※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初発の痙攣発作にて受診した64歳男性   2001/01/19 コロッケ会検討症例


症例)64才、男性
主訴)けいれん
既往歴)54歳白内障、
生活歴)喫煙歴なし、飲酒歴なし
家族歴)両親が脳血管障害、兄が甲状腺疾患?

現病歴)生来健康。時々寝ている時に、ふくらはぎがつることがあったが、それ 以外は特記なし。
    今月(1月)、家族のいる前で食事中に、全身性の強直間代性の痙攣発作が出現した。
    すぐに救急車で近医に搬送されたが、痙攣はすぐに消失した。その後なんとなくぼんやり
    した日が続いた。5日後にも同様の発作が起こり近医受診。原因精査のため地域の総合病院
    を受診し、CTにて異常所見を認め、当院紹介受診となった。外傷歴なし。

Physical examination)
   Height 148 cm, BW 54 kgVital sign;BP115/78, P78, RR16, T 36.2
   HEENT:w.n.l Lung:w.n.l Heart:w.n.l
   Abdomen:w.n.l Ext:w.n.l
   (Neurological findings)
   Consciousness:alert,cranial nerves:intact,muscle tonus;rigidity(+)?
   muscle strength;5/5, sensory system:intact
   DTR;w.n.l.pathological reflex(-)
   dysarthria(+);slightly sluggish,F-N test;poor

Laboratory data)
   WBC 5400/ul,RBC 343万,Hb11.1,Ht 32.4%,Plt 31.5万,AST 31 IU/l,
   ALT 18 IU/l,LDH 815 IU/l, ALP 360 IU/l, BUN 18.5 mg/dl, Cre 0.8mg/dl,
   Na 146 mEq/l, K 4.2 mEq/l, Cl 110 mEq/l,Ca 5.2 mEq/l, P 7.1 mEq/

ChestXray)w.n.l
EKG) w.n.l
Brain CT)