※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




calendar
2017-09-21 (Thu)
来訪者カウンター: 
合計: -
今日: -
昨日: -

NEWS&news?こちらに引越


【休止差止請求訴訟】
  仮処分命令申立審尋
  本訴


【市議会議事録】

【水道事業会計決算審査意見書】


PIC_0373.JPG

☆【「地下水」をキーワードとする最新のニュース】Googleアラート


PIC_0349.JPG

行政無謬神話
行政は悪を為してはならない→行政は悪を為さない→行政の行うことは正しい→行政の行っていることだから、正しい これが、「行政無謬神話」である。
今、なぜ、行政に内部統制が必要か~「行政無謬神話」の呪縛を超えて~馬場伸一(総務省「地方公共団体における内部統制のあり方に関する研究会」構成員・福岡市監査事務局課長))

仮想水
仮想水(かそうすい、virtual water)とは、農産物・畜産物の生産に要した水の量を、農産物・畜産物の輸出入に伴って売買されていると捉えたものである(工業製品についても論じられるが、少量である)。ヴァーチャル・ウォーターともいう。
世界的に水不足が深刻な問題となる中で、潜在的な問題をはらんでいるものとして仮想水の移動の不均衡が指摘されるようになってきた。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

080513_07仮想水.gif

754581568_122879658d.jpg

☆テトラクロロエチレン
ドライクリーニング用の洗浄剤や金属洗浄用の溶剤、フロン113の原料等に使用。発がん性については、動物実験では証明されているが、人に対する発がん性は疫学的には十分に立証されているとは言えず、未だ検討を要し、今後とも疫学研究に注目する必要があるとされている。また、遺伝子障害性が無いと考えられているので、発がん性には閾値があるとして取り扱うことが妥当と考えられている。

(EICネット環境用語集)
☆トリクロロエチレン
ドライクリーニング用の洗浄剤や金属洗浄用の溶剤、羊毛の脱脂、香料の抽出剤、塗料の溶媒、殺虫剤等に使用。慢性毒性は、高濃度において肝・腎障害が認められることがある。発がん性については単に量的なものではなく質的な種差(マウスとラット)があることが証明されているため、人における発がんリスクを評価することは困難であるが、今後とも疫学研究に注目する必要があるとされている。遺伝子障害性が無いとされているため、発がん性には閾値があるとして取り扱うことが妥当と考えられている。

(EICネット環境用語集)
☆トリハロメタン
トリハロメタンとは、下水処理場やし尿処理場の排水や水中に含まれているフミン質(有機態窒素化合物)や親水性酸などと消毒剤として用いられている塩素が反応して生じる消毒副生成物。発ガン性が確認されたことによって、水質基準が決められた初めての有害化学物質。クロロホルムなど4種類の総称。4種(クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルム)の濃度の総和を「総トリハロメタン値」という。トリハロメタンのうちクロロホルムおよびブロモジクロロメタンについてはIARC(国際がん研究機関)においてGroup2B(発癌性があるかもしれない物質)として勧告されている。またクロロジフルオロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルムについてはGroup3(発癌性を分類できない物質)に分類されている。(IARC発がん性リスク一覧参照) (フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

エアレーションとは
曝気(ばっき)。消毒のため,水を噴出させたり,泡立たせたりして空気に曝(さら)すこと。上下水道の水処理の予備操作の一種で,浄水場,下水処理場,河川などで行われる。

国際がん研究機関 (IARC:International Agency for Research on Cancer)は、世界保健機関(WHO)の外部組織

水道ビジョン : 平成16 年6 月に厚生労働省が策定。 水道関係者が共通の目標を持ち、互いに役割を分担しながら連携してその実現に取り組むために、国内の水道の現状と将来見通しを分析・評価し、今後の水道に関する重点的な政策課題と、具体的な施策や工程等を「安心」、「安定」、「持続」、「環境」及び「国際」の5つの視点から示したもの。
水道事業ガイドライン : 平成17 年1月に社団法人日本水道協会の規格として制定され、137 項目の業務指標からなる。
地域水道ビジョン : 国の政策により、地域の水道事業者が水道ビジョンの理念に基づき、地域の特性等を踏まえ平成20年度頃までに策定することとされている計画。
※2009/2/10の城南新報によれば、2/9開催の第2回宇治市水道事業懇談会において、「宇治市地域水道ビジョン」報告書案の前半部分が提示されたが、完成は8月にズレ込むと報じられている。
宇治市水道事業懇談会

「誤りを認めない」「身内から処分者を出さない」「嘘をつく」が官僚の行動原理!
●日本の行政訴訟において原告勝訴率は12%(05年度、1審判決)●判検交流制度 裁判官が法務省に出向し、国家賠償訴訟で訴訟検事として国を弁護、やがて裁判所に戻る制度。国の主張に裁判官が理解を示す素地になっているといわれている。《行政訴訟はなぜ9割敗訴か-ブログ「日暮れて途遠し」》

上へ
司法官僚.jpg

動画