※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンケート・投票

スレの皆さんの協力によるアンケートです。
現在休止中。



今後やってみたい投票

こんなの聞いてみたいというお題を募集しています。とりあえず思いついたものを列挙。
行う順番は適当なので、これ先やって、ってのがあったらご連絡を。

ページの余白(サイズ別?)・イベントでのポップ・本のページ数・値段・愛用しているエディタ


過去の結果

第七回「好きなタイトル・ノンブル・装飾のフォント」

(2007/4/2~2007/6/6)
  • 一位(7票) 金文体(ダイナコム)
    • なんとなく好きでつい使ってしまいます。
    • シリアス~ほのぼのくらい。使い勝手がいいので好き
  • 二位(4票) 麗雅宋(ダイナコム)
    • 使い勝手がすごくいい。いつもこれを使ってしまう・・・
    • 太い
    • 耽美系・シリアス・ラブコメっぽいもの、どれにもいけると思います。
  • 三位(3票) モトヤアポロ / Garamond(Monotype社)/ XANO明朝 / クラフト墨
    • 短編集のノンブルと柱に。レトロなかんじでよいです(アポロ)
    • 書くのは西洋もののシリアス~ゆったり緩やかな話。文庫や新書本のノンブルはこれの7ptが好き。他に、イタリックにしてサブタイトルに使ったり。(Garamond)
    • レトロでいい感じ。本文にはちょっと読みづらいからタイトルに使ってます。(XANO明朝)
    • あの、ちょっとぽったりした文字が好き。(クラフト墨)
    • ★の形が可愛いので、ほのぼのの飾りに使う(クラフト墨)
  • 七位(2票) Impact / MS明朝 / AK-koroBokkur(フリー)/ DF隷書体 / キャパニトM-教漢(タイプラボ)
    • 主にタイトルに使用。加工しやすいのが一番の理由。カッコイイしね(Impact)
    • タイトル、本文、ノンブル統一しています。見慣れているせいか書いていて落ち着くので。(MS明朝)
    • 可愛いのでほのぼのに使った(koroBokkur)
    • 可愛くて、でも読み易いから好き(キャパニト)
    • かわいいけど、かわいすぎないところがいい。ほのぼの、しっとり辺りで使ってます。(キャパニト)

他:富士ポップ / Franklin Gothic Medium / CLOVER(フリーフォント) / Trebuchet MS


第六回「表紙はどうしてますか?」

(2007/3/18~2007/4/1)
  • 一位(26票) 写真加工
  • 二位(22票) イラスト(自作)
  • 三位(16票) イラスト(他の方にお願い)
  • 四位(13票) 文字のみ
  • 五位(7票) デザイン(ロゴ・パターン・トーンなど)


第五回「表紙作成に使うソフトは?」

(2007/2/17~2007/3/3)
  • 一位(40票) フォトショップ
  • 二位(10票) イラストレーター
  • 三位(9票) フォトショップ(LE・EL)
  • 四位(8票) WORD


第四回「入稿はアナログ?データ?」

(2007/2/17~2007/3/3)
  • 一位(62票) 全データ
  • 二位(20票) 表紙のみデータ
  • 三位(16票) 全アナログ
  • 四位(3票) 本文のみデータ


第三回「好きなフォント×フォントサイズ」

(2007/2/2~2007/2/16)
  • 一位(16票) MS明朝×9pt
  • 二位(10票) ヒラギノW2×9pt
  • 三位(6票) ヒラギノW3×9pt  
  • 四位(5票) イワタ明朝オールド×9pt
    • 読み慣れた感じ、っていうのがいい
  • 五位(3票) 和桜明朝×9pt / 小塚明朝R×9pt / リュウミンL×9pt
    • (和桜) ちょっと太めのフォントが好きです。

他:
リュウミンR×8.5pt / 小塚明朝R×8pt(ルビを振ることが多いので、フォントを小さめにして行間を広めに(14pt)とってます。)
/ 香梅教科書体×9pt / 小塚明朝R×8.5pt / モトヤ明朝×9pt / モトヤアポロ×9pt


第二回「A5本の文字組」

(2007/1/11~2007/2/1)
  • 一位(14票) 2段×25字×24行
  • 二位(11票) 2段×27字×22行
    • 某赤い本の段組例として上がってたのを使ってます。
  • 三位(9票) 2段×25字×22行
  • 四位(5票) 2段×25字×20行
  • 五位(4票) 2段×27字×24行 / 2段×28字×23行  


第一回「発行している本のサイズは?」

(2006/12/26~2007/1/10)
  • 一位 A5(96票)
    • コピ本しか作ってなくて、A5が一番製本楽。
    • マンガと半々でやってるのでここが一番いいかな・・・という感じです。
    • 一番扱いやすいし手にとっても貰いやすい
    • そのうち文庫もやってみたいが費用の関係上A5でやってる
    • 各印刷所で一番充実してる。新書文庫にしたくても高くて出来ないのが主な理由。
  • 二位 文庫(8票)
    • A5で出しても電車や職場で読む人がいるので、もう諦めて外で読める装丁を心がけてる。
    • 今まで出した本の中で文庫が一番評判良かった
    • 市販の本っぽくて萌える。早割り使うとそんなに高くないけど、公共の場所で読まれる可能性が高くなるのがちょっとね。
  • 三位 新書(6票)
    • 表紙をカラーにしてペーパーバック風にするのが好き。
    • 文字書きとしては一度やってみたい装丁だった。フルカラーカバー付の新書
    • 二段組みが好きなので。文庫より頁数が少なくて済むので良いが、印刷所のサイズがまちまちなのは残念。
  • 四位 B6 / 豆本(1票)
    • (豆本)お客さんの驚く顔見たさにマッチ本とか作る。後で普通サイズの本にも再録するけど。