※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

釣り役篇

  • 敵発見、釣り報告については基本的にシャウトで報告する。
  • メインの釣り役が欠席の場合、リーダーより釣り役の指示があることがあります。その場合、釣る敵についてはリーダーの指示に従うこと

前衛篇

  • どの敵と戦闘を行うかは各PTのターゲッターの指示に従うこと。
  • ターゲッター(PTリーダーのことが多い)がキャンプ位置まで連れてくるのでアタッカーは前進せず待機を心がける。
  • キャンプ位置は黒PTが範囲攻撃の中に入らないようになる位置に設定する。(ヒーリング中に攻撃を食らうのを防止の為)
  • メンバー間の負荷を減らす為、また建て直しの時間を短縮する為に蘇生アイテムは出来るだけ使用を心がけてください。   (強制ではありません)

後衛篇

  • 黒PTは通常レベル上げ等のPTと違い、石像を先に倒す必要があるため前衛PTよりも前線(釣り役の少し後ろ)に陣取る。
  • 寝かせ役赤もしくは黒は黒PTと前衛PTの中間で寝かせるようにする。
  • 攻撃中でも寝かせることがあるのでスリップ系魔法は厳禁。
  • 寝かせ役以外の黒が寝かせ役を兼ねる場合、前衛PTに近づきすぎると範囲攻撃に巻き込まれる場合があるので注意する。
  • メンバー間の負荷を減らす為、また建て直しの時間を短縮する為に蘇生アイテムは出来るだけ使用を心がけてください。   (強制ではありません)

囮役篇

  • 『囮役』とは各ボスを釣る際にボス以外の個有名を持った敵が多数出現する為、囮役がすべての敵をマラソンしている状態で釣り役がボスのみを引き抜き作戦のことです。
  • ボスを釣った際にはマラソンをするルートがほぼ決まっています。囮役はマラソンをする場所をよく確認の上、ボスを釣ること

敵篇

  • どのエリアの獣人も2Hアビを使用する。
  • 特に危険なジョブは【召、獣、モ、忍】以下に、対処法を記しておきます。
  • 【召喚士】敵は召喚獣召喚する。アストラルフロウ時に召喚獣が起きていると壊滅的ダメージ。したがって本体は先に沈め、召喚獣は寝かせキープする。本体から離した位置で寝かせ、もしアストラルフロウを使われても被害を最小限に食い止める。なお、召喚獣はアスピル使用時のいい対象になる。
  • 【獣使い】エリアによって異なるペットを呼び出す。ペットが倒されたあとに2Hアビを使うと PCが操られる。ペットも種類によってはいいアスピル対象になる。サンドの目玉はスリプル×、ララバイ○、ディスペガを使用。バスのサソリはブレクガ使用に付き、寝かせた後のサイレスを忘れずに。
  • 【モンク】百烈拳の使用で死者が出る可能性が高いので、使われた瞬間寝かせorスタン補助、2hが終わったら倒す。
  • 【忍者】HPが半分を切ると微塵がくれ使用があるので、TPは温存、追い込みで使用する。
|