デバイス・ネオ3 民法Ⅱ 債権・親族・相続(早稲田経営出版)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第3編 債権
第1章 債権総則
第1節 債権の目的
[1] 債権の意義
[2] 特定物債権・種類債権・選択債権
[3] 金銭債権・利息債権
第2節 債権の効力-債務不履行責任
[1] 債権の効力
[2] 第三者の債権侵害
[3] 受領遅滞
[4] 現実的履行の強制(強制履行)
[5] 債務不履行
[6] 履行補助者の理論
[7] 積極的債権侵害
[8] 債務不履行による損害賠償
第3節 責任財産の保全
[1] 債権者代位権
[2] 債権者取消権
第4節 多数債権債務の関係
[1] 多数当事者の債権債務関係
[2] 保証
第5節 債権の譲渡
[1] 債権の譲渡性
[2] 債権譲渡の対抗要件
[3] 異議をとどめない承諾
[4] 証券的債権の譲渡
第6節 債務引受
第7節 債権の消滅
[1] 債権の消滅原因
[2] 弁済と弁済の提供
[3] 第三者弁済と弁済による代位
[4] 弁済の受領・充当
[5] 表見受領権者
[6] 代物弁済と更改
[7] 供託・免除・混同
[8] 相殺

第2章 契約
第1節 契約総則
[1] 契約の意義
[2] 契約の成立
[3] 契約の要件・効力
[4] 同時履行の抗弁権
[5] 危険負担
[6] 第三者のためにする契約
[7] 契約の解除-要件論
[8] 契約の解除-効果論
第2節 贈与・売買・交換
[1] 贈与
[2] 売買の意義
[3] 手付
[4] 売買の効力
[5] 売主の担保責任
[6] 買戻権
[7] 交換

第3節 消費貸借・使用貸借・賃貸借
[1] 消費貸借
[2] 使用貸借
[3] 賃貸借の意義
[4] 賃貸人たる地位の移転
[5] 賃貸借の効力
[6] 賃借権の譲渡・賃借物の転貸
[7] 信頼関係理論
[8] 賃貸借の終了
[9] 権利金・敷金など
[10] 借地借家法
第4節 雇用・請負・委任
[1] 雇用
[2] 請負
[3] 委任
第5節 寄託・組合・終身定期金・和解
[1] 寄託
[2] 組合
[3] 終身定期金
[4] 和解

第3章 事務管理
第1節 事務管理

第4章 不当利得
第1節 不当利得
第2節 不法原因給付

第5章 不法行為
第1節 不法行為制度
第2節 一般不法行為の要件
第3節 責任無能力者の監督責任
第4節 使用者責任
第5節 物から生じた損害の責任
第6節 共同不法行為
第7節 正当防衛・緊急避難
第8節 損害賠償の効果

第4編 親族
第1章 親族関係
第1節 親族関係総則
第2節 婚姻
第3節 親子
第4節 親権

第2章 後見・保佐・補助・扶養
第1節 後見
第2節 保佐・補助
第3節 扶養

第5編 相続
第1章 相隣関係
第1節 相続関係総則
第2節 相続人
第3節 相続の効力
第4節 相続の承認・放棄
第5節 財産の分離
第6節 相続人の不存在

第2章 遺言・遺留分
第1節 遺言
第2節 遺留分