基本ルール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本ルール STANDARD RULES

  • 装甲 Armor :ダメージ・ロールから、リストされた耐久力の値を引きます。
  • 回避 Dodge :探索者がラウンド内に回避できるのは、射撃の最初の弾丸のみとなります。もし回避を選択した場合、攻撃は出来ませんが、受けは可能となります。
  • 貫通 Impale :d100の結果が、キャラクターの鋭い武器の技能の1/5以下ならば、貫通が起こります。
    • 貫通した場合、ダメージロールを2度行います。
    • 神話生物のいくつかは、貫通に耐性を持ちます。
    • 手持ち武器で貫通すると目標に刺さったままとなり、探索者は次以降のラウンドで、武器を自由にするために武器の技能ロールを行わなければなりません。武器の除去にダメージはともないません。
  • 受け Parry :受けの成功率は武器の技能に同じです。受けの目標は、ラウンドの開始時に宣言する必要があります。
  • 奇襲 Surprise :奇襲を受けての行動は、行動順決定のDEXランクが1/2となります。完全な奇襲を蒙ったパーティは、最初のラウンドに攻撃を行う余裕を失いますが、正面ないし側面からの攻撃に対して受けや回避を選択することができます。
  • ノックアウト攻撃(昏倒攻撃) Knock-Out Attacks :徒手か鈍器による攻撃を選択し、通常通りにロールしてダメージを決定し、結果と目標の耐久力(HP)で抵抗表のロールを行います。もし攻撃者が成功した場合、目標はダメージの1/3を蒙り、数ラウンドの間ノックアウトされます。もし防御側が成功した場合、通常のダメージを蒙ります。応急手当ないし医学ロールの成功は、直ちに目標を目覚めさせます。
    • 神話生物の多くは、ノックアウトされません。
    • 人間型の生物は、キーパーの判断でノックアウトされうるとしても良いでしょう。
  • 投げ武器 Thrown Weapons :探索者が物品を投げつける場合、ダメージに加えられるダメージ・ボーナスは半分となります。詳しくは投擲(投げ)技能の項を参照してください。
  • 二つの武器 Two Weapons :二つの格闘武器を構えることは可能ですが、通常は、1ラウンドに行えるのは攻撃が1回と受けが1回のみです。


注釈
  • "Parry"は、当翻訳では「受け」の訳語を充てていますが、従来の「受け流し」に同じです。
  • 厳密なルール適用では、銃器以外の武器で"Parry"を行うと、武器の耐久力(HP)が減少します。
  • 奇襲(Surprise)の項目は、基本ルールブック原書と邦訳を参照しながら、原文の不足を補筆しました。