※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Correspondence


    結核菌はintracellular parasiteでマクロファージが主に食べて処理しそうですが、
    好中球も結構貪食するものなのでしょうか。
    結核性髄膜炎や結核性胸膜炎などでも初期には好中球優位の反応がみられることが
    あるので、好中球も結核菌の処理に何らかの役割は果たしていそうですが。
    インターネットで調べますと、最近、結核感染における好中球の果たす役割が注目
    されているようです。いずれにしましても、あのスメアは非常に貴重なものだと
    感心しました(日本初?)。
    ご参考までに、pub medで調べたいくつかの文献のabstractをいかにまとめます。
結核菌感染におけ好中球の役割
    ◯Neutrophil-macrophage cooperation in the host defence againstmycobacterial
     infections.Microb Pathol 1989;6:369-380.
      mycobacteriumに対し、顆粒球はphagocyteとしてではなく、マクロファージに
      欠けている抗菌物質(例:lactoferrin、myeloperoxidase)の供給源として参加
      しているのではないか。
    ◯Rapid neutrophil response controls fast-replicating intracellular bacteria
     but not slow-replicating M. tuberculosis. J. Infect Dis 2000;181:671-680.
      増殖の遅いM. tuberculosisのような細菌の感染のコントロールには好中球はなくて
      も良いのではないか。
    ◯Mycobacteremia in AIDS: Rapid diagnosis based on inclusions in the
     peripheral blood smear. Am J Clin Pathol 1991;95:369-375.
      16例のHIV関連MAC感染症において、骨髄穿刺液のスメアでマクロファージ内に
      染まらない線状の封入体がみつかった。4例では末梢血中のmonocyteおよび
      好中球内にも同様の封入体が見つかった。中毒顆粒、Dohle小体、空胞変性などの
      中毒性変化のみられる好中球内に認められやすかった。末梢血スメアは
      mycobacterium感染の迅速な診断法として有用と思われる。
    ◯Neutrophils play a protective non-phagocytic role in systemic mycobactrium
     tuberculosis infection in mice. Infect Immun 2000;68:577-583.
      動物実験のデータ:好中球はM. tuberculosisの感染のコントロールにprotective role
      あり。
      ー特に感染初期において
      ーしかし、貪食能によるものではなく、immunomodulatory natureによるものか
       もしれない。
    ◯Demonstration of acid-fast bacilli in buffy coat and bone marrow smear
      A diagnostic tool in pulmonary tuberculosis. J Indian Med Assoc 1996;94:379-390.
      末梢血および骨髄穿刺液から作ったbuffy coatのスメアをZiel-Nielsen染色することに
      より、抗酸菌が検出できる場合があり、痰のガフキーが陰性の場合の診断に使える。


                        11/20/2000 沖縄県立八重山病院 池原 修

   解答へ                                 
   症例へ