※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦場で徹底したいこと

  • プリは自分のサンクを(他人の補助や蘇生よりも)まず優先してかける&切らさない。
 よく自分のことを置いといて、補助や蘇生に夢中になっているプリがいますが
 基本的に 「自分を守れない人に他人は守れない」 と思っておいて間違いないです。

 最悪、周りが全員死んでしまったとしても、プリさえ生き延びていれば
 立て直すことも可能だけど・・・ 逆の場合は悲惨。

 総攻撃を受けている時以外の本陣などは比較的穏やかなので
 油断&指示を無視して無防備な状態で前に居続ける人が多いように思いますが
 ハイドやインビジで奇襲攻撃をしかけて来る単体の敵もいることを忘れないようにしましょう。

 又、デバイン回復など、サンクを切らせてでも自分にかけたい魔法がある場合は
 必ず一旦、後方の安全な場所へ下がって魔法をかけ、サンクをかけてから元の位置に戻ること。

  • サンクはエモを出している人にかける&希望しない人にはむやみにかけない。  New!
 サンクは魔法やスキルの使用を封じてしまうため、かけられると困る人もいます。

 ウィズは勿論のこと、かなりレベルが高く即死しないだけの HP を持っている人など
 サンクに頼らなくても AD で、スキルを自由に使いたいと考える人もいますので

 他の魔法を拒絶してしまうサンクだけは、基本的に
  エモーションで要求されない限り無断でかけないようにしましょう。

 手が空いているのであれば、サンクはエモを見た時だけにして
 後は片っ端から PP or GP をかけながら、相手がサンクを希望してくるかどうか様子見を。

 但し、本陣の入り口付近や石周りで長時間、固まって待機している人(ウィズ以外)は
 範囲魔法でまとめて瞬殺されるケースも少なくないので、
 相手がエモを出して来なくても、強制的にサンクをかけて奇襲攻撃に備えてください。

 又、混戦時など例外的にサンクをかけまくった方が良いと判断される場合が他にもあるので
 上記の基本を守りながら、状況に合わせて柔軟に動けるようになれると理想的です。

 #例外的な場面については、このサイトの色んなページに目を通したり
 #何度も戦争に参加して経験を積むことで、判断材料を増やして行ってくださいね。

 #よく分からない内は、とりあえず基本を守ってさえいれば
 #後は他の経験豊富なプリが状況に合わせて動いたり、白チャで指示をくれると思います。

 ※余談ですが、PP をかける際に相手の称号を見て、黒や白称号だった場合
 ※次に AD を希望してくる場合が多いので、PP に続けて AD をかけてあげておくと
 ※お互いに楽かもしれません。(希望されれば、後にサンクもかけられますしね。)


  • 幽霊がいっぱい居ても、まずは生き返った人の補助を優先して新たな攻撃に備える。
 敵が側にいる時など、蘇生してもすぐ倒される可能性が高い場合は特に
 幽霊より、まだ生きている人の保護(主にサンク)に努めて、まずは幽霊を増やさない努力を。

 目の前に幽霊がたくさんいても、サンク希望エモを出している生存者がいる内は
 サンクを優先して、今在る戦力を絶やさないようにしましょう。

 又、蘇生されたばかりの人は CPも無く、スキルが使えない場合も多いので
 プリのように自分でサンクをかけられる人や、HPの高い人でない限り、混戦時には
 蘇生しっぱなしではなく、蘇生&サンクをセットにしてあげなければ殆ど意味がありません。

 基本は 「蘇生>蘇生>蘇生」 ではなく 「蘇生>サンク>蘇生>サンク」 で。

 現時点で、敵が目の前にいるのに蘇生ばかりし続けるプリが何人もいますが
 そういうプリの側には、サンク希望のエモを出しながら死んで行く人がたくさんいます。
 #エモを出す暇もなく死んで行く人も。。

 死なせても蘇生さえすれば良いと思っているのかもしれませんが
 戦争では死なせた味方が多ければ多いほど敵国にWPを与えているということを忘れずに
 生き返らせることではなく、死なせないことがプリの仕事だと自覚しましょう。

