※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

反省会メモ♪

  • 2005/09/13(火)局地戦のメモ
 #本日指揮無し

 ◎毎日の反省会は大変である上に、だれてしまうので毎週土曜日の局地後に
  開くことになりました。

 ○中継地点の確保ができていなかった為、赤方面の攻防がぐだぐだになった。
  気づいた人が、中継地点の提示を。

 ○赤または青攻めの時、道上レスPはバレバレです。(例:赤攻めのときは、縦に伸びる)
  レスPの設置地点を考えていく必要がある。

  レスPの設置はプリだけの問題ではなく、利用する他クラスも考えていく必要がある。
  (利用する側に浸透しなければ意味がないため。)
  ここでも、声かけが重要となる。

  また、指揮官が意識して座標提示する方法もある。

 ○本陣守備と攻撃のバランスがとれていなかった。
  以前は敵も同じラインでの応戦メインであったが、最近は複数の石が襲撃される。

  防衛に半分・攻めに半分と分けると、両方崩れるため偵察をとにかく重視し
  敵の終結を察知することが必要。

  複数攻撃される場合、敵にもメインとなる攻撃場所があるはずなので
  それを察知し、そこの応戦をメインとし敵の主力を倒すべき。

 ○攻められそうな時は、たとえヘゲ確保中でも戻って守ろうとする意識を。

 ○幽霊のレスP報告が多くなり、よい傾向になりつつある。
  次のステップとして、レスPが潰れた、または移動した時の報告もしてほしい。

  報告されたポイントにいっても、プリがいないことが多く
  幽霊のレスが遅れがち、これは全体に悪影響がでます。

 ○近くにレスPがあった場合、応援にいける環境であればプリは応援に。

 ○レスPにて蘇生後、レスPの護衛をしてほしい。
  蘇生をうけた人は、補助をうけるのも兼ねて護衛をお願いします。

  特にクラスの指定はありませんが、各クラス得意とする部分を活かして護衛を。

 ○劣勢時などに、ある程度味方が集まってる場所を報告してほしい。
  背走している人は集まりやすく、同時に安定したレスPにもなる。

 ○深追いする人がまだおおい。
  サンクが切れても追撃する人が多い。
  赤は比較的サンクがきれると、引くよう徹底されていると思われる。

  状況次第ではあるが、サンクが切れる前に戻るくらいの気持で。