塔50階→? ? ?クリア後、塔の頂上)

アーシュラ
「ちっ、ポリドリどころかペロー
のしっぽさえ見えねぇぜ」

リザ
「いったい・・・
この実験塔(じっけんとう)はどこ
まで続くのかしら?」

アーシュラ
「もうつかれたのか?
どこまで続こうと、最後まで登り
きってやるだけだぜ!」

リザ
「ふぅ・・・
アナタは単純(たんじゅん)でいい
わね」

アーシュラ
「まあな。だははははっ!」

リザ
「だれもほめてないわよ」


 (実験塔70階→? ? ?クリア後、塔の頂上)

トーベ
「ふぅ・・・
ずいぶん登ったね」

オトフリート
「・・・うむ

そろそろ頂上(ちょうじょう)も近
いようでござるな」

トーベ
「ペロー、1人で無茶しないとい
いけど・・・」

オトフリート
「そうならないためにも、セッシ
ャたちも急がねばな」

トーベ
「うん!」


 (実験塔90階→? ? ?クリア後、塔の頂上)

ペロー
「ヤツめ・・・
われらヴァンパイアの肉体までを
も再生(さいせい)するとはな
だが、おかげでこちらの手間もは
ぶけたというもの
ヤツの残したデータを利用すれば
・・・」

(ペロー、サバタとジャンゴに気付く)

ジャンゴ
「ペロー?
ペローはポリドリを止めるために
ここまで来たんじゃ・・・」

ペロー
「フッ、都合の良い思いこみだな
たしかにヤツを野放しにはできな
いが、オレにはその前にやらなけ
ればならないことがある
ヤツの始末はオマエたちにまかせ
よう
それにもう1つカンちがいをして
いるようだが、
ヤツはポリドリなどではない」

ジャンゴ
「何だって!?
でも、ボクらの前にあらわれたの
はたしかに・・・」

ペロー
「ならば自分たちの目でたしかめ
るんだな
それが、星霊獣(せいれいじゅう)
らからこの星の未来をたくされた
オマエたちの役目でもある
おそらくヤツは次の塔(とう)、こ
の実験塔(じっけんとう)の最上階
にいるはずだ」

(ペロー、暗黒転移)

ジャンゴ
「ねえ、サバタ・・・
アイツがポリドリじゃないってど
ういうこと?」

サバタ
「本物ではないというのなら、答え
は1つ・・・
いずれにせよ、本人にしゃべらせ
れば分かることだ
先を急ぐぞ!」

ジャンゴ
「う、うん!」

サバタ
(もっとも本物でないのは、
ポリドリだけではないようだがな
・・・)


 (実験塔100階→? ? ?)

ポリドリ
「とうとうここまでたどり着きま
したか・・・
さすがは光と闇(やみ)の戦士。
ですが、少々おそかったようです

ごらんの通り、わが肉体は復活(
ふっかつ)を果たしました」

ジャンゴ
「サバタ・・・!!」

サバタ
「フンッ、たしかに肉体は再生(
さいせい)されたようだな
だが、肉体を再生(さいせい)する
ことはできても、魂(たましい)ま
では再生(さいせい)できまい?
オマエが再生(さいせい)した、ヴ
ァンパイアたちと同様にな」

ポリドリ
「お気づきになりましたか・・・
ワタクシがポリドリの生み出した
幻影(げんえい)、その残像(ざん
ぞう)にすぎないということに
しかし・・・
だからどうだというのです?
たとえこの星を(しはい)する
ことはできなくとも、
この身体を使い、この星のすべて
の命と1つになることができれば
それでじゅうぶん
この星をリセットすること・・・
それこそがワタクシに残されたポ
リドリの意思、イモータルの意思
なのですから!」

ジャンゴ
「そんなことはさせない!!
たとえ何度あらわれようと、この
星をオマエのようなヤツの好きに
はさせない!」

サバタ
「その通り・・・
オマエがポリドリの残影(ざんえ
い)だというのなら、
今度こそ、その最後の一片(いっ
ぺん)までをも消し去ってやろう
!」

ポリドリ
「ウフフフフ・・・
なめてもらってはこまります
これまでに再生(さいせい)してき
たモンスターやヴァンパイアたち
と同様、
ワタクシのこの身体も、かつてと
はくらべ物にならないほどにレベ
ルアップしているのです
一片(いっぺん)も残らないのはア
ナタ方の方ですよ
さあ、わが肉体の一部となるがい
い!!」

(ポリドリを撃破)

