※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フォントサイズ

A5原寸で10~8pt。9ptが多い。
8ptは小さすぎるという意見もちらほら(8ptでもでかいという人もいます)。
B5→A5の縮小の時に、原稿(B5)に10.5ptを使うのが好きという人も。


フォント

明朝体を使う人が多いですが、ジャンルと文体によります。お好みでどうぞ。

フォントはVectorやメーカーサイトに行けば買える。DL販売もあり。
Amazonでパッケージ版を買うことも可能。
見本は「和文フォント大図鑑」様も参考になる。
全体はいいけどある記号だけ気に食わないという時は、その記号だけ別フォントに変更。ワードの置換機能で楽にできる。



ジャンルによるフォント

ジャンルによってフォントを変えている人の意見。以下はスレで出た一例。
ちなみに、本文にゴシックは好きになれないという意見もあり。

ラブコメ:小塚明朝(他の明朝よりポップな印象がある)・モトヤアポロ
歴史系:MS明朝(線の細さとひらべったさがいい)
現代ものシリアス:ヒラギノ明朝W3(字面がビシッとする)
シリアスと801:イワタ明朝オールド
ラブコメっぽい軽いノリ:新細丸ゴシック
軽い話:ヒラギノ角ゴシックW2

OpenTypeとTrueType

  • TrueTypeの方が安いし十分。
  • OpenTypeはワードなどで行間がおかしくなるらしい。対応ソフトに制限アリ。

以下、フォントスレでどっちを買うべきか質問した人への回答。フォントスレの人ありがとうございます。

使用するソフトにもよるけど、DAW専用のソフトじゃない限りOpenTypeはお勧めしない。
Wordも一太郎もOpenTypeには公式見解上、非対応。
一太郎はそこそこ使えるけど、行間が異様に開いたりするし、Wordはもっと酷いらしい。
OpenTypeは収録文字数が多いから、旧字体を沢山使いたいときとかはいいけど、
そんなことを気にしないというなら、TrueTypeがお勧め。
何より安いしw

本格的にOpenTypeを使おうとすると、色々とソフトを揃えなきゃならないから、
そう言ったソフトを今持っていないならTrueTypeを買うべきだと思うよ。

そして、そのフォントの美しさに悶えてOpenTypeも欲しいと思ったら、
更に購入すればいいさ。