 生きている人を死なせないようにして、まずは目の前の敵を倒してもらわなければ
 いくら蘇生しまくっても、自国の状況は不利になるばかりです。

 もし、蘇生しかしないプリを見かけたら(混戦時にその場で指摘するのは難しいと思うので)
 とりあえず自分は蘇生をせず、サンクに徹して状況を悪化させないよう努めることも大切です。

 又、見る余裕のある人は、多少のタメージでは即死しないような高レベル戦士など
 即戦力になりそうな人を、クリック出来る範囲内で優先して蘇生するようにすると
 誰にも倒されずに辿り付いた敵に、サンク前の人を倒される危険が減らせます。

  • 前で蘇生をしない。レスプリは後ろへ(蘇生も後ろで)&幽霊を後方へ誘導
 蘇生に追われると、タイミング的に自分のサンクを切らせてしまう率が上がるので
 なるべく安全な場所へ下がるよう努めましょう。

 又、レスプリがいる場所では幽霊が立ち止まり易く、前方で蘇生を繰り返すと
 後方で安全に蘇生しているプリの所まで人が来なくなってしまう上に
 前方で蘇生された人が、同じ場所でサンクを要求してくるため
 補助に徹しているプリまでもが、いつのまにか前に集まってしまうという悪循環が生まれます。

 蘇生されたばかりでサンクを貰ってない人が、集団でサンク待ちしていれば
 敵に魔法で狙ってください♪と言っているようなものなので
 攻撃を受ける可能性の高い場所での蘇生は、極力避けたいところです。

 #本陣では、石より左側が前方で、右側が後方だと思っていてください。

  • 忙しくてサンクを切らせてしまっているプリには無条件でサンクを。
 サンクが切れているプリを見つけた時、相手が何も魔法をキャスティングしていなかったり
 他人に蘇生や保護魔法をかけている最中だった場合は、とりあえずサンクをかけてあげましょう。

 中には他人のサンクを嫌って文句を言うプリもいるようですが、他人に心配されるような
 隙を見せている内は、文句を言う資格はないと思っていてもらいたいものです。

 そもそも、自分のサンクの時間を把握しているような優秀なプリなら、サンクが切れる前に
 次のをキャステングしているなど、見ていて安心できるので、そんな心配はされません。

 もしプリにサンクをかけて文句を言われたら、次から嫌がる人にかける必要はありませんが
 だからと言って、自分が悪いことをしたと思う必要もないと思います。

 タイミングが合わなかったり、止むを得ず切らしてしまう場合もありますし
 助かった~!と思うプリもいるので、やっぱり基本は「助け合い」で。

 又、現在はバグなのか、サンクが切れていても、エフェクトが消えない場合もあるので
 エフェクトだけを見て判断している人は気をつけましょう。

  • 手の空いている人は、PP&SFD(AD)をかけまくる。  New!
 蘇生を覚えていない人や、魔法TACが 41を越えていなくて
 サンクに気が引けてしまう人などは、率先して PP や AD に徹しましょう。

 この二つは、かけられて困る人がいないので、範囲でガンガンかけると喜ばれます。
 # AD に関しては、人がさほど多くなければ範囲じゃない方が良いかも。(時間が長いので)

 黙って AD や PP に徹してくれているプリがいると分かれば
 他のマスキング装備(長時間サンク可)なプリは、安心してサンクに徹することが出来ます。

 戦争中にはプリ同士での打ち合わせなんて出来ないと思いますし
 暗黙的に役割分担ができれば、全体が楽になれますね。

 #もっと言うと、プリの人数が多くサンク要員が足りていると判断できる場合には
 #仮に完全なサンク使いだったとしても、誰かが自主的に PP or GP に専念する側に回ることで
 #サンクに専念できる他プリを増やせるので、この辺も状況判断で上手くできると楽になります。

