※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

脳梗塞治療 アルテプラーゼ投与前チェック項目

基本的事項

   発症時間(最終未発症確認時間.症状に気づいた時刻ではない) :  時  分
   治療開始(予定)時間(発症3時間以内の投与が可能である)  :  時  分
   インフォームド・コンセントで同意を得られた(可能な限り本人および家人)
   治療による効果が合併症の危険率を上回る可能性が高い

適応項目(1項目でも当てはまらない項目がある場合は適応外)

   □ 脳梗塞である(病型は問わない.NIHSS 5~15点が良い適応である)
   □ 発症3時間以内に治療開始が可能である
   □ 症状の急速な改善がない(一過性脳虚血性発作になる可能性が低い)
   □ 軽症(失調のみ,感覚障害のみ,構音障害のみ,軽度の麻痺のみ)でない.
  (□ Alberta Stroke Program Early CT Score (ASPECTS)で8点以上)

    *( )の内容は必須ではない
    * ASPECTS: Barber PA, Demchuk AM, Zhang J, et al. Lancet 355: 1670-1674, 2000

禁忌項目(1項目でも当てはまる項目がある場合は適応外)

 ・画像検査
   □ 頭部CT写真で早期虚血性変化(MCAの1/3以上を占める)がある
     (脳卒中専門医・神経内科専門医・脳外科専門医・指導医2名以上で確認)
       脳溝の左右差,基底核の不明瞭化,圧迫所見,浮腫,Hyper Dense MCA sign,
       皮髄境界の不明瞭化,大脳動脈支配領域の33%以上の低吸収域など
   □ 頭部CT(MRI)写真で出血性梗塞・くも膜下出血である
   □ 頭蓋内腫瘍・脳動脈瘤・脳静脈奇形・もやもや病がある
   □ 動脈解離が強く疑われる
     *( )の内容は必須ではない.
 ・既往歴
   □ 頭蓋内出血(T2WIのmicrobleedsは含まない)
   □ 3ヶ月以内の脳梗塞(一過性脳虚血発作は含まない)
   □ 3ヶ月以内の心筋梗塞
   □ 3ヶ月以内の重篤な頭部脊髄の外傷あるいは手術
   □ 21日以内の消化管あるいは尿路出血
   □ 14日以内の大手術あるいは頭部以外の重篤な外傷
   □ 脳動脈瘤・脳静脈奇形・もやもや病
   □ 治療薬の過敏症
 ・臨床所見
   □ 痙攣
   □ くも膜下出血が疑われる
   □ 出血の合併(頭蓋内出血,消化管出血,尿路出血,後腹膜出血,喀血)
   □ 収縮期血圧(適切な降圧療法を行っても)185mmHg以上である
   □ 拡張期血圧(適切な降圧療法を行っても)110mmHg以上である
 ・血液検査
   □ 血糖値異常(50mg/dl未満または401mg/dl以上)
   □ 血小板10万/mm3以下
   □ ワーファリン内服中で,PT-INRが1.8以上
   □ ヘパリン投与中でAPTTが延長(前値の1.5倍以上または正常範囲を超える)
   □ 重篤な肝障害
   □ 急性膵炎

慎重投与

  1項目でもある場合は脳卒中専門医・神経内科専門医・脳外科専門医・指導医で慎重に検討
 ・臨床所見
   □ 年齢75歳以上
   □ NIHSSスコア23点以上
   □ JCS 100以上
   □ 消化管潰瘍・憩室炎・大腸炎
   □ 活動性結核
   □ 糖尿病性出血性網膜症・出血性眼症
   □ 月経期間中
   □ 重篤な腎障害
   □ コントロール不良の糖尿病
   □ 感染性心内膜炎
   □ 妊婦・産婦・授乳婦
   □ 投与前にNIHSSが4点以上改善
  (□ 頸部血管エコー検査で総頸動脈・内頸動脈の閉塞がある.)
 ・既往歴
   □ 10日以内の臓器生検・血管穿刺(動注療法・動脈穿刺)外傷
   □ 10日以内の分娩・流産
   □ 3ヶ月以上経過した脳梗塞
   □ 蛋白製剤アレルギー
   □ 抗血小板剤内服中
   □ 無症候性脳微小動脈瘤





   *hyper dence MCA signは禁忌項目の必須ではありません







添付ファイル