ポリドリ
「なぜ・・・!?
データは完璧(かんぺき)だったは
ず。アナタ方が勝てるはずがない
・・・」

サバタ
「フンッ・・・
しょせん残影(ざんえい)は残影(
ざんえい)にすぎなかったようだ
な」

ポリドリ
「それは、いったい・・・?」

ジャンゴ
「ボクらは生きているんだ・・・
生きているからこそ、人は成長す

オマエがどんなに強くなろうと
・・・
ボクらはより強く、成長してみせ
る!」

サバタ
「さらばだ
銀河宇宙(ぎんがうちゅう)からの
使者、ポリドリ・・・
その残影(ざんえい)よ!!」

(サバタがポリドリを斬り、トドメをさす)

(塔の頂上)

ジャンゴ
「デュマ!?
オマエも生きていたのか!」

デュマ
「フッ・・・
ご苦労だったなジャンゴ、そして
サバタよ」

サバタ
「やはりこれが目的だったか、ペ
ロー?」

ペロー
「その通り・・・
ポリドリに取りこまれたデュマさ
まは、自らの肉体を失いはしたも
のの、
その魂(たましい)をワタシと共に
脱出(だっしゅつ)させていたのだ
かつて、瀕死(ひんし)のサルタナ
とネロがその肉体を共有したよう
にニャ」

サバタ
「そしてこの塔(とう)のシステム
を使い、
失われたデュマの肉体を再生(さ
いせい)し、その魂(たましい)を
元の器にもどしたというわけか
オレたちは、まんまとおどらされ
たようだな」

デュマ
「ポリドリの幻影(げんえい)が一
人歩きを始めるなど、
オレにも予想できなかったからな
やはり、オマエたちを生かしてお
いたのは正解(せいかい)だったよ
うだ」

サバタ
「それだ・・・
オレたちとポリドリが共だおれと
なれば、それこそオマエたちヴァ
ンパイアにとって好都合なはず
なぜオレたちを助けた?」

デュマ
「フッ・・・
前にも言ったな?
オレたちヴァンパイアをたおして
も、それですべてが終わったわけ
ではないと
同じことだ。ポリドリをたおした
ところで、それでこの星が救われ
たわけではない
この銀河宇宙(ぎんがうちゅう)に
イモータルが存在(そんざい)する
かぎりな」

サバタ
「オレたちに・・・
イモータルと戦うための手駒(て
ごま)になれとでもいうのか?」

ペロー
「ならざるを得まい?
ポリドリをたおしたことにより、
この星はイモータルに対して宣戦
(せんせん)を布告(ふこく)してし
まったのだからニャ」

ジャンゴ
「そんな・・・」

デュマ
「1年後か、それとも100年後か
・・・
次にヤツらがあらわれるのがいつ
になるのかは分からんが、
いずれにせよ、ヤツらに対抗(た
いこう)するには、われわれはあ
まりに無力だ
もはや、人間とヴァンパイアが争
っている場合ではなかろう?」

サバタ
「ふざけるな!!
オマエはオレの獲物(えもの)だ
・・・
共に歩む道など無い!」

ジャンゴ
「でも、サバタ!!」

デュマ
「・・・まあいい
だが、オレを殺したところで女の
魂(たましい)はもどらん
彼女(かのじょ)らの魂(たましい)
は・・・
すでにオマエたちと共にあるのだ
からな」

サバタ
「どういう意味だ!?」

ペロー
「分からないか?
オマエはすでに出会っているはず
ニャ
ヴァンパイアの花嫁(はなよめ)か
ら、人として再生(さいせい)した
彼女らにニャ・・・」

サバタ
「まさか・・・!?」

デュマ
「そう・・・
たとえそれが、罪深(つみぶか)き
魔法科学(まほうかがく)の産物で
あったとしても、
その存在(そんざい)、そのものに
罪(つみ)はない
そして、彼女(かのじょ)らのねむ
れる魂(たましい)をよび覚ますこ
とのできるのは・・・
オマエたち、人間だけなのだ」

サバタ
「・・・」

デュマ
「また会おう・・・
光と闇(やみ)の戦士たちよ
新たなる、戦いの地でな!」

(デュマ、暗黒転移)

ペロー
「再会(さいかい)のその日まで、
わが半身をよろしくニャ!」

(ペロー、暗黒転移)

ジャンゴ
「サバタ・・・」

サバタ
「ああ・・・
分かっている
ふたたびイモータルがあらわれる
というのなら、何度でもたたきつ
ぶすだけだ
だが、オレにはヤツらヴァンパイ
アと共に戦うことなどできん
ヤツが、オレやオマエにとっての
カタキであることには変わりない
からな・・・」

ジャンゴ
「・・・うん
でも、それでもいつかは・・・」

サバタ
「相変わらずだな・・・
オレはオレ、オマエはオマエだ。
おたがいに、自らの心のままに生
きればいい
自らの、太陽と共にな・・・」

ジャンゴ
「そっか・・・
いつも心に太陽を!
自らを信じ、仲間を信じる心
・・・
それが・・・
ボクらの太陽なんだ!!」

サバタ
「フンッ・・・」
by kame、紅蓮


DS目次
←DS第6章