※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Intra-orbtal metastatic tumor of prostatic cancer(前立腺癌の眼窩内転移)


頭部MRI(Thin Slice)   視神経を圧迫する腫瘤


99mTc 骨シンチ     全身の集積が認められ、また左眼窩部にも集積がみられる 


腹部超音波       前立腺の辺縁不整な充実性腫瘤が認められる  



labo data上,ALP,LDHの上昇を認めていたため,malignancyの存在を考えた.
詳しく問診していくと尿線が最近,特に細くなったとのことを聞き,rectal exam施行.
stony hardなnoduleを触知したため,urology consut.Biopsyにてprostate CA.の診断.PSAは4438であった.

後のthin slice MRIにて左眼窩骨にmass lesion(+),bone scanとも一致していた。
最初のMRIとCTは眼窩部をターゲットにせずに、普通のスライス厚にて撮影したために病変が見落とされて
おり、このような症例でのThin sliceにての撮影の重要性を認識させられた。

前立腺癌の眼窩への転移は20例の報告があり,本症例も前立腺癌の眼窩転移と考えられた.

直腸診の重要性は改めて論じるまでもない。
                             阿久根市民病院 内科  市来 征仁  


名前:
コメント: