※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

診断 Thalamic dementia


翌日に撮影したdiffusion MRI (左側)にて、左視床にHigh intensity spotを認めた。右側のFLAIR像においても同一部位にspotを認めた。
優位半球または両側の視床の梗塞により、記銘力障害・情動障害などが出現することが知られており、Thalamic dementiaと呼ばれている。

                                     2001.08.02 林・西垂水




名前:
コメント:
添付ファイル