 但し、いくら狩りで慣れているやり方だからと言っても、自分のサンクを犠牲にしてまで
 自分に範囲魔法をかけながら人ごみの中を走りまわるのは、オススメできません。

 自分以外をターゲットにして範囲魔法をかけることに慣れるためにも
 将来うっかり、敵国に WPを献上してしまう高レベルプリになってしまわないためにも
 レベルの低い内からサンクを切らさない癖をつけることも大切です。

 ※ PP → パワーオブプレイの略(攻撃力UPの魔法)
 ※ SFD or AD → 旧セーブフロムデンジャー・新アンチデンジャーの略(防御40%UPの魔法)

  • 更に余裕のある人は、局チャをチェックして敵が近付いて来たら白チャで皆に知らせる。
 蘇生や自分のサンクのチェック&サンク希望者のエモを見逃すまいと必死なプリには
 正直、局地戦チャットを見つづける余裕がありません。

 プリ以外の人で注意を呼びかけてくれる人もいるので、普段はそれを頼っていますが
 本陣では全く居ないときもあるので、状況を見て余裕のある人がいたら、お願いします。

  • 自陣内でインビジ&ハイドをみかけたら
  • とりあえずサンク(若しくはキャスティング中の魔法)をかけて敵味方を明かす。  New!
 敵だった場合は、新たな魔法攻撃を封じこめられるし、敵と分かった時点で
 まずサンクをかけておけば、敵が自陣内に来ていることを周りに伝えやすいです。
 たまたま敵のハイドを見つけた人が不完全サンク使いだったら尚良し。

 又、基本的に自陣内でのハイド&インビジをやめるよう呼びかけているので
 味方のハイド&インビジはだいぶ減ってきたように思いますが
 たまに 「折角、隠れてたのに!ヽ(`Д´)ノ」 と怒る人もまだいるようなので
 試しにサンクをかけてみて、相手が味方だった場合は、とりあえず叱ってあげましょう。

 #この部分に関しては 「絶対にサンクでなければならない」と言うわけではないです。
 #わざわざサンクを・・・ではなく、見つけた時点でキャスティングしていた補助魔法を・・・でも OK。

 #要するに重要なのは、敵味方を素早く明かし不用意に攻撃を受けてしまわないようにすることと
 #相手から攻撃させる余裕を奪い、人の多い自陣から退かせることによって
 #たとえ相手を倒せなかったとしても、被害を最小限に食い止めるように努めることです。

 ※相手が味方ウィズだった場合もあるのでサンクはダメだと言う意見もあるようですが
 ※インビジ状態で不用意に自陣に入ってしまう時点で、そもそも周りに迷惑をかけているので
 ※魔法を封じられても文句は言えないと、個人的には思います。

 自陣以外でのハイド&インビジに関しては、誰かに飛び道具で攻撃してもらうのが
 一番てっとり早い気がするので(味方なら攻撃できないので)、
 プリが無理に相手に近付いてまで魔法をかける必要はなさそうです。

 周りの人が気付いていないようなら、白チャで 「ハイド」 とだけ言ってみるとかして
 とりあえず、プリは警戒態勢に入るだけで良いんじゃないかな?

  • 敵国の偵察幽霊が来たら白チャでの報告&発言に注意。
 幽霊を見るスキルが切れたままになっている人もいるので、見えている人が報告し
 偵察が来ているのに国内の情報を白チャで発言してしまわないように気をつける。

 又、敵幽霊が話し掛けて来たのを相手にしていると気が散るので、可愛そうでも無視すること。

 たまたま近くで死んで立ち寄っただけの人もいるけど、奇襲攻撃をしかける前に
 現場を油断させる目的で話し掛けてくる幽霊もいるので注意。

 それと、意見が分かれるところのようですが、私はレスキルには反対です。
 レスキルした人自身もそうだし、それを見て、やめるように発言する人もそうだけど
 その時点で意識がそっちへ向いて油断が生じるので、結局プラスにはならない気がします。

 ※レスキル → わざわざ殺すために蘇生すること、蘇生しておいて殺すこと